最新記事

ウクライナ戦争

サイバー攻撃で「ロシア圧勝」のはずが...人類初のハイブリッド戦争はなぜ大失敗した?

A WAR OF CYBER SUPERPOWERS

2022年9月22日(木)17時40分
山田敏弘(国際情勢アナリスト)

ロシア軍の情報機関GRUで演説するプーチン大統領 ALEXEI DRUZHININーKREMLINーSPUTNIKーREUTERS

<ロシアがウクライナに苦戦することになった重要な原因の1つは、「サイバー大国」として圧倒的な力を誇るはずの「電脳戦争」での大誤算にあった>

※2022年9月27日号(9月20日発売)は「ウクライナ サイバー戦争」特集。ロシア大苦戦の裏に、世界が知らないもう1つの戦場が......。西側ハッカー連合vs.ロシア軍の攻防を描く。

―――

今年7月21日の午後1時、ウクライナの大手ラジオ局「TAVRメディア」の2つのチャンネルからこんな放送が流れた。

「ウォロディミル・ゼレンスキー大統領が病院に運ばれて、深刻な状態にある。集中治療室に入っており、大統領の仕事はウクライナ最高議会の議長が引き継ぐ」

この放送内容は完全な嘘だった。ゼレンスキーは夕方にSNSのインスタグラムにこのラジオ放送がデタラメであると説明する動画をアップ。同ラジオ局はロシアのハッカーからとみられるサイバー攻撃によって乗っ取られ、フェイクニュースが流されたのだった。

この1カ月ほど前の6月8日には、反対にロシアのラジオ局がウクライナ側のハッカーに乗っ取られて、ウクライナ国歌と戦争反対の歌が流れる事態になった。ゼレンスキーに関するフェイクニュースは、それに対する報復ともみられている。

こうした工作は、2月24日に始まったロシアのウクライナ侵攻の後に続発している情報工作やサイバー攻撃の一例にすぎない。

今回の侵攻前から、ロシアがウクライナを侵攻する際には大規模なサイバー攻撃を圧倒的な力で実施することが予想されていた。ロシアには世界有数のサイバー攻撃能力があると言われてきたからだ。

ところが、いざ侵攻が始まると、現場でロシア軍の能力の低さが露呈したのと同じく、サイバー攻撃も鳴りを潜めているように見受けられた。事実、専門家の中にもなぜサイバー攻撃が起きないのかと首をかしげる者も少なくなかった。

しかし実際には、ロシアとウクライナの衝突の裏で、サイバー攻撃の応酬という「見えない戦争」は繰り広げられていた。

「サイバー大国」ロシアは今回、確かに史上初めて、正規戦だけでなく非正規戦やサイバー攻撃などを組み合わせた「ハイブリッド戦争」をウクライナに仕掛けている。それが戦前に警戒されていたほど効果を表していないのは、ウクライナ側が時にロシアに負けないサイバー防衛能力を発揮しているからだ。そしてその事実は、リアルな世界での正規戦でロシア軍が予想外の苦戦を強いられる大きな要因にもなっている。

220927p18_YDH_04.jpg

米サイバー軍司令官のナカソネ陸軍大将 WIN MCNAMEE/GETTY IMAGES

米サイバー軍司令官のポール・ナカソネ陸軍大将は5月4日、テネシー州の大学で講演を行い、「ロシアからはサイバー攻撃など何も起きていないという見方は間違いだ」と断言した。「いくつもの破壊的な攻撃が起きている。ウクライナの衛星コミュニケーションも攻撃された」

ラジオ局乗っ取りのような敵を攪乱する目的の「情報工作」から、戦闘として行われるインフラなどに対する深刻な攻撃に至るまで、ネット空間でのウクライナとロシアの「サイバー戦争」とはいったいどのようなものなのか。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

アングル:「何もかも高い」、米国への旅行者がドル高

ワールド

アングル:コロナで豪ネットギャンブル大盛況、損失は

ワールド

ロシアの4州「併合」宣言をG7非難、ウクライナはN

ビジネス

中国、国有銀に不動産業界の支援を要請 840億ドル

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング