ニュース速報

ワールド

米通商代表、WTO「不公平な扱い正す」 北米協定にも強い姿勢

2020年06月18日(木)09時10分

米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表は17日、トランプ政権が世界貿易機関(WTO)の「旧態依然とした関税を巡る判断」の広範な修正を推し進め、数年にわたる米国の不公平な扱いを正すと述べた。ジュネーブで2日撮影(2019年 ロイター/Denis Balibouse)

[ワシントン 17日 ロイター] - 米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表は17日、トランプ政権は世界貿易機関(WTO)の「旧態依然とした関税を巡る判断」の広範な修正を推し進め、数年にわたる米国の不公平な扱いを正すと述べた。また、メキシコ・カナダとの協定についても、7月1日の発効後、違反があれば「早急かつ頻繁」に対応するとし、強い姿勢を示した。

<新事務局長に「反米の兆候」あれば反対>

同氏は、下院歳入委員会の公聴会での証言原稿で、経済の現状をより反映させるために、WTOが設定した関税を早急に変更することが必要と指摘。「大規模かつ先進的な経済を有する多くの国が、米国の関税率をはるかに上回る非常に高水準の関税率を維持している」としたほか、発展途上国に対する「特別かつ差別的な待遇」などに関する提案についてより広範な支持を求めると語った。

トランプ政権は以前から、WTOが中国の不公正な貿易慣行に対処していないと批判し、もはや中国を発展途上国として扱うべきではないと主張してきた。

ライトハイザー氏はまた、WTOとその上級委員会は、貿易紛争の90%で米国に過失があると判断することにより、大幅な貿易赤字を抱える米国を「世界最大の貿易乱用国」として扱ってきたと批判。これにより、各国は訴訟を起こすことでより良い結果が得られると判断するため、WTOの交渉プロセスが損なわれているとした。

WTOの最高裁に相当する上級委は、米政府が昨年、委員の補充に反対したため、紛争処理機能が停止している。ライトハイザー氏はこれについて、上級委がこのまま機能しなくても「問題ない」との見方を示した。

また、WTOの新事務局長選びによって改革が加速される可能性があるものの、過去に「少しでも反米の兆候」が見られた候補には反対すると強調した。アゼベド現事務局長は8月末に任期を1年前倒しして辞任する。

ライトハイザー氏はさらに、今月2日にデジタルサービス税への調査を発表したように、WTO規則に違反していると見られる海外の動きに対し、公的な対抗措置を引き続き求めていくとした。

米国に関税非課税で製品を出荷できる「デミニマス基準値」に関しては、現行の非課税上限額である800ドルの引き下げを検討しているとした。

同氏は、2018、19年度にこの非課税枠で行われた米国への出荷は合計12億件に上り、中国からの出荷が6割を占めたのに対し、課税対象の出荷は6800万件にとどまり、中国の比率は11%に満たなかったと指摘。米国のデミニマス基準値が高いことを中国などが利用して関税を回避しているとの見方を示した。

<メキシコ・カナダにも厳しく対処>

7月1日に北米自由貿易協定(NAFTA)に代わって発効する新協定「USMCA(米国・メキシコ・カナダ協定)」については、メキシコが過去2年間、米国のバイオ製品をいっさい承認していないことを巡り協議を開始する方針だとし、紛争処理の申し立てが必要になる可能性が高い、と述べた。

米国からの乳製品輸出に関する規定をカナダが実行するかどうかも注視し、米農家が恩恵を受けていなければカナダに対し申し立てを行うとした。

これらも含め、違反があれば「早急かつ頻繁」に対応する考えを示した。

一方、同氏は、新型コロナウイルスや将来発生する感染症と闘うために必要な医療関連製品は米国内で生産すべきだとし、そのために関税措置を活用することを支持する考えも示した。

「今後の感染症流行に備えて国内の製造能力を整える計画の一環として、必要な物資の関税率を引き上げることを支持する」と述べた。

*内容を追加しました。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

必要に応じて対応をとる考えに変更ない=為替で鈴木財

ビジネス

マックが商品の約6割値上げ、ミスドも10─30円 

ビジネス

中国人民銀、元安抑制へ外為フォワード取引の準備金再

ワールド

原油先物が小反発、ドル高が頭抑える

MAGAZINE

特集:ウクライナ サイバー戦争

2022年9月27日号(9/20発売)

ウクライナでのロシア大苦戦の裏に、世界が知らないもう1つの戦場があった

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 5

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    Google元エンジニアは言う──彼が開発したAIには、確…

  • 8

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、そ…

  • 9

    米NY最小!? 家賃650ドルのアパートにネット驚愕...日…

  • 10

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 5

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 8

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 9

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 10

    植民地支配の「罪」をエリザベス女王は結局、最後ま…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 8

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

  • 9

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 10

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中