Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2017.1. 3号(12/27発売)

特集:ISSUES 2017

2017年1月 3日号(12/27発売)

Cover Story

トランプ就任の衝撃波はアジア、欧州そして中東へ。地殻変動を起こし始めた2017年の世界を読む

展望 先進国と新興国、逆転する希望と失望
米政治 トランプ就任100日の挫折
閣僚 就任できる?トランプの冒険的人事
アジア外交 トランプという激震がアジアを揺さぶる
対中戦略 さらば弱腰外交、南シナ海に嵐の予感
中国 勝負の年を迎えた習近平の綱渡り
ドイツ 虚し過ぎるメルケル待望論
EU 欧州の価値観を守ることこそ最大の防御だ
南米 コロンビア和平の導き方
米ロ トランプとプーチン、蜜月はいつまで
中東 米新政権を待つシリアの墓場
紛争 戦争まみれの中東を救う道は
経済 トランプ相場ははかない幻想だ
環境 温暖化の軽視は国家にとって最大のリスクに
【PERISCOPE】
InternationaList
GERMANY 悲劇が連鎖して別の悲劇を生む時代
UNITED STATES ツイートは簡単でも実現困難な核軍拡
CHINA この冬も中国の視界を覆うPM2.5汚染
FRANCE ルペンは禁断のロシアマネーに手を出すか
ITALY 銀行救済でも消えないイタリアの不安
RUSSIA 崩壊から25年「ソ連」がよみがえる
SYRIA アレッポ壊滅が招くテロの増加
TURKEY 大使暗殺で深まるロシアとトルコの蜜月
BRITAIN 英首相が悩むブレグジットの袋小路
JAPAN ロシアへの片思いの行方は?
VENEZUELA 市民生活を破壊する経済危機
Asia
INDIA 急成長インド経済が旧宗主国を追い抜いた
CHINA ノルウェーに近づく中国の思惑は
U.S. Affairs
トランプとうり二つの嫌中派が米経済を担う
People
本誌記者が選ぶ2016年の10本
【FEATURES & ANALYSIS】
インテリジェンス 露情報機関とトランプの「接点」
米ロ トランプなしでもプーチンはわが道を行く
調査報道 秘密教団ギュレン運動のグレーな浸透
交通 水素で走る列車は欧州鉄道の未来形?
【LIFE/STYLE】
Movies トランプ襲来でオスカーは大揺れ
Movies 『MERU』の絶壁に取り憑かれた男たち
Movies ドローン戦争の葛藤『アイ・イン・ザ・スカイ』
Family パパの子育ては「量より質」で
Health 尿検査で子宮頸癌を早期発見
Health 病院の設計で患者の回復が早くなる?
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire 冗談みたいなトランプ内閣
【訂正】1月3/10日合併号67頁の写真説明で「16年5月」とあるのは「15年5月」の誤りです。お詫びして訂正します。

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 2

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い面もある

  • 3

    日本は事実上の「学生ローン」を貸与型の「奨学金」と呼ぶのをやめるべき

  • 4

    米大統領選、バイデン勝利率は65% ここにきてトラン…

  • 5

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 6

    モーリシャスが環境緊急事態宣言 日本船の燃料流出…

  • 7

    「私は恵まれていたが、ディケンズで社会の不平等を…

  • 8

    韓国サムスン、インドのスマホ市場で巻き返し 反中…

  • 9

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 10

    インド南部でLCC旅客機が着陸失敗、17人死亡 約170…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 3

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 4

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 5

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 6

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 7

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 8

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 9

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 10

    中国に「無関心で甘い」でいられる時代は終わった

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 5

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 6

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 7

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 8

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 9

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 10

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!