ニュース速報

ビジネス

ユーロ圏総合PMI速報値、2月は51.6に改善 予想上回る

2020年02月21日(金)19時57分

[ロンドン 21日 ロイター] - IHSマークイットが発表した2月のユーロ圏総合購買担当者景気指数(PMI)速報値は51.6と、前月の51.3から上昇し、ロイターまとめたすべてのアナリスト予想を上回った。

予想中央値は51.0だった。PMIは50が好不況の分かれ目となる。

IHSマークイットのチーフ・ビジネス・エコノミスト、クリス・ウィリアムソン氏は「新型コロナウイルスで供給面の問題が起きており、多くの企業が様々な混乱に見舞われれているが、ユーロ圏経済は2月も何とか勢いを維持した」と指摘した。

需要は相対的に引き続き良好で、来月悪化することはないとみられる。新規ビジネス指数は、7カ月ぶりの高水準となった1月の51.3を維持した。

ウィリアムソン氏は、今回の調査結果について、域内総生産(GDP)が0.2%増となることを示唆していると分析。今週のロイター調査の予測と一致した。

サービス部門が好調だった。2月のサービス部門PMI速報値は52.8と、前月の52.5から上昇。市場予想を上回った。

需要は底堅く、雇用は引き続き拡大している。ただ雇用の拡大ペースは鈍った。雇用指数は52.6と、前月の53.0から低下した。

2月の製造業PMI速報値は49.1と、約1年ぶりの高水準。ロイターがまとめたすべてのアナリスト予想を上回った。50を下回ったものの、上昇が続いている。前月は47.9だった。

生産指数は48.4で、前月の48.0から上昇。

大半の先行指標が改善した。製造業が回復軌道を維持し、楽観的な見方が続いていることを示唆している。将来の生産に関する指数は57.9と、前月の17カ月ぶり高水準59.8から小幅な低下にとどまった。

ウィリアムソン氏は「拡大の主因は、サービス部門の歓迎すべき底堅さだが、製造業にも、過去1年以上生産者を悩ましている低迷から脱却する心強い兆しが出始めている」と述べた。

予想を上回るPMI統計の発表を受け、ユーロは対ドルで小幅上昇。ドイツ10年債利回りは4カ月ぶりの低水準から反発した。

INGのBert Colijn氏は「新型コロナウイルスの影響の初期の兆しは見られたが、2月のユーロ圏PMIは改善した。特に製造業の不況の震源地となっていたドイツで、製造業に回復の芽が見えた」と述べた。

*内容を追加しました。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

サウジとの減産合意「非常に近い」─ロシア要人=CN

ワールド

安倍首相:緊急事態宣言7日にも発出、経済対策の事業

ワールド

中国本土のコロナ感染者39人増、無症状は78人増 

ワールド

東京都、新たに約100人の感染確認=報道

MAGAZINE

特集:コロナ危機後の世界経済

2020-4・ 7号(3/31発売)

感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

人気ランキング

  • 1

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(4日現在)

  • 2

    新型コロナで都市封鎖しないスウェーデンに、感染爆発の警告

  • 3

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 4

    新型コロナに「脳が壊死」する合併症の可能性

  • 5

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 6

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 7

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 8

    中国からの医療支援に欠陥品多く、支援の動機を疑え…

  • 9

    「アビガン」は世界を救う新型コロナウイルス治療薬と…

  • 10

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 3

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 4

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 5

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 6

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 7

    「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官…

  • 8

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 9

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 10

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 9

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 10

    ついに日本は終わった

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!