最新記事

英王室

ハリー王子と米女優メーガン・マークルが婚約! 来年春に結婚

2017年11月27日(月)20時00分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

今年9月25日に初めてツーショットを披露したヘンリー王子とメーガン・マークル Mark Blinch-REUTERS

<ハリー王子とメーガン・マークルが遂に婚約。マークルはメディアの誹謗中傷を乗り越えて、英王室のメンバーに>

まだかまだかと婚約が噂され続けてきた英国のヘンリー王子(通称ハリー王子)(33)と交際相手の米女優メーガン・マークル(36)が約14カ月の交際の末、遂に婚約を発表した。

11月27日午前10時(現地時間)にケンジントン宮殿が公式ツイッターアカウントから、2人の婚約を正式に発表。この日を待ちわびたイギリス国民はじめ、世界中から祝福のメッセージが寄せられ、まさにお祭り騒ぎとなっている。

(ハリー王子はメーガン・マークルとの婚約を発表します)


婚約の正式発表の噂は、10月上旬から現実味を増していた。USウイークリー誌が10月11日に掲載した記事には、既に婚約は交わされ公式発表を待つばかりというマークル側の関係筋のコメントが出た。同誌の伝えたマークルの友人の話では、マークルが出演中のドラマシリーズの撮影が11月に終了したタイミングで婚約を発表するとしていた。

一方、10月12日にはニューヨーク・デイリー・ニューズ紙が、10月7日にセルビアのフィリップ王子の結婚式が同国の首都ベオグラードで執り行われた際、ハリー王子とマークルが「今週末にも婚約を発表する」という噂で持ちきりだったという関係者の話を伝えている。

ニューヨーク・デイリー・ニューズは公式発表のタイミングを10月中旬、USウイークリーは、エリザベス女王とエディンバラ公フィリップ殿下の結婚70周年の前後で11月中が濃厚と見ていた。

しかし11月上旬には、「パナマ文書」報道を手掛けた国際調査報道ジャーナリスト連盟(ICIJ)が、タックスヘイブンに関する新たな「パラダイス文書」について報道。そこにはエリザベス女王の資産の一部がオフショア投資で運用されていた事実が記されていたことから、婚約発表の時期に何らかの影響があるのではと懸念されていた。

【参考記事】グーグルで最も検索されたハリー王子の彼女 誹謗中傷を超えたバースデー

ニュース速報

ワールド

セッションズ米司法長官、ロシア介入疑惑で特別検査官

ビジネス

焦点:日銀総裁、金融正常化観測けん制 市場対話に神

ワールド

TPP11、3月8日にチリで署名式 協定文が確定=

ビジネス

日銀会合は政策・見通し共に据え置き、総裁は出口観測

MAGAZINE

特集:科学技術大国 中国の野心

2018-1・30号(1/23発売)

豊富な資金力で先端科学をリードし始めた中国 独裁国家がテクノロジーを支配する世界

*雪による配送遅延について

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

  • 2

    シリアで流行した皮膚が溶ける「奇病」のワクチン開発に光が!?

  • 3

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 4

    アメリカのビーチは糞まみれ

  • 5

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 6

    暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせ…

  • 7

    「骨タイプのおやつ」で死亡する犬が急増 米政府機…

  • 8

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 9

    写真が語る2016年:小頭症の赤ん坊を抱きしめるブラ…

  • 10

    インドの女子大生がレイプ防止パンティを開発

  • 1

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

  • 2

    日本の2社しか作れない、世界の航空業界を左右する新素材

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 5

    暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせ…

  • 6

    シリアで流行した皮膚が溶ける「奇病」のワクチン開…

  • 7

    子ども13人を劣悪な環境で監禁拷問した両親を逮捕 …

  • 8

    インドの女子大生がレイプ防止パンティを開発

  • 9

    ウディ・アレン「小児性愛」疑惑を実の息子が告発

  • 10

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 1

    北朝鮮による電磁パルス攻撃の現実味

  • 2

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 3

    決断が日本より早い中国、でも「プチ大躍進」が悲劇を生んでいる

  • 4

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 5

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 6

    金正恩がアメリカを憎悪するもっともな理由

  • 7

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

  • 8

    南北会談で油断するな「アメリカは手遅れになる前に…

  • 9

    ビットコイン調整の陰で急騰する仮想通貨「リップル…

  • 10

    iPhoneXは期待外れ

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月