最新記事

選挙

スペイン、カタルーニャ州議会選で独立派が過半数 混乱は長期化か

2017年12月22日(金)14時45分

12月21日、スペイン北東部カタルーニャ自治州で実施された州議会選挙(議席数135)で、開票率52%の段階で独立賛成派が70議席を獲得した。(2017年 ロイター/Albert Gea)

スペイン北東部カタルーニャ自治州で21日に実施された州議会選挙は即日開票され、独立賛成派が改選前と同様に過半数議席を確保した。ただ、第1党には反独立派政党が躍進し、独立を巡る混乱が長期化してスペイン経済全体にさらに悪影響が広がることが懸念されている。

開票作業はほぼ終了し、独立賛成派の獲得議席は、135議席中70議席となった。プチデモン氏らの保守系独立派「カタルーニャのための連合(JXC)」は、独立賛成派の政党の中で最多の議席を獲得した。

一方、第1党となったのは、反独立の「シウダダノス」。ただ、ラホイ首相の国民党と社会労働党は惨敗した。

今回の選挙は、独立の是非を問う住民投票を10月に強行したプチデモン氏を中央政府のラホイ首相が解任して以降も続いてきた独立運動に対する事実上の信任投票となった。投票率は83%を超え、過去最高となった。

反逆容疑で逮捕状が出ているプチデモン氏は、滞在先のブリュッセルから選挙活動を行ってきた。

結果を受けてプチデモン氏は「ラホイ氏が方針を転換するか、もしくはわれわれが国を変える」と宣言した。

独立運動は住民投票後しばらく失速していたが、州議会選での勝利で息を吹き返したと言える。

ラホイ首相は、今回の選挙の結果、独立反対派または一方的な独立を求めない分離派によるカタルーニャ州政府が誕生し、事態が「正常」戻ることを期待していた。

ラホイ氏は選挙結果にかかわらず、カタルーニャの直接統治を取り消す考えを示しているが、新たな州政府が再び独立を追求した場合、あらためて直接統治を敷く可能性もある。

アナリストは、独立賛成派が絶対多数を獲得することで、ボールが中央政府の手に渡ったと指摘。英調査会社テネオ・インテリジェンスの調査副部長、アントニオ・バロッソ氏は「この結果が示すのは、中央政府にとっての問題は残り、独立運動が消え去らないことだ」と述べた。

独立問題を巡る混乱を背景に、カタルーニャ州では3100以上の企業が本社登記を州外に移している。また、第3・四半期の同州への海外直接投資は前年比75%減少した。同州の経済規模は国内経済全体の20%を占める。混乱が長引けば、スペイン経済全体に影響が及ぶ恐れがある。

*内容を追加しました。

[バルセロナ 21日 ロイター]


120x28 Reuters.gif

Copyright (C) 2017トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます


ニューズウィーク日本版のおすすめ記事をLINEでチェック!

linecampaign.png

ニュース速報

ビジネス

カナダ首相、TPP署名を表明 労組は危機感あらわ

ワールド

米民主、メキシコ国境壁建設に関する提案撤回 移民巡

ビジネス

貿易収支、12月は3590億円の黒字 豪向け自動車

ビジネス

NAFTA再交渉、第6回会合始まる トランプ氏「か

MAGAZINE

特集:科学技術大国 中国の野心

2018-1・30号(1/23発売)

豊富な資金力で先端科学をリードし始めた中国 独裁国家がテクノロジーを支配する世界

*雪による配送遅延について

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

  • 2

    アメリカのビーチは糞まみれ

  • 3

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 4

    シリアで流行した皮膚が溶ける「奇病」のワクチン開…

  • 5

    犬の「うんちを食べる行為」の謎がついに解けた!?

  • 6

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 7

    暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせ…

  • 8

    写真が語る2016年:小頭症の赤ん坊を抱きしめるブラ…

  • 9

    ウォンバットのうんちはなぜ四角いのか

  • 10

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 1

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

  • 2

    日本の2社しか作れない、世界の航空業界を左右する新素材

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 5

    暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせ…

  • 6

    シリアで流行した皮膚が溶ける「奇病」のワクチン開…

  • 7

    子ども13人を劣悪な環境で監禁拷問した両親を逮捕 …

  • 8

    インドの女子大生がレイプ防止パンティを開発

  • 9

    ウディ・アレン「小児性愛」疑惑を実の息子が告発

  • 10

    アメリカのビーチは糞まみれ

  • 1

    北朝鮮による電磁パルス攻撃の現実味

  • 2

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 3

    決断が日本より早い中国、でも「プチ大躍進」が悲劇を生んでいる

  • 4

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 5

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 6

    金正恩がアメリカを憎悪するもっともな理由

  • 7

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

  • 8

    南北会談で油断するな「アメリカは手遅れになる前に…

  • 9

    ビットコイン調整の陰で急騰する仮想通貨「リップル…

  • 10

    iPhoneXは期待外れ

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月