ニュース速報

ケイン氏がFRB理事指名を辞退、報酬減と影響力低下が理由

2019年04月23日(火)07時54分

[22日 ロイター] - トランプ米大統領が連邦準備理事会(FRB)理事への指名を検討していた元ピザチェーン経営者、ハーマン・ケイン氏が22日、指名を辞退した。保守系ニュースサイト「ウェスタン・ジャーナル」に掲載したコメントで明らかにした。

ケイン氏はFRB理事就任に伴う影響力の低下と報酬の減少を辞退の理由に挙げた。

ケイン氏を巡っては今月11日時点で、共和党の上院議員4人がFRB理事指名に反対する意向を示し、指名承認に必要な支持が得られない可能性が高まっていた。[nL3N21T4OI]

ケイン氏は、当初は指名を辞退しない考えだったとした上で、「週末の間に、指名を引き受けることのコストが重くのしかかり始めた」と説明。「また、(理事就任で)政策にわずかなインパクトを与える代わりに、自身の影響力がかなり失われるのではないかとも考え始めた」とした。

ケイン氏はツイッターやラジオ番組を介して保守系のコメントを日々配信しているほか、講演も頻繁に行っている。FRB理事に就けば、こうした活動は禁じられる。

ケイン氏はまた、FRB理事就任に伴う報酬の減少についても触れ、これほどの減給を受け入れるよう求められれば誰でも断るとの見解を示した。

トランプ大統領は22日、ケイン氏のコメントに先だち、ケイン氏が指名検討を辞退したことを明らかにしていた。

大統領は「友人であるハーマン・ケイン氏は実に素晴らしい人物だが、同氏からFRB理事候補に指名しないよう要請があった。ケイン氏の意思を尊重したい。ケイン氏は偉大な米国民で、心から米国を愛している!」とツイートした。

ケイン氏は22日時点でコメントを求める電話取材に応じなかった。

トランプ大統領はケイン氏のほかに保守系経済評論家のスティーブン・ムーア氏のFRB理事指名も検討。エコノミストの間からは、トランプ氏に近い人物をFRBに理事として送り込むことに懸念の声が上がっている。

この日は複数の民主党議員が、ムーア氏もFRB理事の候補から外す必要があるとの見解を表明。民主党のシューマー上院院内総務は、ムーア氏もケイン氏と同様にFRB理事に必要な適性は備えていないとし、「(ケイン氏が)適切な支持を得られなかったことが、上院共和党によるムーア氏の承認につながるようなことがあってはならない」と警告。ムーア氏は「米国の経済安定を脅威にさらす」とし、上院で過半数を握る共和党に対しムーア氏のFRB理事指名検討を排除するよう呼び掛けた。

ムーア氏はコメントを求める電子メールに返信していない。

*内容を追加して再送します。

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

米失業保険申請87万件、予想超える増加 コロナ禍回

ワールド

中国当局、「反中」豪研究者2人の入国禁止=環球時報

ビジネス

独IFO業況指数、9月は93.4で5カ月連続の改善

ワールド

北朝鮮、行方不明の韓国人男性を射殺し燃やす=韓国軍

MAGAZINE

特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

2020-9・29号(9/23発売)

新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

人気ランキング

  • 1

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 2

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮想「東シナ海戦争」の結末

  • 3

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 4

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 5

    シンガポール、新型コロナ死亡率が0.05%と世界最少…

  • 6

    中国人に同化されゆく内モンゴルの問題は内政問題に…

  • 7

    日本人はたぶん知らない、日本の定期券がちょっと残…

  • 8

    台湾有事を想定した動画を中国軍が公開

  • 9

    なぜ日本は「昭和」のままなのか 遅すぎた菅義偉首…

  • 10

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の…

  • 5

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 6

    拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

  • 7

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 8

    2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

  • 9

    金正恩が「飲み会で政策批判」のエリート経済官僚5人…

  • 10

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

  • 3

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 4

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像と…

  • 5

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 6

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 7

    撃墜されたウクライナ機、被弾後も操縦士は「19秒間…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!