ニュース速報

ビジネス

アングル:外出自粛で「巣ごもり特需」、供給ひっ迫で頭打ちも

2020年04月07日(火)22時26分

新型コロナウイルスの感染拡大で日本経済は落ち込みが避けられそうにないが、任天堂のゲーム機の販売が大きく伸びるなど、「巣ごもり特需」とみられる現象も起きている。写真は任天堂のゲーム機「ニンテンドースイッチ」の売り場。2017年3月、東京で撮影(2020年 ロイター/Toru Hanai)

平田紀之

[東京 7日 ロイター] - 新型コロナウイルスの感染拡大で日本経済は落ち込みが避けられそうにないが、任天堂のゲーム機の販売が大きく伸びるなど、「巣ごもり特需」とみられる現象も起きている。ただ、感染症の広がりで影響を受けた生産が全面回復せず、今の勢いが続くかどうかは不透明だ。

ゲーム誌「ファミ通」が7日に発表した3月の国内家庭用ゲームソフト・ハードの売り上げデータによると、任天堂の主力ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の販売台数は83万台超だった。昨年の年末商戦の約113万台に次ぐ規模で、前年同月からは実に2.8倍となった。

「ファミ通ゲーム白書」の上床光信編集長は「巣ごもり需要の側面もあるだろう」と分析する。

3月分の集計期間は2月24日─3月29日の5週間。この間は、東京都などの休日の外出自粛要請や、企業によるテレワーク、児童・学生の自宅学習の動きが広がった。

すでにモデル終盤に差し掛かっているソニーのゲーム機「プレイステーション4」も、1月の週当たり販売台数6000─7000台程度に比べ、3月はほぼ倍増した。

スイッチの場合、3月に発売された人気シリーズ「あつまれ どうぶつの森」の最新作が、10日間で約260万8000本を売る大ヒットとなったことも、ハードの売り上げを押し上げた可能性がある。

そしてそのどうぶつの森自体が、巣ごもり需要の恩恵を受けた節がある。過去のシリーズは発売1週目の販売が50─70万本。それが今回は180万本超と大きく伸長した。

<デジカメや双眼鏡は対照的>

巣ごもり需要の兆候は、ゲーム以外にも見られる。調査会社BCN総研によると、テレビに接続してインターネット動画を視聴できるようにする米グーグルの「クロームキャスト」の販売は、2月半ばから前年同週比で伸び、3月最終週には同4倍弱となった。

一方、卒業式や入学式でのニーズが見込まれるデジカメや家庭用ビデオカメラは半減している。コンサートやスポーツ観戦で使う双眼鏡、海外旅行へ持っていく人が増えている音声翻訳機は6─7割減となり、対象的だ。

ニンテンドースイッチは発売から3年を経て再び販売が急拡大した格好で、ゲーム業界関係者に言わせると「異例の事態」だという。エース証券経済研究所の安田秀樹シニアアナリストは、「今買っているのはもともとゲームをしていた人ではなく、本来ゲームをしていなかった人たちだろう。新規ユーザーが掘り起こされているのではないか」と分析する。

<中国生産の一時停止が影響か>

しかし、こうした「巣ごもり市場」の勢いがどれほど続くかはわからない。米アップルのiPadのようなタブレット端末は3月にかけて堅調に推移したが、足元では失速気味だ。

BCN総研の木下智裕部長は「在庫が不足してきたためではないか」と指摘する。家電量販店関係者は「テレワークや自宅学習が広がり、在庫が足りない。次の入荷時期も見えにくい」と話す。

実際、任天堂はこのほど、主力機のスイッチと携帯用のライトの国内出荷を一時停止した。予約分を除いて今週は出荷せず、来週以降については改めて発表するとしている。

任天堂は理由を明らかにしていないが、スイッチの生産を委託している中国の工場は2月、現地での新型コロナ感染拡大を受けて生産が一時的に滞った。生産は再開しているものの、事情に詳しい関係者によると、「まだフル稼働とはいえない」という。

任天堂は昨年からベトナムでも生産しているが、依然として中国での生産比率は高い。エース経済研の安田氏は、「残念ながら4月はそれほど供給できないのではないか」と指摘する。

任天堂の広報担当者はロイターの取材に対し、回答を控えた。

(編集:久保信博)

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(4

ワールド

香港立法会、国歌条例を可決 中国による統制懸念強ま

ビジネス

米アマゾン、印通信バーティ出資で初期段階の協議 2

ワールド

スペイン、6月22日に仏・ポルトガル国境規制を全面

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    トランプの着々と進む「戦争」準備、ワシントン一帯に兵を配備

  • 3

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 4

    世界最速の座から転落 「上海リニア」もはや無用の長…

  • 5

    【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮…

  • 6

    東京都、新型コロナウイルス新規感染28人 4日連続で…

  • 7

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 8

    コロナ禍の世界が熱望する「日本製」 揺るがぬ信頼…

  • 9

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 10

    警官と市民の間に根深い不信が横たわるアメリカ社会…

  • 1

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

  • 5

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 6

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 7

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 8

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 9

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 10

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 3

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 9

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!