Picture Power

赤外線があぶり出す コンゴの「見えない」悲劇

Reality in Infrared

Photographs by Richard Mosse

赤外線があぶり出す コンゴの「見えない」悲劇

Reality in Infrared

Photographs by Richard Mosse

コンゴ東部の北キブ州に広がるツチ族の放牧地

 内戦が続くコンゴ(旧ザイール)の現状は言葉で語るにはあまりに複雑だ。過去15年もの間、40以上の武装勢力が多様な利害関係の下、戦闘を繰り広げてきた。忠誠を誓う相手は次々変わり、明確な善悪の区別もない。残されたのは残忍で痛ましい犠牲の数々だ。1年間で発生したレイプは40万件、10年間の死者は540万人。死者数の人口比では、悪名高いダルフール紛争の約10倍にも上る。

 写真家リチャード・モスは、通常のフィルムでは捉え切れない繁雑な現場を描くため、斬新な表現法を用いることにした。彼が選んだのは、被写体の反射率によって目に見える色とは別の色を発色させるカラー赤外フィルム。迷彩色で偽装された対象物を発見するため、米軍の依頼を受けて開発されたものだ。肉眼では識別できないものが写真を通して見えるようになる。

 これによって写し出されたのは、一面に広がるピンクの大地。その中に、人工物や人物など反射率の異なる対象物がより明確なコントラストで浮かび上がる。それでも彼は、この国の物語を描き切ることはできていないと感じている。それは言葉でも、写真でもすべてを表すことのできないほどの悲劇なのだ。

 撮影:リチャード・モス
1980年アイルランド生まれ。米エール大学、英ロンドン大学などで美術を学んだ後に、英文学も学ぶ。アートとフォトジャーナリズムの両手法を用いて写真のジャンルを超え、旧ユーゴ、イラク、コンゴなどの紛争地、イラン、パキスタン、ハイチ、日本の災害など世界の複雑な問題や苦難を写し出す。本作は写真集『INFRA』(米アパチャー社刊)からの抜粋

Photographs by Richard Mosse­--In­stitute, from the book "Infra" published by Aperture and co-published by Pulitzer Center on Crisis Reporting

<2012年3月7日号掲載>

MAGAZINE

特集:トランプは終わらない

2021年1月19日号(1/13発売)

全世界があきれる米議会占拠事件をあおったトランプがこれからも影響力を失わない理由

人気ランキング

  • 1

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論が出ない理由

  • 4

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 5

    「#ジョンインちゃん、ごめんね」 養父母による虐待死…

  • 6

    ポーランドで過去を偽り聖職者となった青年の実話に…

  • 7

    メルケル独首相が、ツイッターのトランプアカウント…

  • 8

    「夫の死を無駄にしないで」ワクチン接種後、自己免…

  • 9

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 10

    火星までの移動日数を半分に 原子力推進技術でイギ…

  • 1

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 2

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 3

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(英規制当局)

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 6

    「生意気な青二才」「お前が言うな」批判も浴びた金…

  • 7

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 8

    上院も制したアメリカの民主党。それでも「ブルーウ…

  • 9

    議会乱入の暴徒が叫んでいた「ハング・ペンス(ペン…

  • 10

    米議事堂乱入に中国は「狂喜」するが......信じたい…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 3

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 4

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 5

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 6

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 7

    台湾最新のステルス哨戒艦、中国は「ヘリ1機で沈没さ…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    中国を封じ込める「海の長城」構築が始まった

  • 10

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!