Picture Power

「虹の国」南アフリカ20年目の希望と絶望

RAINBOW TRANSIT

Photographs by Per-Anders Pettersson

「虹の国」南アフリカ20年目の希望と絶望

RAINBOW TRANSIT

Photographs by Per-Anders Pettersson

ケープタウン近郊の旧黒人居住区カエリチャで踊る少女。貧困層の子供たち向けのNGO「ダンス・フォー・オール」のプログラムに参加している

 南アフリカは来年、アパルトヘイト(人種隔離政策)が撤廃され、初の全人種参加選挙が行われた94年から20周年を迎える。この決断で弾圧と人種差別の国は、多人種国家として奇跡的な発展を実現した。黒人のニューエリートが現れ、黒人の中間所得層も台頭。「黒いダイヤモンド」と呼ばれる彼らの購買力は、アパルトヘイト撤廃の最大の産物だ。都市部の最貧困層にとっては、その成功こそ憧れであり希望である。

 写真家のペール・アンデシュ・ペッテションは94年、全人種参加選挙を取材するため南アフリカを訪れた。そしてこの国に魅了された彼はその後、黒人と白人双方の複雑な真実を追い続けた。

 南アフリカにとって民主主義は、多くの犠牲を払って手に入れた宝石だ。しかしこれは大きな見返りとともに、国民に新たな苦難をもたらしている。凶悪犯罪の急増や貧困、高い失業率、疫病......。貧困層が抱いてきた憧れや希望も、過去10年間の強欲と幻滅の中で失われつつある。
 20年前、初の黒人大統領となったネルソン・マンデラが目指した「虹の国」。現在のこの国は彼の夢にどれだけ近づいたのだろう。

Photographs from "Rainbow Transit" (Dewi Lewis Publishing) by Per-Anders Pettersson
新刊写真集「Rainbow Transit」
<本誌2013年8/13,20日号掲載>

MAGAZINE

特集:人生が豊かになるスウェーデン式終活

2018-7・24号(7/18発売)

「自分らしい生き方を最後まで全うしたい」と望む世界の高齢者が注目する北欧式「最後の断捨離」とは

人気ランキング

  • 1

    インドネシア、住民死亡の敵討ちでワニ292匹を虐殺 一番怖いのはヒトだった

  • 2

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 3

    キャサリンVSメーガン! 英王室に勃発したファッションバトルを考察してみた

  • 4

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

  • 5

    ブラジルの街中でサソリの大繁殖が始まった?昨年死…

  • 6

    米ロ会談、プーチンの肩持った裏切り者トランプにア…

  • 7

    「おカネの若者離れ」で、どんどん狭くなる趣味の世界

  • 8

    美しいビーチに半裸の美女、「中国のハワイ」にまだ…

  • 9

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 10

    収入が減る一方で家賃は上がる──日本が過去20年で失…

  • 1

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外が注目 アメリカでは19世紀から軍で研究も

  • 2

    金正恩の背後の足場に「死亡事故を予感」させる恐怖写真

  • 3

    金正恩「デート禁止令」に、北朝鮮大学生の不満が爆発

  • 4

    美しいビーチに半裸の美女、「中国のハワイ」にまだ…

  • 5

    タイ洞窟の少年たちの中には、無国籍だが5カ国語を話…

  • 6

    オウム死刑で考えた──日本の「無宗教」の真実

  • 7

    キャサリンVSメーガン! 英王室に勃発したファッシ…

  • 8

    米ロ会談、プーチンの肩持った裏切り者トランプにア…

  • 9

    世界の海洋プラスチック廃棄物の9割は、わずか10の河…

  • 10

    インドネシア、住民死亡の敵討ちでワニ292匹を虐殺 …

  • 1

    史上最悪の「スーパー淋病」にイギリス人男性が初感染、東南アジアで

  • 2

    美しいビーチに半裸の美女、「中国のハワイ」にまだ足りないもの

  • 3

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外が注目 アメリカでは19世紀から軍で研究も

  • 4

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

  • 5

    悪臭で飛行機を降ろされた男性、体組織が壊死する感…

  • 6

    金正恩の「美少女調達」システムに北朝鮮国民が怒り

  • 7

    金正恩の背後の足場に「死亡事故を予感」させる恐怖…

  • 8

    世界が激怒する中国「犬肉祭り」の残酷さ

  • 9

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 10

    【悲報】感電して牛が死に、飼い主が死に、助けよう…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
Pen編集部アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!