ニュース速報

ワールド

アングル:「ロシアは守ってくれなかった」、アルメニア系避難民の嘆き

2023年09月29日(金)18時52分

 アゼルバイジャンの首都バクーでアルメニア人家庭に生まれたサムベルさんは、まだ子どもだった1989年、生地を離れた。そして今回、飛び地であるナゴルノカラバフからも脱出することになった。写真は9月24日に撮影された、ナゴルノの中心都市ステパナケルトを離れるアルメニア系避難民らの車列(2023年 ロイター/David Ghahramanyan)

Felix Light

[ゴリス(アルメニア) 25日 ロイター] - アゼルバイジャンを脱出したサムベル・アラベルジャンさん(45)にとって、これは人生2度目の逃避行だ。

同国の首都バクーでアルメニア人家庭に生まれたサムベルさんは、まだ子どもだった1989年、生地を離れた。飛び地であるナゴルノカラバフを巡り、アゼルバイジャン人とアルメニア人の武力衝突が発生した年だ。

そして今回、そのナゴルノカラバフからも脱出することになった。アゼルバイジャンは前週、この地域で電撃的な軍事行動を起こし、アルメニア系住民12万人にとって30年続いた事実上の独立に終止符が打たれた。

住民の多くは現在、所持品をポリ袋に詰め込み、ナゴルノからアルメニアに向かう唯一の道路を埋め尽くす車やバスに乗り込み、恐怖に駆られて脱出している。

避難する人々にとって主要な通過地点となっている、アルメニア国境の町ゴリス。劇場の外で、サムベルさんは「悪夢だ」と語る。一緒に座っているのは妻のモニカさん、息子のハイクさん(21)、モニカさんの両親だ。

元警察官のサムベルさんは、ナゴルノのアルメニア軍基地で文民職員として働いていた。ナゴルノの中心都市ステパナケルトから真っ先に逃れたアルメニア系住民の1人だ。

だが幼少時のバクー脱出に比べ、今回の逃避行はさらに困難だ。

1989年、サムベルさんとその家族は、近隣の都市スムガイトでアルメニア系住民に対する虐殺が発生した後、バクーからアルメニアの首都エレバンへと逃れた。当時のバクーはソビエト連邦内の多国籍都市で、少数民族であるアルメニア系住民も数多く暮らしていた。

アゼルバイジャン人の隣人らは、サムベルさん一家を守って国境まで車で送ってくれた。「良い人たちだった」とサムベルさんは語る。後に残した家財道具も隣人らが送ってくれた。その後、サムベルさん一家はナゴルノへと移った。

<「また避難民に」>

だが今回、彼らは全てを失った。

ステパナケルトでは、アラベルジャン家は4部屋ある一軒家で暮らしており、家庭菜園まであった。アゼルバイジャン側が昨年12月に開始した9カ月間に及ぶ封鎖によりナゴルノカラバフは深刻な食料不足に陥ったが、それでも生き延びられたのはこの菜園のおかげだ。

「ステパナケルトに移り、結婚して家も建てたのに、今また避難民になってしまった」とサムベルさんは語る。

会計士である妻のモニカさんは、歩道に座り込み、「持ち出せたのはそれぞれのコートだけだ」と語る。脇には、ボランティアから渡された毛布を入れた袋が置かれている。

一家は24日の夜、日産のミニバンで夜を徹して走り、ステパナケルトを離れた。避難民の車列が街を出始めていると聞いたからだ。当面、親戚のいるエレバン近郊のチャレンサバンを目指している。

国外脱出の際には、アゼルバイジャン側の国境警備隊を突破するというリスクがあったという。サムベルさんは過去にナゴルノで軍務経験があり、息子のハイクさんは、前週までナゴルノ駐留のアルメニア軍で勤務していた。

「大きな賭けだった」とサムベルさんは話す。

モニカさんによると、アゼルバイジャンの国境警備隊員は検問所でハイクさんを兵士だと見破ったが、車に武器を積んでいないことを確認した上で通してくれたという。

この悲惨な事態に至った責任は誰にあるかと尋ねたところ、家族からははっきりした答えが返ってきた。

「アゼルバイジャン人について言うべきことはあまりない」とモニカさん。「ロシア人に言いたいことはたくさんあるが」

サムベルさんもモニカさんも、2020年のアゼルバイジャンとアルメニアの軍事衝突の後、ナゴルノに派遣されたロシアの平和維持部隊2000人の行動を非難した。紛争以前はロシアに対して好感を抱いており、ロシア語学校にも通っていたという。

