コラム

「日本の人々が立ち上がる姿を何度も見てきた」...ジョージア大使が父から聞いた「震災の記憶」と能登半島地震への思いとは

2024年02月17日(土)10時00分
ティムラズ・レジャバ(駐日ジョージア大使)
阪神淡路大震災1.17のつどい

BUDDHIKA WEERASINGHE/GETTY IMAGES

<直接的にも間接的にも多くの地震を経験してきた、日本育ちの大使。神戸での追悼式典に向かう前日に父から初めて聞かされた話、そして復興を支える2点について>

日本で暮らすなかで避けて通れないものの1つが地震だ。自然災害の中でも予期して備えることが特に難しく、日本列島周辺で発生する地震はその規模も大きい。

日本育ちの私も直接的にも間接的にも多くの地震を経験し、その被害の大きさにいつも胸が締め付けられる思いをしてきた。

自然災害は起こらないに越したことはない。しかし、その災害の中から垣間見えてくる、人々の勇気や希望は逆説的ながらも壮大なものだ。

今年、神戸で毎年開催されている「阪神淡路大震災1.17のつどい」に初めて出席した。あの1995年1月17日、私たち家族は広島で暮らしていた。

当時、私は7歳だったため、震災の記憶はさほど鮮明には残っていない。しかし今回、神戸に向かう前日に父に電話したときに初めて聞かされた話を紹介させてほしい。

阪神・淡路大震災の当日、広島大学の大学院生だった父は、研究室のテレビにクギ付けになる仲間たちのいつもとは異なる様子に、日本語が十分に分からないながらも、事の深刻さを理解したという。

そこで母と相談し、募金だけでもしたいと金融機関に義援金を納めたそうだ。もちろん当時は学生だったため、本当に心ばかりのわずかな額だった。

しかし、それからしばらくたってから、義援金に対するお礼の手紙が両親の元に届いた。旧ソ連生まれの父は、お金の流れについては一般市民があずかり知らぬ世界で育っている。

そんな父の元に自分のお金が必要とされている人のところにしっかり届けられ、活用されているという知らせが来たことは驚天動地のことであった、と。困難や苦境にあっても、お礼を欠かさない、その心配りに胸を打たれたと話してくれた。

「優しさ」と「強さ」は似ている。この2つがあったからこそ、ここまで復興を遂げたのだと、参加した「阪神淡路大震災1.17のつどい」で考えていた。そして、ジョージア語なまりの日本語で「さすが日本人!」と言う、いつもの父の声が頭の中に響いた。

大学時代に東日本大震災を東京で経験したことには前回の本コラムでも言及したが、実は今回、能登半島地震も間接的ながらに経験した。

1月1日、私たち家族は新幹線で金沢に向かっていた。昨年10月、仕事で行った北陸に次は家族をぜひ連れて行きたいと思い、12月初旬に石川県への家族旅行を決めていた。

他の予定の兼ね合いから皇居で開催された「新年祝賀の儀」に出席後の出発とした。「もう、この日程で予約してもいいよね?」と言う私に「いいわよ。でも、何があるかは分からないよね」と妻が返してきた言葉の意味を、今となっては考え込んでしまう。

プロフィール

外国人リレーコラム

・石野シャハラン(異文化コミュニケーションアドバイザー)
・西村カリン(ジャーナリスト)
・周 来友(ジャーナリスト・タレント)
・李 娜兀(国際交流コーディネーター・通訳)
・トニー・ラズロ(ジャーナリスト)
・ティムラズ・レジャバ(駐日ジョージア大使)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

バイデン政権、27.7万人の学費ローン74億ドルを

ワールド

焦点:ナスカのミイラが「宇宙人」に、止まらぬ古代遺

ワールド

政治の信頼回復と先送りできない課題以外考えず=解散

ビジネス

USスチール株主総会、日鉄による買収計画を承認 9
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:オッペンハイマー アメリカと原爆
特集:オッペンハイマー アメリカと原爆
2024年4月16日号(4/ 9発売)

アカデミー作品賞映画がアメリカに突き付けた、埋もれた記憶と核兵器のリアル

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 3

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...当局が撮影していた、犬の「尋常ではない」様子

  • 4

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 5

    『オッペンハイマー』:被爆者イメージと向き合えな…

  • 6

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 7

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 8

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 9

    温泉じゃなく銭湯! 外国人も魅了する銭湯という日本…

  • 10

    猫がニシキヘビに「食べられかけている」悪夢の光景.…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入、強烈な爆発で「木端微塵」に...ウクライナが映像公開

  • 3

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 4

    NewJeans、ILLIT、LE SSERAFIM...... K-POPガールズグ…

  • 5

    ドイツ空軍ユーロファイター、緊迫のバルト海でロシ…

  • 6

    ドネツク州でロシアが過去最大の「戦車攻撃」を実施…

  • 7

    米スポーツライターが断言「大谷翔平は被害者。疑問…

  • 8

    金価格、今年2倍超に高騰か──スイスの著名ストラテジ…

  • 9

    ロシアの隣りの強権国家までがロシア離れ、「ウクラ…

  • 10

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 3

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の瞬間映像をウクライナ軍が公開...ドネツク州で激戦続く

  • 4

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 5

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 6

    野原に逃げ出す兵士たち、「鉄くず」と化す装甲車...…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 9

    ケイティ・ペリーの「尻がまる見え」ドレスに批判殺…

  • 10

    『オッペンハイマー』日本配給を見送った老舗大手の…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story