Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2016.6.28号(6/21発売)

特集:英国はどこへ行く?

2016年6月28日号(6/21発売)

Cover Story

EU離脱の是非を問うイギリス国民投票はいかに──。統合の理念が揺らぐ欧州と英国を待つ未来

欧州 イギリスとEUはどこへ行く
残留派 イギリス繁栄はEU加盟なくしてあり得ない
国民投票 「EU離脱」に清き一票を!
経済 ブレグジットで英経済は「終了」か
ライバル Brexitが引き裂くエリートな2人の仲
【PERISCOPE】
InternationaList
BRITAIN EU残留派議員の死が見せた亀裂と団結
CHINA ディズニーランドの魔法が効かない人々
IRAQ ISISと戦う側にも人道犯罪疑惑が
RUSSIA W杯開催国ロシアを悩ますフーリガン
TECHNOLOGY 急騰ビットコインに迫る「半減期」
SYRIA 米外交官がオバマに反旗
TERROR アルゴリズムでテロを予想できる?
JAPAN 日本も核をシェアの時代に
BRAZIL 五輪の地リオが財政難で緊急事態宣言
Asia
SOUTH KOREA 韓国の次期大統領選は混乱必至
U.S. Affairs
共和党はトランプという十字架を背負った
2歳男児はなぜワニに襲われたのか
LGBTが憎悪犯罪の標的に
Business
リンクトインはお買い得?
【FEATURES & ANALYSIS】
銃器 銃乱射の凶器に「爽やか」な名が
テロ ローンウルフが怖くない訳
中国外交 欧米の中国観に悩んでキレた外相
中東 大胆で危険なサウジの経済改革
オリンピック ジカ熱流行でも五輪を開きますか
野生動物 タイの「トラ寺院」は動物虐待の聖地
環境問題 パリはクラシックカーお断り
エネルギー 風の力でガラパゴスを守れ
【LIFE/STYLE】
Food 美味しいロンドンはロシアが作る
Luxury 革命が生んだ最高級シガーの歴史
Technology 意外に長いDVDの賞味期限
Technology ハンズフリー通話も危険運転に
Books ロシア人は今も皇帝を求めている
Movies 低予算ハリウッドスリラーの極上度
Movies ソウルの帝王J・Bの実像

MAGAZINE

特集:米イラン危機 戦争は起きるのか

2020-1・21号(1/15発売)

ソレイマニ司令官殺害で高まった緊張── 米イランの衝突が戦争に拡大する可能性

人気ランキング

  • 1

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 2

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物を救出」は本当?

  • 3

    人生切り売りする生き方、辞めませんか? 40代独身男性、生活費8000円の田舎暮らしのススメ

  • 4

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 5

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 6

    元CIA工作員が占う2020年の世界――危険な「伝統回帰」…

  • 7

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモン…

  • 8

    イランによるウクライナ機撃墜の悲劇 なぜ飛行禁止…

  • 9

    韓国でトゥレット障がい者のユーチューバー、「演技…

  • 10

    イーストウッド最新作が大炎上 亡くなった女性記者…

  • 1

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 2

    最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報じるメディアの無知

  • 3

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモンスターハンターたち

  • 4

    イラン、「アメリカに死を」が「独裁者に死を」へ 旅客機…

  • 5

    年始から「不快感」の応酬......文在寅vsアメリカは…

  • 6

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 7

    日本も見習え──台湾はいかにポピュリズムを撃退したか

  • 8

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

  • 9

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 10

    日本は台湾からの難民を受け入れる準備ができているか

  • 1

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 2

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 3

    韓国の自動車が危ない?

  • 4

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 5

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 6

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 7

    3分で分かるスター・ウォーズ過去8作のあらすじ(初…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報…

  • 10

    北朝鮮の「ロケットマン」復活で近づく米朝戦争の足音

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
「STAR WARS」ポスタープレゼント
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!