最新記事

カタールW杯

韓国戦ゴールラッシュのブラジル、歓喜の舞にチッチ監督も加わる「チームの結束のため」

World Cup: Neymar And Teammates Show Off Choreographed Dance Moves After Scoring [Watch]

2022年12月7日(水)20時15分
サクシ・グプタ

ゴールを祝うブラジル代表の選手たち(12月5日) Carl Recine-REUTERS

<韓国を相手に4得点の圧勝。初戦で負傷したネイマールも復帰し、チームの雰囲気は最高潮>

現地時間月曜に行われたカタールW杯ラウンド16の韓国との一戦で、ブラジル代表の選手たちとチッチ監督は振り付けをしたダンスを披露。

この試合、ブラジルはネイマール、ヴィニシウス・ジュニオール、リシャルリソン、ルーカス・パケタがゴールを決め、前半で4-0とリードを広げた。韓国はペク・スンホが得点するも、最終的には4-1で試合終了。

今大会3ゴールを挙げているリシャルリソンは、得点ランキング首位のフランス代表FWキリアン・エムバペ(5ゴール)に次ぐ2位に位置付けている。

また、足首の負傷でグループリーグの2試合を欠場していたパリ・サンジェルマン(PSG)のストライカー、ネイマールの活躍も大きな追い風となった。ネイマールは得点だけでなく、ヴィニシウスのゴールもアシストした。

ブラジル代表として通算76ゴールを挙げているネイマールは、同国の「伝説」ペレの持つ歴代記録にあと1つと迫っている。

グループステージでは、カメルーンを相手に0-1とショッキングな敗戦もあったが、ブラジルは依然としてワールドカップの優勝候補の一角であり、韓国戦でのパフォーマンスがそのことを裏付けた。


ゴール後のダンスは「チームを結束させるため」

ゴールラッシュとなったこの試合では、得点のたびにタッチライン際で派手な振り付けのダンスを披露。3点目のセレブレーションには監督のチッチも加わり、選手とともに盛り上がった。

"鳩ダンス"について、チッチは「あくまでチームの結束を強めるため」と述べている。

「私は選手たちに合わせようとしている。彼らはとても若く、踊ったり、冗談を言ったり、動きを作ったりするのが好きだ。彼らに、私もその動きを学ばないといけないと言われた」

ブラジルの圧勝後、チッチは記者団に対し、「無礼だと言う人もいるだろう。常にカメラがあることは分かっているし、誤解されたくなかった」と語った。

【動画】選手たちと一緒に「鳩ダンス」を踊るも、真顔なチッチ監督

20230207issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2023年2月7日号(1月31日発売)は「日本のヤバい未来2050」特集。『未来の年表』河合雅司:人口減少の業界大予測/ケン・リュウ(SF作家):書き下ろし未来小説/ドミニク・チェン(情報学者):「老人支配」打破の処方箋

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

FBIがバイデン氏の別荘を捜索、機密文書見つからず

ビジネス

米フェデックス、役員・取締役を10%削減へ コスト

ワールド

EU、「グリーン」産業支援策を提案 米中に対抗

ワールド

トルコ、スウェーデンのNATO加盟支持せず=エルド

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:日本のヤバい未来 2050

2023年2月 7日号(1/31発売)

ジャーナリズム・アカデミズム・SFで読み解く人口減少ニッポンの実像(カバーイラスト:東京幻想)

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    緑のZTF彗星がまもなく地球に最接近(2月2日)どうやって見る?

  • 3

    12歳子役の「最低主演女優賞」候補入りに批判殺到 子供のノミネートは過去にも

  • 4

    「服と関係ない」「不快」 裸のモデルの胸に手術跡..…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    卵1パック974円──アメリカで超高級食材になってしま…

  • 7

    本を読まないヘンリー王子の回顧録は「文学作品とし…

  • 8

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線を…

  • 9

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 10

    ロシア、ウクライナ東部バフムト近郊で攻勢強める …

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 3

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距離感が「気持ち悪い」と話題に

  • 4

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線を…

  • 5

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を…

  • 6

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家…

  • 7

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 8

    英国の伝統を侮辱? メーガン「ふざけたお辞儀」に大…

  • 9

    ロシアが誇る最新鋭T-14戦車ついに戦場へ? だが現場…

  • 10

    日本が「新しい戦前」にあるかは分からないが、戦前…

  • 1

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 2

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 3

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    飼い主が目を離した隙にハンバーガーを食べ、しらを…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 8

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 9

    現役医師が断言「血液型と性格は関係ないし、自分の血…

  • 10

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2023年2月
  • 2023年1月
  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月