Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2016.6.28号(6/21発売)

特集:英国はどこへ行く?

2016年6月28日号(6/21発売)

Cover Story

EU離脱の是非を問うイギリス国民投票はいかに──。統合の理念が揺らぐ欧州と英国を待つ未来

欧州 イギリスとEUはどこへ行く
残留派 イギリス繁栄はEU加盟なくしてあり得ない
国民投票 「EU離脱」に清き一票を!
経済 ブレグジットで英経済は「終了」か
ライバル Brexitが引き裂くエリートな2人の仲
【PERISCOPE】
InternationaList
BRITAIN EU残留派議員の死が見せた亀裂と団結
CHINA ディズニーランドの魔法が効かない人々
IRAQ ISISと戦う側にも人道犯罪疑惑が
RUSSIA W杯開催国ロシアを悩ますフーリガン
TECHNOLOGY 急騰ビットコインに迫る「半減期」
SYRIA 米外交官がオバマに反旗
TERROR アルゴリズムでテロを予想できる?
JAPAN 日本も核をシェアの時代に
BRAZIL 五輪の地リオが財政難で緊急事態宣言
Asia
SOUTH KOREA 韓国の次期大統領選は混乱必至
U.S. Affairs
共和党はトランプという十字架を背負った
2歳男児はなぜワニに襲われたのか
LGBTが憎悪犯罪の標的に
Business
リンクトインはお買い得?
【FEATURES & ANALYSIS】
銃器 銃乱射の凶器に「爽やか」な名が
テロ ローンウルフが怖くない訳
中国外交 欧米の中国観に悩んでキレた外相
中東 大胆で危険なサウジの経済改革
オリンピック ジカ熱流行でも五輪を開きますか
野生動物 タイの「トラ寺院」は動物虐待の聖地
環境問題 パリはクラシックカーお断り
エネルギー 風の力でガラパゴスを守れ
【LIFE/STYLE】
Food 美味しいロンドンはロシアが作る
Luxury 革命が生んだ最高級シガーの歴史
Technology 意外に長いDVDの賞味期限
Technology ハンズフリー通話も危険運転に
Books ロシア人は今も皇帝を求めている
Movies 低予算ハリウッドスリラーの極上度
Movies ソウルの帝王J・Bの実像

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    バイデン陣営はこれで「ターボ全開」? 副大統領候補ハリス指名の意味

  • 2

    「元徴用工」の主張に違和感を感じる人たち

  • 3

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪魔編集」がはびこる

  • 4

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 5

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 6

    新型コロナワクチンが開発されても、米国の3人に1人…

  • 7

    日本初のアフリカ人学長が「価値観」を揺さぶられた5…

  • 8

    中国、飲食店でエクアドル産冷凍エビの包装から新型…

  • 9

    韓国・文在寅の支持率9カ月ぶりの低水準に ソウル住…

  • 10

    「韓国・文在寅の最低賃金引き上げは失策」説を信じるな…

  • 1

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 4

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪…

  • 5

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 6

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 7

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 8

    バイデン陣営はこれで「ターボ全開」? 副大統領候…

  • 9

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはな…

  • 10

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 6

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 7

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 8

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 9

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 10

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!