注目のキーワード

Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2021.11.23号(11/16発売)

特集:世界に貢献する日本人30

2021年11月23日号(11/16発売)

Cover Story

よりよい世界のために活動する日本人にコロナ禍の今だからこそ、誰もが勇気づけられる

プロフィール よりよい世界の実現に努力する日本人
選手目線の戦略で代表を伸ばす──本田圭佑(サッカーカンボジア代表GM)
紛争地の救える命を救う──白川優子(国境なき医師団看護師)
デジタル通貨開発でカンボジアに革命──宮沢和正(ソラミツ社長)
ITの力で途上国の医療格差を解消──酒匂真理(miup CEO)
生涯をかけ慈善活動に巨費を投じる信念──杉 良太郎(歌手・俳優)
国際協力の魅力を若者に伝える──田才諒哉(国際協力サロン代表)
日仏でひきこもり支援に尽力──古橋忠晃(精神科医)
冷静と情熱の間で世界の人々を救う──國井 修(医師)
緑茶成分のカテキンを初めて発見──辻村みちよ(農学博士)
フィジーの気象予報を独立へ導く──黒岩宏司(日本気象協会技術調査役)
ガーナの農家にチョコの誇りを──田口 愛(Mpraeso CEO)
「広報リーダー」として途上国の妊産婦を支援──冨永 愛(モデル)
リスト 学者から美術家、起業家まで一挙紹介
青柳卓雄(日本光電工業技術者)/ダルビッシュ有(大リーグ投手)/藤井將男(そろばん教育者)/八田與一(土木工学技術者)/早川千晶(ケニアの学校主宰)/日本地雷処理を支援する会/鎌田實(医師、作家)/南裕子(神戸市看護大学学長)/村田早耶香(NPO主宰)/永井陽右(NPO代表理事)/長坂真護(美術家)/中村安秀(小児科医)/小川誠二(生物物理学者)/小野雅裕(NASA研究員)/鮫島弘子(デザイナー)/田口一成(ボーダレス・ジャパン社長)/山口絵理子(社会起業家)/山崎嘉久(小児科医)
【Periscope】
AFGHANISTAN タリバン政権を苦しめる「内憂」「外患」
EU 欧州の逆風はGAFAを変える?
IRAQ イラク首相暗殺未遂にあの国の影が
GO FIGURE 動物の事故死がカリフォルニアで深刻に
【Commentary】
中国 絶対権力を手にした習の危険度──グレン・カール
中東 パレスチナの不幸は誰のせいか──飯山陽
視点 終焉を迎えた保革イデオロギー対立──河東哲夫
風刺画で読み解く「超大国」の現実 中国人が買い占めに走る深層心理──ラージャオ&トウガラシ
経済ニュース超解説 放置できない2108億円の無駄── 加谷珪一
人生相談からアメリカが見える 内向的な私でも里親になれますか
たかがジョーク、されどジョーク 義父に耐え切れなくなった嫁は── 早坂隆
【World Affairs】
ヨーロッパ EUは中国を恐れず台湾に舵を切る
難民問題 ベラルーシだけの責任か
【Features】
文化遺産 略奪された至宝を取り戻す闘い
【Life/Style】
Movies 広い宇宙の閉塞感あるマーベル映画
Music ブラックガールの目でカントリーに新風を
Architecture サステナブルで美しい世界の建築
My Turn 平均余命1~3年の病で鉄人レースを完走した
【Departments】
Perspectives
In Focus
Picture Power 癌を生き延び、コロナ禍で出産する
News English & Letters
外国人リレーコラムTokyo Eye 疎外された若者に「自助」と言わないで ── 西村カリン

MAGAZINE

特集:沖縄の論点

2022年6月28日号(6/21発売)

「本土復帰50年」を迎えた、オキナワの語られていない語られるべき問題

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別カードを切るはず」と王室作家

  • 2

    【映像】夫婦と愛犬、すんでのところで猛追クマから逃れる

  • 3

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベットとの対面時間を制限した訳

  • 4

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 5

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 6

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 7

    BTS「V」熱愛報道は後輩グループの「醜聞隠し」のた…

  • 8

    「あの」河瀬直美監督とは思えない繊細さでマイノリ…

  • 9

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 10

    今度の参議院選挙で審判を受けるのはむしろ「野党」

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と王室記者...メーガン妃は反対か

  • 3

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は震え、姿勢を保つのに苦労

  • 4

    【動画】青唐辛子にかぶりついた少年、案の定ひどく…

  • 5

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 6

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

  • 7

    中国に「平伏する」ハリウッドで、『トップガン』が…

  • 8

    最も明るく、最も急速に成長するブラックホール発見…

  • 9

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 …

  • 10

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 9

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中