ニュース速報

ビジネス

アングル:カナダの不動産、値ごろ感から外国人投資家が殺到

2016年01月26日(火)14時21分

 1月25日、カナダでは外国人投資家がスキーシャレーなど不動産物件の購入に動いている。過去2年間のカナダドル安で物件が割安となったためだ。昨年6月トロント北部で撮影(2016年 ロイター/Mark Blinch )

[モントリオール/エドモントン 25日 ロイター] - カナダでは外国人投資家がスキーシャレーなど不動産物件の購入に動いている。過去2年間のカナダドル安で物件が割安となったためだ。

カナダドルの対米ドル相場は2013年以来で25%下落。とりわけエネルギー産業が集中する観光地のアルバータ州は原油安の影響で住宅価格が下がり、物件の値ごろ感が強い。

ニューヨークの情報技術(IT)会社のオーナーであるデーブ・スミス氏はアルバータ州で物件を探している。「今カナダの不動産に投資しないのはばかげでいる。値上がりは時間の問題だからだ」と話す。

キャンモアやバンフなどアルバータ州の高地にある風光明媚な都市の不動産業者は、地元の買い手不在を外国人投資家によって穴埋めできるのではないかと期待を寄せている。アルバータ州の失業率は2010年以来の高水準だ。

サザビーズ・インターナショナル・リアルティのクリスチャン・デュボワ氏によると、半年前まで引き合いは皆無だった。今は「問い合わせが入り始め、ものすごい件数だ」という。

最も引き合いが増えたのは米国と英国の顧客で、これほどの盛り上がりは2000年代の半ば以来だという。

外国の富裕層は隣接するブリティッシュコロンビア州でもスキーリゾート地の物件を購入している。同州では、アジアマネーが主要都市バンクーバーの住宅市場を押し上げているとされている。

一部の投資家はカナダの不動産を利回りの低下した債券や値動きの激しい株式に代わる魅力的な投資先と位置付けており、商用不動産にも恩恵が及んでいる。

リアルネットカナダのデータによると、トロントの商用不動産に対する昨年の外国人投資は約11億カナダドル(7億7459万米ドル)と、07年以来の高水準だった。このうち金額が100万カナダドル以上の案件は39件で、全体の90%はカナダドル安が加速した下半期に集中していた。

関係筋によると、バンクーバーでは欧州の富豪であるクラウス・ミハエル・キューネ氏がブルックフィールド・カナダ・オフィス・プロパティーズからオフィスビルのロイヤル・センターを4億2000万カナダドルで購入する。この地域でのオフィスビルの購入金額としては過去最高だという。

キューネ氏の代理人とブルックフィールドの広報担当者はコメントを避けた。

一方、2000年代初頭のカナダドル安時にカナダで休暇用の物件を購入したものの、世界金融危機で手放さざるを得なかった米国の一部の買い手が及び腰なのも確かだ。

湖が点在し富裕層や著名人の大型コテージが集中するトロント北部のマスコーカでは住宅の改装が盛んだ。

不動産代理店を経営するボブ・クラーク氏は「マスコーカに物件を保有する米国人が大規模なリフォームを進めている。カナダドル安が理由だ」と話した。

ロイター
Copyright (C) 2016 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

イタリア連立協議難航、ベルルスコーニ氏は五つ星運動

ビジネス

物価2%は道半ば、達成まで金融緩和継続─黒田日銀総

ワールド

中国、北朝鮮からの1─3月輸入は人民元建てで前年比

ワールド

北朝鮮の交通事故で中国人旅行客に多数の死者=中国外

MAGAZINE

特集:技能実習生残酷物語

2018-4・24号(4/17発売)

アジアの若者に技術を伝え、労働力不足を解消する制度がなぜ「ブラック現場」を生むようになったのか

人気ランキング

  • 1

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 2

    中国市場依存のドイツが味わう「ゆでガエル」の恐怖

  • 3

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 4

    空自F2後継機、米ローキードがF22・35ベースの開発打…

  • 5

    対北朝鮮融和に一直線、韓国文政権の「検閲」が始ま…

  • 6

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

  • 7

    世界で50年ロングセラーのバッグが、なぜ今の日本人…

  • 8

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 9

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 10

    「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機内はまるで満員電車?

  • 3

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 4

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 5

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 6

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 7

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 8

    金正恩は「裏切り」にあったか......脱北者をめぐる…

  • 9

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

  • 10

    アマゾン・エコーが、英会話の練習相手になってくれた

  • 1

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 2

    ユーチューブ銃撃事件の犯人の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」 

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    「金正恩を倒せ!」落書き事件続発に北朝鮮が大慌て

  • 5

    金正恩が習近平の前で大人しくなった...「必死のメモ…

  • 6

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 7

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 8

    「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

  • 9

    2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

  • 10

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ 日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!