Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2012.12.26号(12/19発売)

特集:韓国は成熟できるか

2012年12月26日号(12/19発売)

Cover Story

終盤で大接戦にもつれ込んだ韓国大統領選──
東アジア外交と「経済民主化」の行方に迫る

大統領選 韓国の民主主義は成熟できるか

韓国政治 新大統領を待つ「左傾化」の波

候補者 父の影と戦う悲劇のプリンセス

報道 韓国のお荷物は非民主的メディア

『サイコ』を生んだ鬼才の素顔

中東 エジプト反政府派の苦悩
米外交 「アジア重視」の甘過ぎた皮算用
エネルギー オバマが悩むエネルギー革命
Newsbeast
InternationaList
The United States 
   オバマ涙の誓いで銃規制は進むか
Venezuela 重病チャベスの後継者は
Italy 首相辞任はお騒がせ男復活の前兆?
Syria シリア反体制派が強気なワケ
Russia 終末論でロシアが大パニック
Asia
North Korea 金正恩がはしゃぐもう1つの理由
Philippines 避妊具の配布は「非道徳的」罪か
Myanmar ミャンマー民主化を脅かす中国の収奪
U.S. Affairs
マリフアナの合法化がはらむ危険性とは
Business
「 財政の崖」協議が退屈な理由
FBならインターンも高給取り
Poeple
災難続き『ホビット』製作の舞台裏、など
Retrospect 2012
DECISIONS 「選挙の年」に消えた人勝った人
PROTESTS 多極化する暴動と複雑化する怒り
CONFLICT 2013年の世界も砲火はやまず
BRITAIN イベントも醜聞も主役はこの国
TRAGEDY AND HOPE 悲劇と不安を乗り越えて
NEWSMAKERS メディアを騒がせた今年の「顔」
Perspectives  マンガと名(迷)言で振り返る2012
CULTURE
Music 世界を虜にしたストーンズの軌跡
Movies 舞台を超えた映画版『レ・ミゼラブル』
Movies シェイクスピアの謎は支離滅裂
Books 電子書籍を上手に贈るコツ9カ条
Television 今時珍しい? ジャーナリスト讃歌

MAGAZINE

特集:世界を変えるブロックチェーン起業

2019-4・23号(4/16発売)

難民にデジタルIDを与え、医療情報や物流を正しく管理── 分散型台帳を使う新事業・新ビジネスが各国で始まった

人気ランキング

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 4

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 5

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 6

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 7

    家庭料理に求めるレベルが高すぎて、夫の家事分担が…

  • 8

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 9

    「日本越え」韓国経済の落とし穴

  • 10

    韓国の日本大使館、建て替えが進まず空き地になった…

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練された方法を持っていた

  • 4

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 5

    少女の乳房を焼き潰す慣習「胸アイロン」──カメルー…

  • 6

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 7

    これが米大企業のほとんどを所有し牛耳るビッグ・ス…

  • 8

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 9

    台湾で女性のまぶたから生きたハチ4匹が摘出される

  • 10

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

  • 3

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕上げに八つ裂き」

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 6

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 9

    「令和」に関して炎上する中国ネット

  • 10

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!