コラム

遠藤誉の毛沢東講義@ワシントンDC 遠藤誉
遠藤誉の毛沢東講義@ワシントンDC 遠藤誉

中国大陸ネットに「日本軍と共謀した毛沢東」の独自評論出現

 先日、中国大陸のネット空間に「日本軍と共謀した毛沢東と中共スパイ」に関する記事があるのを知った。筆者とは全く関係なく行なわれた分析だ。教え

2016.10.20
遠藤誉の毛沢東講義@ワシントンDC 遠藤誉

中国覇権の背景に歴史捏造――ワシントン・シンポでも認識共有

 中国による尖閣諸島への挑発行為が加速している。東シナ海のみならず南シナ海における覇権に関しても、共通しているのは背景に中国共産党による歴史

2016.10.11
遠藤誉の毛沢東講義@ワシントンDC 遠藤誉

遠藤誉から、大陸へのメッセージ

<先月20日、ワシントンで「中国共産党、歴史との闘い」と題するシンポジウムが開催された。筑波大学名誉教授で中国に関する著書を多数もつ遠藤誉が

2016.10.04
遠藤誉の毛沢東講義@ワシントンDC 遠藤誉

ワシントン毛沢東シンポ報告――映し出した危機感と無防備

 アメリカの共和党系シンクタンクProject2049が開催した国際シンポ「中国共産党と歴史戦」は9月20日、ワシントンで無事閉幕した。中国

2016.09.26
遠藤誉の毛沢東講義@ワシントンDC 遠藤誉

『中共壮大之謎』(中国共産党が強大化した謎)――歴史を捏造しているのは誰か?

 中国大陸に住む謝幼田氏は『中共壮大之謎』(明鏡出版)という本を書いている。その日本語版『抗日戦争中、中国共産党は何をしていたか』(草思社)

2016.09.12
遠藤誉の毛沢東講義@ワシントンDC 遠藤誉

ワシントンで「毛沢東」国際シンポジウム――日本軍と共謀した事実を追って

 今年9月20日、ワシントンDCの記者クラブで「日中戦争中に日本軍と共謀していた毛沢東」に関する国際シンポジウムが開催される。毛沢東没後40

2016.09.05
遠藤誉の毛沢東講義@ワシントンDC 遠藤誉

人民が党の真相を知ったら、政府を転覆させるだろう――1979年、胡耀邦元総書記

 その死が天安門事件のきっかけとなった胡耀邦・元総書記は、かつて、「中国人民がもし中国共産党の歴史の真相を知ったら、必ずわれわれの政権を転覆

2016.08.31
  • 1

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    なぜ日本男子は世界で唯一、女性より幸福度が低くなるのか?

  • 3

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

  • 4

    「謝らない謝罪」が日本で蔓延している

  • 5

    東京五輪、視聴率苦戦の根本理由

  • 6

    米病院で開会した「もう一つのオリンピック」と、小…

  • 7

    地球帰還のベゾス氏、空気を読まない発言に怒りが集…

  • 8

    コーチもいないオーストリアの数学者が金メダル、自…

  • 9

    愛妻にバラバラ死体にされた日系御曹司...猟奇殺人事…

  • 10

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 3

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手、審判の指摘に絶句

  • 4

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 5

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 6

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 7

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 8

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

  • 9

    東京五輪、視聴率苦戦の根本理由

  • 10

    地球帰還のベゾス氏、空気を読まない発言に怒りが集…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 4

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 5

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 6

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 7

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 8

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 9

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

  • 10

    ある日突然「人工透析です」と告げられたら? 高血圧、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中