ニュース速報

ワールド

米弾劾裁判の民主党、トランプ氏主張のバイデン氏不正疑惑に反論

2020年01月24日(金)11時39分

 1月23日、米議会上院でのトランプ大統領の弾劾裁判は、検察官役を務める下院民主党による2日目の冒頭陳述を行い、議員らは、大統領選の同党の有力候補、バイデン氏が副大統領在任中にウクライナに不適切な行動を取ったとのトランプ氏の以前からの主張に理路整然と反論を試みた。写真は配信動画からの抜粋(2020年 ロイター/Senate TV)

[ワシントン 23日 ロイター] - 米議会上院でのトランプ大統領の弾劾裁判は23日、検察官役を務める下院民主党による2日目の冒頭陳述を行い、議員らは、大統領選の同党の有力候補、バイデン氏が副大統領在任中にウクライナに不適切な行動を取ったとのトランプ氏の以前からの主張に理路整然と反論を試みた。

民主党議員らは、バイデン氏が政治腐敗への懸念を理由に、ウクライナ政府にビクトール・ショーキン検事総長(当時)を解任するよう圧力をかけたのは、米政府の方針に沿った措置だったと主張。

トランプ氏側はバイデン氏が、息子ハンター・バイデン氏が取締役を務めていたウクライナの天然ガス会社ブリスマ社への調査を阻止するため、ショーキン氏の解任に動いたと主張してきた。

民主党側は、この主張を裏付ける根拠はないと強調。トランプ氏がウクライナ政府にバイデン氏の不正疑惑を捜査するよう圧力をかけた本当の理由は、今年の大統領選でバイデン氏と対決するのを恐れていたからだと強調した。

同党のシルビア・ガルシア下院議員は、トランプ氏が「自らの政治的メリットのためだけに」捜査を要求したと論じた。

同議員によると、バイデン氏が2019年の早い段階に大統領選への出馬を表明するまでは、トランプ氏がウクライナに汚職捜査を要求することはなく、同国への軍事支援も支持していた。

トランプ氏がウクライナにバイデン親子の捜査を要求する数カ月前の世論調査では、バイデン氏がトランプ氏と大統領選で戦うことになれば、バイデン氏が勝つとの結果が出ていたと指摘し、「これに気付かなかったはずはない」と述べた。

トランプ氏は23日のツイッターへの投稿で、弾劾裁判の手続きは「不公正で腐敗している」と批判した。

<大統領は弾劾に値する>

下院司法委員会のナドラー委員長は共和党のリンゼー・グラム上院議員の過去の弾劾審議での発言などを引き合いに出しトランプ大統領の行為は弾劾に値すると主張した。

ナドラー委員長はグラム議員が民主党のクリントン元大統領に対する1999年の弾劾審議で行った発言のビデオを議場で再生。ビデオでグラム議員は、問題の行動が法律上の犯罪行為でなかったとしても大統領を弾劾することはできると主張している。

ナドラー氏はこのほか、トランプ氏の弁護団の一員のアラン・ダーショウィッツ氏の1998年の発言を収録したビデオも再生。ビデオの中でダーショウィッツ氏は「権力乱用」は弾劾の根拠になるとの見解を示している。

ナドラー氏は「弾劾は犯罪行為に対する処罰ではない」とし、「弾劾は政治システムに対する脅威に対応するために存在しており、対象は政治的な当局者のみで、禁錮刑や罰金を課すのではなく、政治権力を剥奪することで対応される」と指摘。「トランプ大統領の行為は米国第一主義ではない。ドナルド・トランプ第一主義だ」と批判した。

<トランプ氏弁護団は25日にも反論開始へ>

この日の民主党による冒頭陳述は予定される3日間のうち2日目。その後、トランプ氏の弁護団は25日にも反論を開始する可能性がある。

共和党議員の一部はこれまで、ボルトン前米大統領補佐官などによる証言を認める代わりに、バイデン親子の両方あるいはどちらかの証言を来週に開くことを提案したが、民主党側は拒否した。

弾劾裁判に対する国民の関心が既に薄れつつある兆しもある。冒頭陳述の2日目で上院の傍聴席には空席が見られ、ニールセンの視聴率調査によると、冒頭陳述1日目の22日にテレビ中継を視聴したのは約890万人と、21日の審理初日の1100万人から大幅に減った。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

NY州、新型コロナの1日死者数が最多に 全米感染者

ビジネス

米雇用3月は70.1万人減、9年半ぶり減少 失業率

ワールド

OPECプラス、過去最大の減産協議 世界供給量の約

ワールド

欧州当局、米ギリアドの抗ウイルス薬を推奨 新型コロ

MAGAZINE

特集:コロナ危機後の世界経済

2020-4・ 7号(3/31発売)

感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

人気ランキング

  • 1

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 2

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官…

  • 5

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 6

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 7

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 8

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 9

    コロナ禍のアメリカでひよこがバカ売れ

  • 10

    韓国激震 常軌を逸した極悪わいせつ動画SNS「N番ル…

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 4

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 5

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 6

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 7

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 8

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 9

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 10

    やっぱり日本は終わりだ

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!