ニュース速報

ビジネス

米株反発、S&P7営業日ぶり上昇 ハイテク株に買い戻し

2018年10月13日(土)06時48分

 10月12日、米国株式市場は反発。前日まで6営業日続落していたS&P総合500種は約1.4%上昇した。ニューヨーク証券取引所で撮影(2018年 ロイター/Brendan McDermid)

[ニューヨーク 12日 ロイター] - 米国株式市場は反発して取引を終えた。前日まで6営業日続落していたS&P総合500種<.SPX>は約1.4%上昇した。第3・四半期の決算シーズンを控えて買い戻しが見られ、テクノロジー株は1週間にわたる下げから反発した。

S&P情報技術株指数<.SPLRCT>は3.2%高で、3月26日以来の上昇率となった。それでも、週間の下落率は3月末以来の大きさ。

オークブルック・インベストメンツの共同最高投資責任者(CIO)、ジャンナ・サンプソン氏は「高成長企業の株が売られ過ぎとみて、買いが入っている。決算が始まる来週を前に買い意欲が出た」と指摘。

「もし決算内容が良く、貿易を巡る悪いニュースがなければ、この上昇は持続可能だろう。貿易のニュースが不確定要素だ」とも述べた。

テクノロジーセクターは大きく上げ、アップルとマイクロソフトはそれぞれ3%超上昇。銀行決算でクレジットカード会社の好調な業績が示され、ビザとマスターカードも5%近く上げた。

S&P銀行株指数<.SPXBK>は0.4%安で終了したが、この日の安値からは大幅に戻した。この日はJPモルガン・チェース、シティグループ、ウェルズ・ファーゴ(Wファーゴ)が決算を発表。JPモルガンは利益が予想を上回ったものの1%下落。一方、シティは2.1%、Wファーゴは1.3%それぞれ上昇した。

今週大きく売られたネットフリックスとアマゾン・ドット・コムは、それぞれ5.7%と4.0%上昇した。

ニューヨーク証券取引所では値上がり銘柄数が値下がり銘柄数を1.38対1の比率で上回った。ナスダックでは1.51対1で値上がり銘柄数が多かった。

S&P総合500種構成銘柄を見ると、52週高値を更新した銘柄はなく、52銘柄が新安値を付けた。ナスダック総合構成銘柄では10銘柄が新高値を更新し、234銘柄が新安値を付けた。

米取引所の合算出来高は89億1000万株で、直近20営業日の平均は77億8000万株を上回ったが、出来高が膨らんだここ2日からは大きく減少した。

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 25339.99 +287.16 +1.15 25407.6 25467. 25000. <.DJI>

3 55 83

前営業日終値 25052.83

ナスダック総合 7496.89 +167.83 +2.29 7507.84 7516.6 7368.3 <.IXIC>

9 3

前営業日終値 7329.06

S&P総合500種 2767.13 +38.76 +1.42 2770.54 2775.7 2729.4 <.SPX>

7 4

前営業日終値 2728.37

ダウ輸送株20種 10489.29 +92.06 +0.89 <.DJT>

ダウ公共株15種 723.61 +0.24 +0.03 <.DJU>

フィラデルフィア半導体 1253.58 +24.22 +1.97 <.SOX>

VIX指数 21.31 -3.67 -14.69 <.VIX>

S&P一般消費財 865.58 +18.20 +2.15 <.SPLRCD>

S&P素材 337.46 +1.40 +0.42 <.SPLRCM>

S&P工業 621.50 +3.39 +0.55 <.SPLRCI>

S&P主要消費財 539.23 +2.82 +0.53 <.SPLRCS>

S&P金融 439.16 +0.43 +0.10 <.SPSY>

S&P不動産 190.64 -0.13 -0.07 <.SPLRCRE

C>

S&Pエネルギー 540.51 +1.64 +0.30 <.SPNY>

S&Pヘルスケア 1054.06 +15.35 +1.48 <.SPXHC>

S&P通信サービス 152.11 +3.09 +2.08 <.SPLRCL>

S&P情報技術 1243.12 +37.98 +3.15 <.SPLRCT>

S&P公益事業 268.80 +0.17 +0.06 <.SPLRCU>

NYSE出来高 10.10億株 <.AD.N>

シカゴ日経先物12月限 ドル建て 22590 - 60 大阪比 <0#NK:>

シカゴ日経先物12月限 円建て 22550 - 100 大阪比 <0#NIY:>

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

MAGAZINE

特集:弾圧中国の限界

2019-6・25号(6/18発売)

ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

人気ランキング

  • 1

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤ったか

  • 2

    タンカー攻撃、イラン犯行説にドイツも異議あり

  • 3

    石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない理由

  • 4

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 5

    本物のバニラアイスを滅多に食べられない理由――知ら…

  • 6

    年金問題「老後に2000万円必要」の不都合な真実

  • 7

    老後資金二千万円問題 100年あんしん年金の最大の問…

  • 8

    難民を助ける「英雄」女性船長を、イタリアが「犯罪…

  • 9

    「香港は本当にヤバいです」 逃亡犯条例の延期を女…

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 1

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 2

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 3

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 6

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 7

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 8

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 9

    日本の重要性を見失った韓国

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 8

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 9

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 10

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!