ニュース速報

ビジネス

ECB総裁、景気回復なお予想 「封鎖解除が前提」

2021年01月14日(木)01時49分

 欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁は1月13日、一部のユーロ圏諸国が新たな制限措置を打ち出しているが、3月末までに解除され、ワクチン接種が進めば、今年の景気回復を見込むECBの予測に影響はないとの認識を示した。仏ストラスブールで2020年2月撮影(2021年 ロイター/Vincent Kessler)

[フランクフルト 13日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁は13日、一部のユーロ圏諸国が新たな制限措置を打ち出しているが、3月末までに解除され、ワクチン接種が進めば、今年の景気回復を見込むECBの予測に影響はないとの認識を示した。

総裁は「ロイター・ネクスト」会議でインタビューに応じ「12月の前回予測が、依然として妥当であることは非常に明らかだと思う」と発言。「われわれの予測は第1・四半期末までロックダウン(都市封鎖)が続くことを前提にしている」と述べた。

同時に、経済活動に対する制限措置が第2・四半期も続けば懸念要因になると警告した。

ECBは先月、今年のユーロ圏の経済成長率を3.9%と予測。今年末までに「十分な」集団免疫を獲得することが予想の前提になっているとしていた。

総裁は、初期段階のワクチン接種が「骨の折れる」作業だったことを認めた上で、その点をリスク要因として注視する必要があると指摘。「3月末以降も依然としてロックダウン措置が必要という状況になり、そして、たとえばだがワクチンの接種ペースが落ちれば、懸念要因となるだろう」と述べた。

民間のエコノミストは、すでに経済成長予測を下方修正している。バンク・オブ・アメリカの予測は2.9%。従来予測から1%ポイント下方修正した。

総裁は、必要であれば債券買い入れプログラムを再び拡大することは可能だとする一方、危機が収束すれば、1兆8500億ユーロの資産購入枠を全額利用しない可能性もあるとし、「合意したパッケージに余剰が出れば、全部を使い切る必要はない。良好な資金調達環境という目標を維持するため十分な買い取りを行い、拡大が必要なら再調整を行う」と表明した。

昨年上昇したユーロ相場については「為替レートが物価に与える影響にかなり注意を払っており、今後も引き続き十分に注視していく」と述べたほか、ECBは特定の為替レートを目標にしていないと確認した。また、年央に取りまとめが予定されている包括的な戦略検証に伴い、ECBが掲げる物価目標の定義は向上する見通しとした。

気候変動への取り組みを巡っては、ECBの役割を明確にする必要があると強調。「気候変動はインフレや金融の安定、中央銀行を含む全てのバランスシートに影響を与えている。過去1年間だけで33の大規模な気象事例が発生しており、その被害額は10億ユーロを超えている」とした。

*内容を追加しました。

ロイター
Copyright (C) 2021 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

訂正-米バイデン政権、国有地での石油・ガス掘削許可

ビジネス

焦点:イエレン氏の「大きな行動」発言に透ける、政府

ワールド

ハメネイ師関連サイト、トランプ氏似ゴルファー狙う画

ワールド

WHO、26日にモデルナ製ワクチン巡る推奨発表

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸せそうなおじいさん」

  • 3

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 4

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

  • 5

    「中国に甘いバイデン」は誤解、対中改善しようにも…

  • 6

    未来を見通すインパクト投資は、なぜテスラではなく…

  • 7

    イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプを…

  • 8

    EU復帰はあり得ない──イギリスの将来を示すスイスの…

  • 9

    「激痛のあまり『殺して下さい』と口走っていた」医…

  • 10

    ファウチ所長、トランプが去って「解放された」

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 3

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 4

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 5

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

  • 6

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 7

    入院できないコロナ自宅療養者が急増 重症化を察知…

  • 8

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

  • 9

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 10

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 10

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!