ニュース速報
ビジネス

大和証G、1―3月期経常利益は84%増 「4月も順調なスタート」

2024年04月25日(木)16時55分

 4月25日、大和証券グループ本社は、2024年1―3月期の連結経常利益が前年同期比84.2%増の567億円、純利益が同131.2%増の395億円だったと発表した。写真は同グループのロゴ。2017年1月、都内で撮影(2024年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

Miho Uranaka

[東京 25日 ロイター] - 大和証券グループ本社は25日、2024年1―3月期の連結経常利益が前年同期比84.2%増の567億円、純利益が同131.2%増の395億円だったと発表した。好調な株式市況を背景に、個人投資家向けのファンドラップの契約や株式投信販売が増加、機関投資家の株式投資も増えて利益を押し上げた。会見した吉田光太郎最高財務責任者(CFO)によると「4月もまずまず順調なスタート」という。

通期の経常利益は1745億円で、9年ぶりの高水準。全部門で増収増益となった。吉田CFOは、戦略が大きく進捗したことに伴う利益で、「強い手応えを感じている」と述べた。

同社は、資産管理型ビジネスモデルへの移行と事業ポートフォリオの拡充により、安定収益の確保を進めてきた。1─3月の残高ベース収益は249億円まで拡大し、リテール営業部門の固定費を初めて上回った。

吉田CFOによると、足元の業績も好調で、ファンドラップの契約額は1―3月平均を上回り、投資信託の買い付け額は1─3月に迫るペースという。

<行き過ぎた円安には注意>

外為市場ではこの日、ドルが一時155円後半まで上昇し34年ぶり高値を再び更新した。吉田CFOは円安について、プラス面マイナス面両方あるとした上で「急激な、行き過ぎた円安水準は、コストプッシュのようなインフレを招くため、警戒すべき」との見解を示した。

円安や金利の上昇傾向に伴い、国内個人投資家の資産形成の考え方が「キャッシュ・イズ・キングからポートフォリオを考える状況になってきている」とし、強みを持つ対面営業を生かしていく意向を示した。

ロイター
Copyright (C) 2024 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

企業向けサービス価格、4月は前年比2.8%上昇 伸

ワールド

大型サイクロン上陸のバングラ・インドで大規模停電、

ワールド

EU、競争力強化に「著しい努力必要」 独仏首脳が連

ビジネス

中国の不動産市場支援策、小規模都市の銀行にリスクも
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:イラン大統領墜落死の衝撃
特集:イラン大統領墜落死の衝撃
2024年6月 4日号(5/28発売)

強硬派・ライシ大統領の突然の死はイスラム神権政治と中東の戦争をこう変える

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 2

    少子化が深刻化しているのは、もしかしてこれも理由?

  • 3

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 4

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 5

    カミラ王妃が「メーガン妃の結婚」について語ったこ…

  • 6

    汎用AIが特化型モデルを不要に=サム・アルトマン氏…

  • 7

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 8

    台湾を威嚇する中国になぜかべったり、国民党は共産…

  • 9

    プーチンの天然ガス戦略が裏目で売り先が枯渇! 欧…

  • 10

    トランプ&米共和党、「捕まえて殺す」流儀への謎の執…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 3

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 4

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像を…

  • 5

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 6

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 7

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 8

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 9

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 10

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中