最新記事

シリーズ日本再発見

切手33万種、郵便ポスト16基の「郵便の殿堂」

2016年09月30日(金)12時16分
長嶺超輝(ライター)

 郵便をめぐって人々に誤解されたものは他にもある。最初の郵便ポストは黒塗りで、縦に白い字で「郵便箱」と書かれていた(下写真の右側)。冨永氏によれば、地方から上京してその「郵便箱」を見かけた人の中には、「東京には変わった『垂れ便箱』がある」と、故郷に戻って言いふらした人もいたという。要は、ポストをトイレと勘違いしたというエピソードである。

japan160930-2.jpg

日本の郵便制度が始まった当時の人車や、目安箱を参考に作られた初期型ポスト「書状集箱」。ユニークなエピソードがある黒塗りの「郵便箱」も再現されている

 ところで、現在のポストは四角くて赤いものが大半だが、昭和のいわゆる「丸形ポスト」が残っている地域もある。この丸形ポストで、差し入れ口が円形の出っ張りでグルリと取り囲まれているのは、なぜかご存知だろうか。

「これは明治時代のポストの差し入れ口に、回転式の丸いフタが付いていた名残です。大切な郵便物を保護する目的でしたが、フタが動かなくなるなどの故障も相次いだので、丸いフタは撤去されました。それでも、差し入れ口を囲む円形はそのままデザインとして残されたのです」(冨永氏)

japan160930-5.jpg

館内のあちこちで明治時代~現代のポストが郵便の歴史を静かに物語る。その数、外国のものも含めると新旧あわせて16基。左から、航空郵便専用ポスト、俵谷式ポスト(レプリカ)、回転式ポスト、丸型庇付ポスト。右端は、出入口で来館者を迎えるスカイツリーをモチーフにした郵政博物館限定のポストで、実際に郵便物をここから投函できる

 一方、前島密は、ヨーロッパでは郵便局で貯金や保険も取り扱っていることを知り、この両事業も並行して積極的に日本の郵便制度に取り入れた。特に簡易保険を普及させる目的で、国民の健康増進に資するため、1928年に導入されたのが「ラジオ体操」である。

 郵政についてもっと深く知るなら「メッセージシアター」も必見だ。「コの字」型に配置された3面スクリーン映像で、飛脚の時代から現代まで、様々な切り口から日本の郵便の歴史が解説されている。

japan160930-4.jpg

3面スクリーンの「メッセージシアター」では、数分単位のプログラムが入れ替わり投影され、日本の郵便の歴史について様々な角度から学ぶことができる

微細で美しい印刷の施された切手の世界

 日本の郵便局は、民営化される以前から税金が一切投入されず、一貫して独立採算で運営されてきた。そのような健全財政を支えた要素のひとつには、「切手」の存在が大きいかもしれない。

【参考記事】何時間でも思い出に浸れる、90年の放送史を詰め込んだミュージアム

MAGAZINE

特集:弾圧中国の限界

2019-6・25号(6/18発売)

ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

人気ランキング

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    走る車の中から子猫を投げ捨て!相次ぐ蛮行に怒りの捜査開始

  • 3

    ウェスト81センチの巨漢ネコ、パーフェクトボディ目指し監視下に置かれる

  • 4

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 5

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

  • 6

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 7

    ホロコーストをめぐる歴史問題が欧州サッカーに飛び火

  • 8

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 9

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

  • 10

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 3

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 4

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤…

  • 5

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 6

    走る車の中から子猫を投げ捨て!相次ぐ蛮行に怒りの…

  • 7

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 8

    石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない…

  • 9

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 10

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 4

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 7

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 8

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 9

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 10

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!