夫妻によれば、昨年12月からの封鎖の際、平和維持部隊は市民をナゴルノから出してやるのと引き換えに賄賂を要求していた。ロイターでは、この件について裏付けを得られなかった。

「もちろん、この事態はロシアの責任だ」とモニカさんは言う。「2020年に彼らがやってきた時は、私たちを守ってくれるだろうと思ったのに」

キリスト教徒であるアルメニア人は伝統的に、イスラム教徒の多いアゼルバイジャンとトルコという隣国から自分たちを守ってくれる存在として、ロシアに期待を寄せてきた。

ロシア大統領府のペスコフ報道官は25日、同国は依然としてアルメニアを同盟国とみなしているが、アルメニア側がナゴルノカラバフの状況についてロシア政府を非難しようとするのは筋違いであるとした。

その上で、ロシアはナゴルノカラバフのアルメニア系住民の権利を保証することに努めると言葉を添えた。

(翻訳:エァクレーレン)

ロイター
Copyright (C) 2023 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

できるだけ多くのGPUの提供、岸田首相から要請=エ

ビジネス

ビットコイン、4万ドル台回復 1年半ぶり高値

ビジネス

中国恒大、清算審理が1月末に延期 香港高裁「当局と

ビジネス

日経平均は続落、円高で輸出株などに売り 下値では押
MAGAZINE
特集:まだ間に合う 新NISA投資入門
特集:まだ間に合う 新NISA投資入門
2023年12月 5日号(11/28発売)

インフレが迫り、貯蓄だけでもう資産は守れない。「投資新時代」のサバイバル術

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    完全コピーされた、キャサリン妃の「かなり挑発的なドレス」への賛否

  • 2

    ロシアはウクライナ侵攻で旅客機76機を失った──「不意打ちだった」露運輸相

  • 3

    下半身ほとんど「丸出し」でダンス...米歌手の「不謹慎すぎる」ビデオ撮影に教会を提供した司祭がクビに

  • 4

    上半身はスリムな体型を強調し、下半身はぶかぶかジ…

  • 5

    「ダイアナ妃ファッション」をコピーするように言わ…

  • 6

    下半身が「丸見え」...これで合ってるの? セレブ花…

  • 7

    最新兵器が飛び交う現代の戦場でも「恐怖」は健在...…

  • 8

    ロシア兵に狙われた味方兵士を救った、ウクライナ「…

  • 9

    バミューダトライアングルに「興味あったわけじゃな…

  • 10

    クリスマスツリーをよく見ると「数百匹の虫」がモゾ…

  • 1

    ロシアはウクライナ侵攻で旅客機76機を失った──「不意打ちだった」露運輸相

  • 2

    最新の「四角い潜水艦」で中国がインド太平洋の覇者になる?

  • 3

    「大谷翔平の犬」コーイケルホンディエに隠された深い意味

  • 4

    完全コピーされた、キャサリン妃の「かなり挑発的な…

  • 5

    下半身が「丸見え」...これで合ってるの? セレブ花…

  • 6

    米空軍の最新鋭ステルス爆撃機「B-21レイダー」は中…

  • 7

    <動画>ロシア攻撃ヘリKa-52が自軍装甲車MT-LBを破…

  • 8

    ミャンマー分裂?内戦拡大で中国が軍事介入の構え

  • 9

    男たちが立ち上がる『ゴジラ-1.0』のご都合主義

  • 10

    「ダイアナ妃ファッション」をコピーするように言わ…

  • 1

    <動画>裸の男が何人も...戦闘拒否して脱がされ、「穴」に放り込まれたロシア兵たち

  • 2

    <動画>ウクライナ軍がHIMARSでロシアの多連装ロケットシステムを爆砕する瞬間

  • 3

    「アルツハイマー型認知症は腸内細菌を通じて伝染する」とラット実験で実証される

  • 4

    戦闘動画がハリウッドを超えた?早朝のアウディーイ…

  • 5

    リフォーム中のTikToker、壁紙を剥がしたら「隠し扉…

  • 6

    <動画>ロシア攻撃ヘリKa-52が自軍装甲車MT-LBを破…

  • 7

    ロシアはウクライナ侵攻で旅客機76機を失った──「不…

  • 8

    ここまで効果的...ロシアが誇る黒海艦隊の揚陸艦を撃…

  • 9

    また撃破!ウクライナにとってロシア黒海艦隊が最重…

  • 10

    またやられてる!ロシアの見かけ倒し主力戦車T-90Mの…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中