Picture Power

【写真特集】金融エリートたちの意外と普通な苦悩

GRANITE AND GLASS

Photographs by GEORGE NOBECHI

2020年05月23日(土)13時30分

ppelite07.jpg

【リー】精密なモノづくりに魅力を感じるというリーは、「手を使った仕事に就きたいと夢見てきた」と語る。着ているシャツも、イニシャルが刺しゅうされたテーラーメイドだ


ppelite08.jpg

【奈奈子】日中は欧州系の金融機関でセールスとして働く彼女だが、勤務後は表参道でバーを経営している。仕事終わりの同僚たちが飲みにやって来る


ppelite09.jpg

【裕香】仕事と私生活の両方で難しい選択を迫られていると話す裕香。自らを見つめ直すために必要な試練だと感じ、熟慮するためにネパールやチベットの山々を訪れてきたという


ppelite10.jpg

【ジェイソンと渚とゾーラ漣】早産で生まれてきた娘と過ごせることを常に感謝していると話す彼ら。ジェイソンは銀行の仕事を辞めて起業し、渚はインテリアデザインを学びながら投資や仕事を続けている


ppelite11.jpg

株価ボードの下で研修を受ける新入社員たち


Photographs by George Nobechi

撮影:ジョージ野辺地
東京都出身。日本とカナダにルーツを持ち、カナダのブリティッシュコロンビア大学で歴史を学ぶ。東京とニューヨークで約14年間金融業界で勤務後、2015年に写真家の道へ。東洋と西洋の視点、瞑想を思わせる静けさと人の温もりを併せ持つ作品は高く評価され、欧米の美術館などで発表している。

<本誌2020年1月14日号掲載>

ニュース速報

ビジネス

カナダの企業景況感、「非常にネガティブ」=中銀調査

ワールド

カナダ首相、新貿易協定巡る北米3カ国首脳会談への出

ビジネス

独当局、ワイヤーカードのドバイ子会社トップを逮捕

ビジネス

米、新型コロナ死者13万人突破 NY知事らトランプ

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで浮上する第2の道とは

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    「県境をまたぐ移動自粛、一律要請の必要ない」 東京…

  • 6

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 7

    火星の移住に必要な人数は何人だろうか? 数学モデ…

  • 8

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

  • 9

    新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

  • 10

    「君たちのせいだよ」ベルリン地下鉄のマスク着用徹…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 8

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 9

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 10

    北京で6月にクラスター発生したコロナウイルス、東南…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 8

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 9

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

  • 10

    「この貞淑な花嫁は......男だ」 イスラムの教え強い…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!