Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍
『ニューズウィーク日本版』雑誌と書籍
2010.11.10号(11/ 4発売)

中国は先進国か

2010年11月10日号(11/ 4発売)

Cover Story

驚異的な経済力があるのに「途上国」と主張し続ける中国。 世界秩序を乱す無責任なご都合主義の背景に迫る

世界経済 途上国を装う中国の身勝手

いまニューズウィーク日本版を定期購読すると、デジタル版で2007年以降のバックナンバー800冊が読み放題! パソコン・スマホ・タブレットでいつでも読めます。送料無料でご自宅・オフィスに。月額払いでも、1年一括払いでも15%OFF!

ナポリのゴミ戦争はEUの恥

イタリア 処分場の限界でゴミ危機が再燃、政府とマフィアが市民生活を破壊する

保守派が進む大麻合法化への道

アメリカ 「保守は大麻反対」のはずの共和党がマリフアナを容認する理由

スポーツ・アクセサリーの効果は?

サイエンス スター選手が身に着けるさまざまなアイテムの科学的な効果を検証
SCOPE

InternationaList
INDIA オバマの訪印は慎重な「求愛ダンス」
AFGHANISTAN カルザイがいら立つ真の相手
ITALY 「ヨーロッパのゴミ」と化すイタリア
GERMANY メルケルを悩ませる不人気スパイラル
BRITAIN サイバー攻撃がイギリス財政を救う?
IRAQ 元フセイン側近に突然の死刑宣告
WEAPONS タリバンが震え上がる米軍の新兵器
EDUCATION 英緊縮財政で大学生に氷河期が

Asia
CHINA 中国反日デモ再発のメカニズム
BURMA ビルマ「民主化」選挙は茶番
GEOPOLITICS 「日中は大人の関係を構築すべき」
SOUTH KOREA 習近平で中韓冬の時代に突入?

U.S. Affairs
絵空事を叫ぶティーパーティー
血液型も不妊の原因の一つ?
アルコール販売で保守vs保守対決

Business
中国スパコン、世界一の脅威
悪夢のモーゲージ債で危機再燃か
イラン経済制裁であの高級品に打撃
FEATURES
フランス IMFの英雄、エリゼ宮に乗り込む?
アルゼンチン 砕け散った夫妻政権の夢
アフリカ スーダンが問うアメリカの限界
援助 貧困対策はやっぱり現ナマで
教育  名物校長の引き抜き大作戦
観光 ゴスペルツアーは罪ですか?
宗教 セックス指南は神父にお任せ

CULTURE
Entertainment 中国でつかむ再ブレイクの道
Music ジャズ界の若手「知性派」J・モラン
Movies 張芸謀の次回作は日中戦争
Movies ホラー『クレイジーズ』は秀作?
Television いじめ対策は意地悪キャラに学べ
Books 決定版・クレオパトラ伝
Art ロンドン黄金期にフィナーレの予感
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシア人選手が大激怒 殺伐としたフェンシング大会

  • 2

    偉大すぎた「スター・ウォーズ」の看板...新ドラマ『アコライト』を失速させてしまった「伝説」の呪縛

  • 3

    電気自動車「過剰生産」で対立するG7と中国──その影にジンバブエのリチウム鉱山開発ブーム、現地でいま何が?

  • 4

    スカートたくし上げノリノリで披露...米大物女優、豪…

  • 5

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 6

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 7

    なぜ保険料を払っていない「主婦」への年金はなくな…

  • 8

    都知事選、蓮舫候補の「二重国籍」問題の事実関係を…

  • 9

    韓国観光業界が嘆く「中国人が戻ってこない」理由

  • 10

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 3

    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシア人選手が大激怒 殺伐としたフェンシング大会

  • 4

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 5

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 6

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 7

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 8

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 9

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 10

    偉大すぎた「スター・ウォーズ」の看板...新ドラマ『…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 3

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間

  • 4

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 5

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 6

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 9

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 10

    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中