プレスリリース

ニルヴァーナ最後の公演でカート・コバーンが使用した伝説的な「スカイスタングI」ギターが日本人実業家により158万7,500ドル(約2億4千万円)で落札!

2023年12月04日(月)12時15分
ジュリアンズオークション(所在地:米国カリフォルニア州、代表:ダレン・ジュリアン)は、2023年11月17日からテネシー州のナッシュビルで3日間にわたり開催した音楽オークション イベント「PLAYED, WORN, & TORN: ROCK 'N' ROLL ICONIC GUITARS AND MEMORABILIA」で、ニルヴァーナ最後の公演でカート・コバーンが使用した伝説的な「スカイスタングI」ギターが落札されたことをお知らせいたします。また同イベントにて、カート・コバー
今回日本人実業家により落札された「スカイスタングI」ギターは、1993年から1994年に行われたニルヴァーナ「イン・ユーテロ・ツアー」中、最後のパフォーマンスでも使用され、最も多くのステージでカート・コバーンが演奏したものです。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/377946/LL_img_377946_1.jpg
カートコバーン「スカイスタングI」ギター (C)ジュリアンズオークション

今回、カートの弟チャド・コバーンが以前所有していたこの伝説のギターが、日本の実業家によって158万7,500ドル(約2億4千万円)で落札されました。

オークションでのカート・コバーンのその他の注目商品は、ミュージックビデオ「Heart-Shaped Box」やMTV賞イベントの際に着用されたリーバイスのジーンズ。こちらは予想落札価格の40倍となる41万2,750ドル(約6,200万円)で落札され、リーバイスジーンズのオークション世界新記録を生み出しました。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/377946/LL_img_377946_2.jpg
カート・コバーン着用のリーバイスジーンズ(フロント) (C)ジュリアンズオークション
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/377946/LL_img_377946_3.jpg
カート・コバーン着用のリーバイスジーンズ(バック) (C)ジュリアンズオークション

またカート・コバーンが所有し着用していたアーガイル・カーディガンは13,000ドル(約190万円)、カート・コバーンの「アメリカン・スピリット」たばこ箱は5,200ドル(約78万円)、カート・コバーンの手描きのスケッチと手書きの「スメルズ・ライク・ティーン・スピリット」の歌詞ノートは91,000ドル(約1,400万円)でそれぞれ落札されました。

ジュリアンズオークションは2023年11月17日からテネシー州のナッシュビルで3日間にわたり、音楽オークション イベント「PLAYED, WORN, & TORN: ROCK 'N' ROLL ICONIC GUITARS AND MEMORABILIA」を開催。20年目を迎えたこのイベントは、今回で2度目の100万ドル越え(約1億5千万円)のギターのオークションになりました。
エリック・クラプトンの象徴的な「フール」ギターが127万ドル(約2億円)で落札されたのに続き、カート・コバーンの伝説的ギター「スカイスタングI」も、日本人実業家の電話入札によって158万7,500ドル(約2億4千万円)で落札されました。日本人の落札者は、「スカイスタングI」を含むその他の有名な楽器を展示したミュージアムスタイルのカフェをオープンし、一般の人々にそれらを公開し、アクセス可能にすることを望んでいるとのことです。そして、「ロックを本当の意味で次世代に伝えていきたい。このギターで音楽を目指す若者たちを応援していきたいと思います。」と語ってくれました。

「スカイスタングI」ギターのオークション収益の一部は、NFLチーム・インディアナポリス・コルツとそのオーナーであるアーセイ・ファミリーのメンタルヘルス啓発活動「Kicking The Stigma」に寄付されます。


ジュリアンズオークションの社長兼最高経営責任者であるダレン・ジュリアンは、以下のように述べています:
「ジュリアンオークションの20年間のビジネスを通じて、ロックの最も歴史的かつ重要な品々を継承することは私たちの誇りであり、特にロック界で最も影響力のあるミュージシャンの一人でありアイコンであるカート・コバーンの遺産の保存を託されたことは大変名誉なことでもあります。イン・ユーテロ・ツアーでのニルヴァーナの最後のパフォーマンスや、その他数え切れないほどの伝説的なニルヴァーナのパフォーマンスで使用された彼の最愛の「スカイスタングI」フェンダー・ギターが売却されたことは、私たちにとって重要なマイルストーンであり、オークションがニルヴァーナの1993年から1994年のイン・ユーテロ・ツアーから数えて、今年でちょうど30年を迎えるということを思うと、特に感動的です。」

