Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2012.8.29号(8/22発売)

特集:ネットの王者

2012年8月29日号(8/22発売)

Cover Story

常識を覆し、新秩序を先導するデジタル界の覇者たち
10の視点から選ばれた、最も影響力を持つ100人

ネット過剰が精神を冒す?

デジタル オンライン生活と鬱や精神障害の関連を裏付ける研究が続々と

テクノロジー デジタル界の覇者トップ100

とんがった主張こそ優れた論者の証明

反逆児は創意工夫で権力に立ち向かう

ネットで自分を売り込むセレブたち

デジタル世界のルールを作るキーパーソン

ユーザーの心をつかむアイデアの伝道者

ニーズを見抜く「目の付けどころ」

世界を革新する先兵たち

ベンチャー企業をカネと知恵で大きく育てる

機械に命を吹き込んだソフトウエア設計の達人

ネット界の流行発信者

Newsbeast
Internationalist
South Korea 李明博が開けた
   「竹島」というパンドラの箱
Israel イラン開戦めぐりイスラエルは分裂中
South Africa 労働者「殺戮」で見えた南アの傲慢
Ecuador エクアドルがアサンジ亡命を認めた理由
China 共産党指導者が描く重慶事件の結末
Egypt エジプトを変える静かな革命
Russia 反体制バンドを罰する疑心暗鬼
Italy 欧州文化の衰退はメルケルのせい?
Internationalist
Asia
China 中国への賄賂で米カジノ王ピンチ
US Affairs
ライアンを相棒にしたロムニーの大誤算
アメリカを襲う干ばつの深刻度
People
金メダリストが『ビバヒル』に出演、ほか
FEATURES
米大統領選 「無能」オバマに再選の資格なし
安全保障 日米関係は本当に悪いのか
中東 シリア介入の理想と現実
イギリス社会 悪酔いする停滞のイギリス
中国 ガイジンをつまみ出せ!
CULTURE
Food ブルゴーニュの秘蔵ワインに乾杯!
Movies 理路整然な『アベンジャーズ』
Want 人生を楽しむならまず仕事場から

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    華為Huaweiを米国に売ったのはZTEか?──中国ハイテク「30年内紛」

  • 2

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 3

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 4

    米中衝突の兆し、米「航行の自由」作戦に業を煮やす…

  • 5

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は…

  • 6

    「北センチネル島」の宣教師殺害事件で問われる「未…

  • 7

    ミシェル前大統領夫人が告白した「インポスター症候…

  • 8

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 9

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 10

    ファーウェイ事件で、米中ビジネス幹部の出張キャン…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    自我のあるラブドールは作れる、だが人間は創造主に…

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!