ニュース速報

ワールド

米弾劾裁判の民主党、トランプ氏主張のバイデン氏不正疑惑に反論

2020年01月24日(金)11時39分

 1月23日、米議会上院でのトランプ大統領の弾劾裁判は、検察官役を務める下院民主党による2日目の冒頭陳述を行い、議員らは、大統領選の同党の有力候補、バイデン氏が副大統領在任中にウクライナに不適切な行動を取ったとのトランプ氏の以前からの主張に理路整然と反論を試みた。写真は配信動画からの抜粋(2020年 ロイター/Senate TV)

[ワシントン 23日 ロイター] - 米議会上院でのトランプ大統領の弾劾裁判は23日、検察官役を務める下院民主党による2日目の冒頭陳述を行い、議員らは、大統領選の同党の有力候補、バイデン氏が副大統領在任中にウクライナに不適切な行動を取ったとのトランプ氏の以前からの主張に理路整然と反論を試みた。

民主党議員らは、バイデン氏が政治腐敗への懸念を理由に、ウクライナ政府にビクトール・ショーキン検事総長(当時)を解任するよう圧力をかけたのは、米政府の方針に沿った措置だったと主張。

トランプ氏側はバイデン氏が、息子ハンター・バイデン氏が取締役を務めていたウクライナの天然ガス会社ブリスマ社への調査を阻止するため、ショーキン氏の解任に動いたと主張してきた。

民主党側は、この主張を裏付ける根拠はないと強調。トランプ氏がウクライナ政府にバイデン氏の不正疑惑を捜査するよう圧力をかけた本当の理由は、今年の大統領選でバイデン氏と対決するのを恐れていたからだと強調した。

同党のシルビア・ガルシア下院議員は、トランプ氏が「自らの政治的メリットのためだけに」捜査を要求したと論じた。

同議員によると、バイデン氏が2019年の早い段階に大統領選への出馬を表明するまでは、トランプ氏がウクライナに汚職捜査を要求することはなく、同国への軍事支援も支持していた。

トランプ氏がウクライナにバイデン親子の捜査を要求する数カ月前の世論調査では、バイデン氏がトランプ氏と大統領選で戦うことになれば、バイデン氏が勝つとの結果が出ていたと指摘し、「これに気付かなかったはずはない」と述べた。

トランプ氏は23日のツイッターへの投稿で、弾劾裁判の手続きは「不公正で腐敗している」と批判した。

<大統領は弾劾に値する>

下院司法委員会のナドラー委員長は共和党のリンゼー・グラム上院議員の過去の弾劾審議での発言などを引き合いに出しトランプ大統領の行為は弾劾に値すると主張した。

ナドラー委員長はグラム議員が民主党のクリントン元大統領に対する1999年の弾劾審議で行った発言のビデオを議場で再生。ビデオでグラム議員は、問題の行動が法律上の犯罪行為でなかったとしても大統領を弾劾することはできると主張している。

ナドラー氏はこのほか、トランプ氏の弁護団の一員のアラン・ダーショウィッツ氏の1998年の発言を収録したビデオも再生。ビデオの中でダーショウィッツ氏は「権力乱用」は弾劾の根拠になるとの見解を示している。

ナドラー氏は「弾劾は犯罪行為に対する処罰ではない」とし、「弾劾は政治システムに対する脅威に対応するために存在しており、対象は政治的な当局者のみで、禁錮刑や罰金を課すのではなく、政治権力を剥奪することで対応される」と指摘。「トランプ大統領の行為は米国第一主義ではない。ドナルド・トランプ第一主義だ」と批判した。

<トランプ氏弁護団は25日にも反論開始へ>

この日の民主党による冒頭陳述は予定される3日間のうち2日目。その後、トランプ氏の弁護団は25日にも反論を開始する可能性がある。

共和党議員の一部はこれまで、ボルトン前米大統領補佐官などによる証言を認める代わりに、バイデン親子の両方あるいはどちらかの証言を来週に開くことを提案したが、民主党側は拒否した。

弾劾裁判に対する国民の関心が既に薄れつつある兆しもある。冒頭陳述の2日目で上院の傍聴席には空席が見られ、ニールセンの視聴率調査によると、冒頭陳述1日目の22日にテレビ中継を視聴したのは約890万人と、21日の審理初日の1100万人から大幅に減った。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

フランス格付け見通しを「安定的に」引き下げ=ムーデ

ワールド

ヘンリー英王子夫妻、「ロイヤル」の名称使わず 王室

ワールド

新型ウイルス、中国内外で感染拡大 WHO「阻止の機

ビジネス

米国株は下落、新型肺炎懸念やさえない米指標受け

MAGAZINE

特集:上級国民論

2020-2・25号(2/18発売)

特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

人気ランキング

  • 1

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問答無用

  • 2

    スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)若者たち

  • 3

    韓国にパンブーム到来、ソウルの「日本のパン屋」に突撃取材した

  • 4

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 5

    「マスクは今週1億枚を供給、来月には月産6億枚体制へ…

  • 6

    韓国激震、新型コロナウイルスで初の死者 感染急増1…

  • 7

    「ホライモリは悲しんだ」......7年間、同じ場所で動…

  • 8

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 9

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 10

    ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメ…

  • 1

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 2

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問答無用

  • 3

    ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメーガン妃の離婚歴

  • 4

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 5

    スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)…

  • 6

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 7

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 8

    韓国、キャッシュレス完了した国が進める「コインレ…

  • 9

    新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

  • 10

    クルーズ船内「悲惨な状態」 神戸大・岩田健太郎教授、…

  • 1

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

  • 2

    一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

  • 3

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 4

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 5

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 6

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 7

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 8

    「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

  • 9

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

  • 10

    「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!