このブルー色の左利き用フェンダー・ムスタング・エレキギターは、ロックアイコンたちによってステージで演奏されたすべての楽器の中で、最も忘れがたいものとして認識されています。オリジナルのギター・ストラップと弦が付属しており、2007年からシアトルのポップカルチャー博物館MoPOP(当時はエクスペリエンス・ミュージック・プロジェクトとして知られていた)に貸し出され、2009年に展示されました。ニルヴァーナの1993年から1994年のツアーについて、元ニルヴァーナのギター・テクニシャン、アーニー・ベイリーは、このエレクトリック・ブルー・ムスタングをニルヴァーナの「フロントマンが持つべき逸品」と呼んでいました。
1993年10月18日のアリゾナ・ステート・フェア退役軍人記念コロシアムでのイン・ユーテロのステージデビューから、1994年3月1日のミュンヘンのターミナル1でのバンドの最終公演まで、この名高いギターは、63回開催されたイン・ユーテロ・ツアーのうち53回で使用され、バンドが解散する直前までよく使用されました。

月刊音楽雑誌「ギターワールド」との最後のインタビューで、コバーンはフェンダームスタングを自分の「お気に入り」ギターモデルと呼び、1993年のイン・ユーテロ・ツアーに備えてフェンダー社に左利き用のムスタング10台を注文しました。スカイスタングIは、「オレンジスタン」という愛称で親しまれているフィエスタ レッドの別のムスタングとともに、1993年7月にコバーンに引き渡されました。「オレンジスタン」は、その月の後半にローズランド ボールルームでニルヴァーナがパフォーマンスした際に使用されました。


■ジュリアンズオークションについて https://juliensauctions.com/
ジュリアンズオークションは、ビバリーヒルズに本拠を置く、映画、音楽、スポーツ、アートの市場で知名度また注目度の高い品々を中心にオークションを開催するオークションハウス。ジュリアンズオークションは、そのユニークで革新的なオークションで国際的な評価が高く、世界中から何千人ものコレクター、投資家、ファン、愛好家が集まる。
マリリン・モンロー、ジョン・レノン、リンゴ・スター、レディー・ガガ、バンクシー、シェール、マイケル・ジャクソン、U2、バーブラ・ストライサンド、レス・ポール、ニール・ヤング、エルヴィス・プレスリー、フランク・シナトラ、ジミ・ヘンドリックス、ヒュー・ヘフナーなどが所有または愛用した象徴的なアート、絵画、ポスター、衣装、楽器など著名人のゆかりの品々を中心に扱うオークションハウスです。

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/377946/LL_img_377946_4.jpg
ジュリアンズオークション ロゴ


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:海路で遭難する移民、ハイテク技術が命を救

ワールド

アングル:シンガポールのAI活用、焦点は日常生活の

ビジネス

アングル:中国「就職戦線」やや正常化、賃金は伸びず

ビジネス

フィッチ、米格付けを「AA+」に据え置き 24年は
MAGAZINE
特集:世界が愛した小澤征爾
特集:世界が愛した小澤征爾
2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    アウディーイウカ近郊の「地雷原」に突っ込んだロシア装甲車2台...同時に地雷を踏んだ瞬間をウクライナが公開

  • 2

    「衝撃的に劣悪」な性能...北朝鮮ミサイル、ウクライナでの「大失態」でロシアが調達キャンセルの情報

  • 3

    ロシアの新兵器?UFO? ウクライナの戦場の上空に浮かぶ「謎の円盤」を、偵察ドローンが発見...映像を公開

  • 4

    NATO加盟を断念すれば領土はウクライナに返す──ロシ…

  • 5

    ロシア軍「Mi8ヘリコプター」にウクライナ軍HIMARSが…

  • 6

    ロシア軍が戦場に乗り捨てた軍用車の「異形」...後ろ…

  • 7

    メーガン妃がファッションを真似るほど憧れていた、…

  • 8

    「こうした映像は史上初」 火炎放射器を搭載したウク…

  • 9

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 10

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 1

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 2

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 3

    ロシア兵と若者の衝突...帰還兵が路上で一方的に暴行される

  • 4

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 5

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 6

    「衝撃的に劣悪」な性能...北朝鮮ミサイル、ウクライ…

  • 7

    もう取り返しがつかない?ロシアがウクライナ侵攻で…

  • 8

    在日外国人と日本社会の共生努力を後退させる右派の…

  • 9

    欧米はなぜもてはやすのか? 「ロシア反体制派のヒー…

  • 10

    中国株の暴落が止まらない 外国人投資家はほぼ撤退

  • 1

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 4

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 5

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 6

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 7

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎…

  • 10

    「こうした映像は史上初」 火炎放射器を搭載したウク…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中