Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍
『ニューズウィーク日本版』雑誌と書籍
2023.3.14号(3/ 7発売)

特集:悪習慣の科学

2023年3月14日号(3/ 7発売)

Cover Story

スマホ、暴飲暴食、タバコ......脳科学が明らかにする「悪癖」をやめる方法

科学 脳の仕組みを知って悪習慣ループを脱出せよ
提言 悪いニュースを読み続ける現代病の解決策は
いまニューズウィーク日本版を定期購読すると、デジタル版で2007年以降のバックナンバー800冊が読み放題! パソコン・スマホ・タブレットでいつでも読めます。送料無料でご自宅・オフィスに。月額払いでも、1年一括払いでも15%OFF!

さらば、改革を貫いた最弱首相

中国政治 影が薄いまま政界を去る李克強が党内に刻んだ「レガシー」

タイで性労働が合法に?

東南アジア 搾取や暴力の対象になるセックスワーカーを合法化は救うか
【Periscope】
NORTH KOREA 「金正恩の娘」と北朝鮮のジェンダー平等
VIETNAM ベトナムに若手国家主席が誕生した意味
UNITED STATES 米最高裁で保守・リベラルの壁が崩壊?
GO FIGURE コロナ禍の終焉とコンドーム需要増
【Commentary】
視点 中ロ神聖同盟は世界を変えるか ── 河東哲夫
分析 武漢ウイルス研究所説のCIA的評価 ── グレン・カール
トルコ 「神の御業」ですまされぬ地震被害 ── 飯山陽
風刺画で読み解く「超大国」の現実 日本人のかわいさもパンダ並み ── ラージャオ&トウガラシ
経済ニュース超解説 日本経済に迫る極度の人手不足 ── 加谷珪一
人生相談からアメリカが見える 孫娘の誕生会に呼ばれなかった私
たかがジョーク、されどジョーク 祭りの日に、プーチンは死ぬ ── 早坂隆
【World Affairs】
SNS TikTokよりWeChatを恐れるべき理由
オピニオン ウクライナをめぐる2つの溝
【Features】
自動車 斜陽デトロイトはデジタルで蘇る
【Life/Style】
Movies 『マジック・マイク』の魔法がとけるとき
Movies 彼女を「ロマコメの女王」と呼ばないで
Gender 女性の乳首はタブーか
Travel 旅嫌いだから作れた面白い旅番組
Art 芸術家が気候変動を描くとき
My Turn 戦火の北朝鮮に残した家族の消息を求めて
【Departments】
Perspectives
In Focus
Picture Power アカデミーが再現した密猟のリアル
News English & Letters
外国人リレーコラムTokyo Eye 岸田首相、同性婚に賛成ですか? ─ 西村カリン
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中国のあまりにお粗末な防災意識

  • 3

    夜の海に燃え上がるロシア大型揚陸艦...ウクライナ無人艇が「ツェーザリ・クニコフ」を撃沈する瞬間

  • 4

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 5

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 6

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 7

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 8

    アウディーイウカ制圧「ロシアは大きな犠牲を支払っ…

  • 9

    プーチンに「行列は好きじゃない」と言うゼレンスキ…

  • 10

    24時間戦っていた電通マンが明かす「接待の実態」「…

  • 1

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 2

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 3

    「ノージャパン」はどこへ......韓国ソウルの街角に日本語看板が急増! その背景は?

  • 4

    毎日を幸福に過ごす7つの習慣の1つ目が「運動」であ…

  • 5

    日経平均「ほぼ史上最高」を喜べない2つの理由

  • 6

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 7

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 8

    「政治と関わりたくない人たち」がもたらす政治的帰結

  • 9

    情報機関が異例の口出し、閉塞感つのる中国経済

  • 10

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 5

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 6

    いよいよ来年に迫った「2025年問題」とは何か? リス…

  • 7

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 8

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 9

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 10

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中