Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍
『ニューズウィーク日本版』雑誌と書籍
2009.11.18号(11/11発売)

本と雑誌と新聞の未来

2009年11月18日号(11/11発売)

Cover Story

トゥイッターやブログの普及でインターネットの情報伝達がますます多様化する時代の到来は、活字メディアに何をもたらすか

書籍 ネットは本を変えるのか

電子ブック 話題作が読めないキンドルのジレンマ

雑誌 老舗グルメ雑誌廃刊の教訓

新聞 新聞という過去の遺物を救済するな

ニューメディア 超地域密着型ジャーナリズムの挑戦

戦略 ある地方紙の一発逆転

テクノロジー 「iタブレット」が活字メディアを変える?

いまニューズウィーク日本版を定期購読すると、デジタル版で2007年以降のバックナンバー800冊が読み放題! パソコン・スマホ・タブレットでいつでも読めます。送料無料でご自宅・オフィスに。月額払いでも、1年一括払いでも15%OFF!

ベルリンの壁と「1979」

国際政治 現在の世界が直面する問題の原点は1989年ではなく、その10年前の出来事にある
ヨーロッパ ベルリンの壁、歴史の終わり
経済モデル 資本主義か社会主義か、でなく

共和党の逆襲が始まった

米政治 2州の知事選に敗北した民主党が中間選挙へ向け中道回帰を迫られる
民主党 オバマよ、国民を見よ

「友愛」哲学は世界に通用する

日本政治 鳩山の理念は「普通の国」や「美しい国」のはるか上を行く

「イエス」と言えるインドへ

アジア 「ケンカ外交」からの脱却で国際的な存在感を高めたいシン首相だが
  

タランティーノの悪ノリ復讐劇

映画 ナチスを血祭り、最新作『イングロリアス・バスターズ』の「歴史認識」
  
Society & The Arts
イスラム 新興マネーでテロを撲滅せよ
イタリア 外国人の海に沈む水の都
テレビ英国ドラマのリメークが熱い
コメディー お笑いに吹くオバマという寒風
書評 伝説の編集者が綴る美食と文学
オークション アジアでハンマープライス
医療 癌治療の未来を拓く
World Affairs

イスラムアジアを脅かす原理主義の悪夢

英労働党 逆風でもニューレーバーは死なず

中南米チリ大統領選にサプライズの予感

米金融 なぜ金融界はチェンジしないのか

MAGAZINE
特集:インドのヒント
特集:インドのヒント
2024年5月21日号(5/14発売)

矛盾だらけの人口超大国インド。読み解くカギはモディ首相の言葉にあり

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の「ロイヤル大変貌」が話題に

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『悪は存在しない』のあの20分間

  • 4

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 5

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 6

    中国の文化人・エリート層が「自由と文化」を求め日…

  • 7

    「裸に安全ピンだけ」の衝撃...マイリー・サイラスの…

  • 8

    「まるでロイヤルツアー」...メーガン妃とヘンリー王…

  • 9

    「すごく恥ずかしい...」オリヴィア・ロドリゴ、ライ…

  • 10

    日本とはどこが違う? 韓国ドラマのオリジナルサウン…

  • 1

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 2

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両を一度に焼き尽くす動画をウクライナ軍が投稿

  • 3

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する悲劇の動画...ロシア軍内で高まる「ショットガン寄越せ」の声

  • 4

    原因は「若者の困窮」ではない? 急速に進む韓国少…

  • 5

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 6

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 7

    北米で素数ゼミが1803年以来の同時大発生、騒音もダ…

  • 8

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 9

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 10

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 1

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 2

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 8

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 9

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中