プレスリリース

海上コンテナ車両・トレーラー車両の後退時と巻き込み事故防止 取付工事不要「海運事業者向け ワイヤレスカメラ」発売

2022年01月25日(火)12時00分
株式会社TCI(本社:大阪府大阪市、代表取締役:尾崎 俊行)は、海運事業やコンテナ運搬・トレーラーの牽引を営む事業者様向けに、取付工事一切不要のワイヤレスカメラ「TRAIL CAMERA」を2022年1月より販売開始いたします。

商品の詳細リンクはこちら→ https://www.tci-car-item.com

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/295189/LL_img_295189_1.png
TRAIL CAMERA

■TRAIL CAMERA 詳細
商品名 :TRAIL CAMERA
品番 :TMBC-0001
価格 :OPEN価格
連続稼働時間:12時間
商品の特徴 :ワイヤレスカメラ本体にバッテリーを装着してカメラ本体の給電を行います。そうすることでカメラ本体の電源工事作業が一切必要無くなり取付作業を行う必要がない商品です。映像送信は無線電波で送信。モニター本体はシガーソケットに挿すだけで映像受信が可能です。どのような車両にもたったの3秒で取付が完了してすぐに安全管理が可能となっております。

商品の詳細リンクはこちら→ https://www.tci-car-item.com

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/295189/LL_img_295189_2.jpg
コンテナに貼り付けるだけ

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/295189/LL_img_295189_3.png
シガーに挿すだけ!

海上コンテナ・国際輸送・海運事業者様などに向けた革新的な商品を新発売しました。
こちらの商品は、完全無線のバックカメラで取付工事が一切必要ありません。お客様からの大事な荷物を守ることも当然、今まで取付が困難であった海上コンテナに取り付けることで人身事故や荷主様の倉庫を破損するといったような事故も無くなります。
ドライバー様の安全危機管理がさらに向上すること間違い無しです。
商品は発送するだけで即バックカメラが使用できます。
仕様や金額に関しては株式会社TCIまでお問い合わせください。
特殊コンテナ貨物・3軸シャーシトレーラー・フルトレーラー・海上コンテナ・レッカー車・建機・クレーンのブーム・ラフタークレーンなど使用用途は多岐に渡ります。

トレーラーは通常の車両よりも単純にサイズが大きくて長いため、その分事故のリスクも高まります。
トレーラーでの海上コンテナ輸送の問題になっているのはこの輸送に関する安全性の部分が大きく占めています。

ドライバー個人個人の安全管理の徹底についてはもちろん大事ですが、
そもそも車両が長く、荷物で視界が遮られる分、後方の安全確認が難しいのも事実です。
そこでできる対策としては、バックカメラ等の安全装置を取り付けることかと思います。

とは言っても牽引ということで、基本的には脱着、コンテナの取り付け・取り外しが日常的に行われるという性質上、有線でのバックカメラの設置のハードルは高く、コンテナの積み込み、取り外しの度にバックカメラの配線もしなおすというのは費用的な意味でも、時間的な意味でも無益と言えるでしょう。
そしてもし仮に取り付けたとしても、荷台とキャビンを切り離す際に断線の可能性があったりと、大きな困難が付きまとうのです。

そこでTCIが推奨したいのが、TCIのTRAIL CAMERAです。

TCIのTRAIL CAMERAは、ワイヤレスであることはもちろん、カメラの電源作業も不要です。
なぜならカメラを"磁石"で取り付ける仕様だからです。

TRAIL CAMERAはネオジム磁石という、数ある磁石の中でも特に協力な磁力を2つも使用しております。
成人男性が結構な力で引っ張ったとしても外れる事はありません。
また、金属製のコンテナであれば、コンテナに直接取り付けることもでき、カメラ設置場所の幅も広がります。
更には、2万回の耐振動テストも難なくクリアしており、振動での脱落の心配もありません。
そして上記の通り、磁石での取付のため、業者を呼んでの取付工事が不要であり、またそれに付随する工賃も一切かかりません。
参照として一般的な有線式のバックカメラ取付工賃を記載しておきます。

・2tトラック 30,000円前後+出張費
・4tトラック 45,000円前後+出張費
・重機や特殊車両 50,000円前後+出張費
・トレーラー 50,000円~80,000円前後

これは取付一回に対する金額ですので、取り外しの際も同様に工賃が発生します。
それに対してTRAIL CAMERAは取り付け時も取り外しの際も0円です。
業者を呼ぶ手間、取り付けにかかる費用、作業時間をすべて排除したカメラなのです。
そして、技適マークも取得しており総務省より使用の認可をいただいていますので電波法にも抵触せず、安心してお使い頂けます。
TRAIL CAMERAはトレーラーにも問題なく使用できるように開発したため、伝送距離も70メートルまで使用可能で、あらゆる種類のトレーラーに対応可能です。


■まとめ
今回は、トレーラーの海上コンテナ輸送にも相性の良いTCIのTRAIL CAMERAについてご紹介しました。
海上コンテナ輸送という、質量・サイズの大きな荷物の輸送という性質上、後方の安全確認が難しく、また有線の安全装置の取付が難しいという事実があります。
海上コンテナ輸送は、毎回同じコンテナを使用するというわけではないため、都度取り付けられるTRAIL CAMERAは非常に相性が良いと言えるでしょう。
そんなドライバーの皆様の安全管理に対して、TRAIL CAMERAが少しでもお役に立てれば幸いです。



■会社概要
社名 :株式会社TCI
代表者 :代表取締役 尾崎 俊行
所在地 :大阪府大阪市淀川区木川東2-5-41 K2 EASTビル
設立 :2017年12月1日
資本金 :100万円
事業内容:トラサポくん事業部 自動車電装品の企画・製造・販売および
輸出入/自動車電装品の取付

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/295189/LL_img_295189_4.jpg
各種商品


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

世界のリセッション回避に「懐疑的」=世銀チーフエコ

ビジネス

米GDP、第1四半期確定値は1.6%減 貿易赤字重

ビジネス

インフレ対応、強硬に行動する以外の選択肢もある=英

ビジネス

ロシア、ルーブル高への対応で「友好国」通貨購入開始

MAGAZINE

特集:広がるインフレ 世界経済危機

2022年7月 5日号(6/28発売)

急激なインフレ、食糧・エネルギー不足、米バブル崩壊...... 「舵取り役」なき世界経済はどこへ

人気ランキング

  • 1

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

  • 2

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・義経の死に際し実際にやったこと

  • 3

    【モナコ王室】夫婦不仲説をシャルレーヌ公妃が一蹴、キスする姿も

  • 4

    【映像】ロシアの地対空ミサイル、Uターンして発射地…

  • 5

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 6

    インドに移住したJKが軽妙に綴る「カースト」と「肌…

  • 7

    食料品がこんなに高い!?インフレが止まらないNYの…

  • 8

    「中の人」の視点で終わった『東京2020オリンピック …

  • 9

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 10

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 1

    韓国アイドル、ファンにもみくちゃにされて腕を負傷する「問題シーン」

  • 2

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

  • 3

    【動画】「まるで地獄から来たトラック」 中国「犬肉祭」に出荷された犬たちを救出

  • 4

    ジョニー・デップ裁判は「失敗」だった──最大の間違…

  • 5

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 6

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・…

  • 7

    【映像】フライパン一つでワニを撃退する男性

  • 8

    沖縄の少女たちの経験は日本の若い女性に起きている…

  • 9

    【衝撃映像】小型犬がハクトウワシに連れ去られる瞬間

  • 10

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中