ニュース速報

ビジネス

焦点:GM快走、巻き返すトヨタ 中国EV戦争が本格化

2021年04月20日(火)18時40分

 写真はGMのロゴ。デトロイトの本社で3月撮影(2021年 ロイター/Rebecca Cook)

白水徳彦

[上海 20日 ロイター] - トヨタ自動車は世界に先駆けてハイブリッド車を世に送り出し、成功を収めた。しかし、こと電気自動車(EV)、特に世界最大の中国市場ではやや遅れを取っている。

中国では米ゼネラル・モーターズ(GM)の現地合弁会社が開発した5000ドル(約55万円)を切る小型車「宏光ミニEV」が市場を席巻しているが、トヨタはこの国でこうした低価格のEVを投入できていない。

トヨタがその答えとして準備しているのがEV専用のプラットフォーム(車台)で、4月19日に上海国際自動車ショーで詳細を発表した。「e-TNGA」と呼ばれるこの車台は、小型車から大型車まで幅広い車種の骨格になるのが特徴だ。

トヨタは2025年までに、この車台を使ったEVを7車種投入する。まずは中型スポーツ多目的車(SUV)を2022年半ばまでに発売する計画で、今回の自動車ショーにコンセプトモデルを展示した。

<過去に小型EVで失敗>

トヨタ社内では自動車の電動化を進めるのは小型車が最適であると言われ続けてきたものの、最初に投入するのが中型SUVというのは、競争力があって安全、小型かつ乗り心地の良い低価格のEVの開発にはなお課題があることを示している。

トヨタのハイブリッド車「プリウス」は世界的なベストセラーとなったが、EV黎明期に発売したコンパクトカー「eQ」は失敗に終わった。2012年に約100台を売り、その後は価格の高さ、航続距離の短さ、充電時間の長さなど、EVの限界に直面して販売をやめた。eQは価格が360万円と、中型車とほぼ同じだった。

手頃な価格の小型EVを開発するのに重要なのは、車軸を駆動させる装置(パワートレイン)が、ガソリンエンジン車のパワートレインと同等の価格になることだと、トヨタの計画を知る複数の関係者は言う。

巨大なバッテリーを小さな車体に積むことも課題だという。EVの多くは床下に電池を置くためフロアが高くなり、車内に十分な空間を確保するためには車高を上げるか、車高は上げずに車内の快適性を犠牲にするかの選択を迫られると、この関係者らは話す。

トヨタは品質、快適性、性能で妥協したくないと考えており、2万ドルを大きく下回る価格にするには、製造コストを引き下げるノウハウを手に入れる必要があると認識している。

それはまさしく、GMがわずか2万8800元(4410ドル、約45万円)の「宏光ミニEV」を作るのに活用したノウハウだ。GMが上海汽車集団と合弁で作った上汽通用五菱汽車(SGMW)は、商用バンの中国最大手。飾り気のない同社のバンの販売価格は約3万元からで、そのコスト管理手法を活用して宏光ミニEVを作った。

「SGMWは、基本的にガソリン車のエンジンを電動パワートレインに置き換えただけだ」と、自動車コンサルティング会社のオートモーティブフォーサイトを経営する張豫氏は言う。宏光ミニEVとその上級車「マカロン」を合わせた今年の販売台数は、50万台を突破すると張氏は予測する。

SGMWで五菱と宝駿の両ブランドの販売・マーケティングを担当するZhou Xing副社長は、2022年初めまでに小型EV4車種を投入し、モデル数を10まで拡大する計画だと話す。

<若者の愛国心をくすぐる>

    宏光ミニEVが米国や欧米では義務付けられた機能や装備の一部を省いて価格を抑えていることも、それに対抗する車を開発しなくてはならないトヨタにとっては課題となる。例えば宏光ミニEVはエアバッグを1つしか積んでいない。同乗者用のエアバッグや、横転時に命を守るサイドエアバッグはない。

急ブレーキをかけた際にタイヤがロックされるのを防ぐアンチロック・ブレーキ・システムは装備されているものの、車高が高いにも関わらず、コーナーリング時に車体を安定させる横滑り防止装置は搭載していないと、この車の開発過程を知る関係者2人は話す。

「中国の安全基準は全て満たしている。宏光ミニは都市部のある地点から別の地点まで行くための車で、基本的に通勤向けだ」と、SGMWのZhou副社長は語る。「高速で走ることは想定していない」。

だからといって、この車の人気に水を差すことはない。

昨年7月の発売以来、宏光ミニEVはコスト意識の高い消費者や、都市部に住むお洒落な若い世代の心をつかみ、3カ月で約10万台のペースで売れている。中国で最も人気の高いEVの1つとなった。

