ニュース速報

欧州市場サマリー(14日)

2019年06月15日(土)05時39分

[14日 ロイター] - <ロンドン株式市場> 反落して取引を終えた。中国の軟調な指標を受けてアジアへのエクスポージャーが高い銘柄が売られた。住宅建設部門を割安価格で売却すると報道された不動産・建設のキアー・グループも大幅安だった。

アジアへのエクスポージャーが高い金融株は今週、香港で「逃亡犯条例」改正案を巡る大規模なデモが起きたことにより既に打撃を受けてきた。この日発表された中国の5月の鉱工業生産が約17年ぶりの低い伸びとなったことで長引く米中貿易摩擦の影響が浮き彫りとなり、こうした金融株が一段安となった。金融大手HSBCと保険大手プルーデンシャルはFTSE100種の大きな押し下げ要因となった。

キアー・グループは35.5%急落し、過去最安値をつけた。債務削減に向けて住宅建設部門を割安価格で売却するとの英タイムズ紙の報道が材料視された。

FTSE350種住宅建設株指数<.FTNMX3720>は1.17%低下した。メイ英首相の後任を決める与党・保守党の党首選の第1回投票で欧州連合(EU)からの強硬離脱派、ジョンソン前外相が首位に立ち、英国が合意なしに離脱するとの懸念が重しとなった。

小型株では人材紹介のエススリーが4.2%上昇した。海外市場の底堅い業績が奏功し、手数料の純収益が増えたことが好感された。

<欧州株式市場> 反落して取引を終えた。通商政策に左右されやすいテクノロジー銘柄が売られ、全体水準を押し下げた。

米半導体大手ブロードコムが通期の売上高見通しを20億ドル引き下げ、米中貿易摩擦のほか、中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)に対する輸出規制が要因だと述べた。

欧州株式市場で同業銘柄がつれ安となり、ダイアログ・セミコンダクターとSTマイクロエレクトロニクス、シルトロニック、AMSは2.5%から7.6%下落した。STOXX欧州600種テクノロジー株指数<.SX8P>は1.78%低下した。

スイスを拠点に置くコンサルタント会社DKSHは1.6%下落。クレディスイスが投資判断を「アンダーパフォーム」に引き下げたことが嫌気された。

ただ今週は、欧州や米国の中央銀行が緩和的な政策を導入して5月の株安要因だった成長懸念を和らげるとの期待が相場を押し上げた。STOXX欧州600種指数<.STOXX>は週間ベースで0.35%上昇し、2週連続で伸びた。

<ユーロ圏債券> ドイツ10年債利回りが過去最低となったほか、スペイン10年債利回りが初めて0.5%を下回った。中国の軟調な経済指標を受け、貿易摩擦の影響を巡る懸念や利下げ期待が高まった。

中東のホルムズ海峡付近で日本のタンカーなど2隻が攻撃を受けたことを背景に不透明感が強まったことも安全資産への買いにつながった。ドイツ2年債利回りは約1年ぶりの低水準。

中国国家統計局が発表した5月の鉱工業生産は約17年ぶりの低い伸びとなり、貿易問題で米国からの圧力が強まる中、需要の減少が鮮明になった。

世界経済が鈍化しているとの兆候が新たに示され、中銀に対する緩和圧力が増している。スイス国立銀行(中央銀行、SNB)のジョルダン総裁は13日、外為市場の動向は「脆弱」とし、緩和策とマイナス金利を維持するとともに、必要に応じて引き続き市場介入する方針も示した。

足元のユーロ圏金融市場は、欧州中央銀行(ECB)が来年中に10ベーシスポイント(bp)の利下げを実施することを完全に織り込んでいる。

大和証券キャピタル・マーケッツの経済調査部門責任者、クリス・シクルナ氏は「中国の経済指標、特に鉱工業生産の数値が失望的で、債券市場にさらなる勢いをもたらした」と述べた。

ドイツ10年債利回りは2.5bp超低下しマイナス0.27%と過去最低を記録。15年債利回りもマイナス0.06%と過去最低を更新した。

ユーロ圏全体では10年債利回りが3─6bp低下。フランスやオランダの長期債利回りも過去最低が視野に入っている。

スペイン10年債利回りは0.495%と過去最低を付けた。前年末は1.4%付近だった。

リフィニティブのデータによると、スペイン10年債利回りは8週連続で低下し、約25年間で最長となる見通し。

イタリア10年債利回りは6bp低下の2.31%。

ユーロ圏のインフレ期待を示す指標である5年先スタート5年物フォワードレートは4.5bp低下の1.14%と過去最低になった。

<為替> 欧州終盤 アジア市場終盤 コード

ユーロ/ドル    1.1216 1.1282

ドル/円 108.44 108.19

ユーロ/円 121.63 122.08

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終値 コード

STOXX欧州600種 378.81 -1.52 -0.40 380.33 <.STOXX>

FTSEユーロファースト300種 1490.84 -5.38 -0.36 1496.22 <.FTEU3>

DJユーロSTOXX50種 3379.19 -11.31 -0.33 3390.50 <.STOXX50E>

FTSE100種 7345.78 -22.79 -0.31 7368.57 <.FTSE>

クセトラDAX 12096.40 -72.65 -0.60 12169.05 <.GDAXI>

CAC40種 5367.62 -8.01 -0.15 5375.63 <.FCHI>

<金現物> 午後 コード

値決め 1351.25

>

<金利・債券>

米東部時間13時56分

*先物 清算値 前日比 前営業日終盤 コード

3カ月物ユーロ 100.32 0.00 100.32

独連邦債2年物 112.16 +0.03 112.13

独連邦債5年物 134.09 +0.05 134.04

独連邦債10年物 171.78 +0.24 171.54

独連邦債30年物 200.82 +1.54 199.28

*現物利回り 現在値 前日比 前営業日終盤 コード

独連邦債2年物 -0.684 -0.018 -0.664

独連邦債5年物 -0.604 -0.010 -0.594

独連邦債10年物 -0.254 -0.014 -0.242

独連邦債30年物 0.325 -0.038 0.357

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

英とEU、離脱協定案修正で合意 英議会可決は不透明

ビジネス

米鉱工業生産、9月は製造業0.5%低下 GMストが

ビジネス

20年の独GDP成長率見通し、1.0%に引き下げ=

ワールド

英EU離脱巡る不透明性解消、世界経済に恩恵=世銀総

MAGAZINE

特集:AI vs. 癌

2019-10・22号(10/16発売)

ゲノム解析と人工知能で最適な治療薬を発見する究極の癌治療が人類を「最後の敵」から救う日

人気ランキング

  • 1

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 2

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵......で起きていたこと

  • 3

    ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

  • 4

    ラグビーW杯で考えさせられる、日本の「おもてなし力」

  • 5

    日本と韓国の危険なゲームが世界経済を殺す

  • 6

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が…

  • 7

    韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からス…

  • 8

    トルコの侵攻を黙認する見返りに、米国、ロシア、シ…

  • 9

    消費税ポイント還元の公式アプリが「使えない」理由

  • 10

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 1

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 2

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描いた被害者の肖像

  • 3

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 4

    ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

  • 5

    韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からス…

  • 6

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵...…

  • 7

    日本に巣食う「嫌韓」の正体

  • 8

    日本が「生産性が低すぎる国」になった五輪イヤー 衰…

  • 9

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 10

    ラグビー日本代表「多様性ジャパン」は分断と対立を…

  • 1

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

  • 2

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

  • 3

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわか…

  • 6

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 7

    「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

  • 8

    米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

  • 9

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 10

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!