宏光ミニEVなど五菱ブランドの車が若者の間で売れるようになったのは、動画の影響もある。曲がりくねった山道を五菱ブランドのバンが巧みに走り抜けるこの映像は一気に広まり、見る者の愛国心をくすぐった。

「五菱の商用バンのような中国製の車であんなことできるなんて誇らしかった」と、広東省汕頭市で小さな会社を経営する26歳のHuang Peixianさんは言う。「宏光ミニEVを見て、私にぴったりの車だと思った。価格だけに引かれたのではなく、運転するのが本当に楽しい」。

宏光ミニEVのオーナーの多くは、塗装を変えるなどして自分なりにカスタマイズしている。アウディやBMWといった他メーカーの車に五菱のステッカーやエンブレムを貼る人もいる。

Huangさんは車内をピンク色で統一し、白いボディは日本の漫画「ちびまる子ちゃん」のキャラクターを描いて装飾してある。

<中国BYDと合弁>

トヨタが2022年半ばまでに発売を計画している中型SUVは、排ガスを出さない自動車の商品企画を手がける専門組織「トヨタZEVファクトリー」が開発する最初のEVとなる。低コストの生産ノウハウは、昨年合弁を組んだ中国のEVメーカー、BYD < 002594.SZ>の存在感が徐々に高まっていくことになりそうだ。トヨタはBYDの技術を利用し、小型EVとバッテリーなど一部の主要部品を作ろうと考えている。

トヨタの計画に詳しい関係者の1人よると、モーターとインバーター、変速機を組み合わせた「e-Axle(イーアクスル)」と呼ばれる電動パワートレインは、関連会社ブルーネクサスが開発したものを使う可能性が高いという。

宏光ミニEVは、GMと上海汽車が新エネルギー車(NEV)規制のクレジットを獲得する上でも大きな役割を果たしている。中国ではEVやハイブリッド車などNEVを生産するとクレジットを獲得し、内燃機関で動く車の販売で割り当てられたマイナスポイントを相殺することができる。

宏光ミニEVの販売が好調なGMと上海汽車は、競合他社にクレジットを売却することができ、クレジットを使ってペナルティーを受けずに利益率の高い高級車や大型車を販売することができる。

オートモーティブフォーサイトの張氏は、この制度のおかげで宏光ミニEVの販売価格は原価ぎりぎりに設定できていると指摘する。

SGMWのZhou社長は、宏光ミニEVに利益が出ているのか、NEV規制のクレジット販売でどのくらいの売り上げがあるのか明らかにしなかった。「かなり多くの会社が当社からクレジットを買うためにやって来たが、社名は明らかにできない」と、同副社長は話す。

トヨタの計画を知る2人の関係者によると、同社は利益の出ない小型車を販売することはしない。NEV規制のクレジットを利用して価格を引き下げるようなこともしないという。

トヨタの広報担当者はロイターの取材に対し、どの程度のクレジットを保有しているのか、戦略の一環としてクレジットを他社に売却する計画があるかどうかコメントを控えた。

(白水徳彦 日本語記事作成:久保信博 編集:David Clarke、田中志保)

ロイター
Copyright (C) 2021 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

緊急事態判断、「強いメッセージ」必要と専門家が指摘

ビジネス

ホンダの今期、営業益横ばい見込む 販売回復も原材料

ビジネス

第1四半期末の中国投信販売残高、アントが首位=業界

ビジネス

暗号資産、マスク氏ツイートで乱高下 ビットコイン週

MAGAZINE

特集:新章の日米同盟

2021年5月18日号(5/11発売)

台頭する中国の陰で「同盟国の長」となる日本に課せられた新たな重い責務

人気ランキング

  • 1

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ」と謝罪

  • 2

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大学などの研究で判明

  • 3

    インドのコロナ地獄を招いた張本人モディの、償われることのない重罪

  • 4

    【動画】ゲームにあらず、降り注ぐロケット弾を正確…

  • 5

    コカ・コーラ、マッキンゼー、ソニー...... ミャンマー…

  • 6

    インドで新型コロナ患者が、真菌感染症(ムコール症…

  • 7

    インドの空港倉庫に国際支援物資置き去り 「どこに…

  • 8

    米物価上昇が意味すること

  • 9

    「話すことが苦手だった」メンタリストDaiGoの人生を…

  • 10

    バブルを生きた元証券ウーマンが振り返る日経平均の3…

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ」と謝罪

  • 4

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジ…

  • 5

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大…

  • 6

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ば…

  • 7

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 8

    金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

  • 9

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 10

    【動画】ゲームにあらず、降り注ぐロケット弾を正確…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 4

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 5

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 6

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 7

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 8

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 9

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ…

  • 10

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中