最新記事

米政権

SNSで嘘発覚? トランプは夏休みを全力でエンジョイ

2017年8月7日(月)19時00分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

7月17日、大好きなゴルフ場に現れたトランプ Kelvin Kuo-USA TODAY Sports-REUTERS

<オバマの夏休みを批判していたのを棚に上げ、自分はそれよりも長い休暇に入ったトランプ。世間の批判も露知らず。夏を大いに満喫しているようだ>

8月4日、ホワイトハウスを出発し、自身のゴルフ場「トランプ・ナショナルゴルフクラブ・ベッドミンスター」のあるニュージャージー州に飛んだドナルド・トランプ米大統領が、早速、SNSを賑わせている。

トランプは就任前、バラク・オバマ前大統領に対して「仕事を楽しいと思えないのなら、合っていないということだ」などと、休みを取ることを暗に批判。CNNによれば、2016年8月には「(大統領に就任したら)ゴルフをプレーする時間を持つつもりはない」とまで言っていた。そこで今回トランプは、自分の夏休みは「ワーキング・バケーション(働く休暇)」と主張し、あくまで、休みではなく仕事という名目を強調しながら、17日間の日程でホワイトハウスを留守にする。

【参考記事】オバマ家の夏休みに文句をつけるな

しかし、大好きなゴルフ場についたトランプは、そんなこともすっかり忘れてしまったのか。「大統領の夏休み」に遭遇した、施設の利用客がSNSに投稿した写真には、仕事から解放されてリラックスし、ゴルフに勤しむトランプの姿があった。

(「Working」。とても楽しそうに「働いている」)


トランプはこの投稿の約1時間前に、仕事をしているアピールとも取れるツイートをしていた。

(「ホワイトハウスで改修工事をしているから、ベッドミンスターで仕事をしている。会議に電話に。これは休暇じゃない!」)


【参考記事】トランプはゴルフしすぎ、すでに税金11億円以上浪費
【参考記事】トランプの「嘘」まとめ(就任式、対日要求ほか)

ニュース速報

ワールド

ニュージーランド次期首相、中銀法の改正方針を確認

ワールド

欧州委員長、英首相が夕食会で「意気消沈」との独紙報

ビジネス

神戸鋼の不動産子会社売却、外資ファンドやJR西日本

ビジネス

正午のドルは113円前半、下値限定的

MAGAZINE

特集:役に立たない? 経済学

2017-10・31号(10/24発売)

経済学者の経済予測はなぜさっぱり当たらない? エコノミストの功罪と経済学の構造的欠陥を検証する

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮危機「アメリカには安倍晋三が必要だ」

  • 2

    「休みたいから診断書をください」--現役精神科医「うつ病休職」の告発

  • 3

    年内にも発売されるセックスロボット、英研究者が禁止を呼びかけ

  • 4

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 5

    女の嘘はメールでバレる──これを知っていれば 研究…

  • 6

    人はロボットともセックスしたい──報告書

  • 7

    アメリカを捨てるインド移民

  • 8

    習近平と歩む中国の「バブル世代」 苦労知らずの若者…

  • 9

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 10

    奨学金が地獄と化しているのは昔の奨学金とは違うから

  • 1

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 2

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過激度

  • 3

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料まとめ・前編)

  • 4

    トランプ、金正恩の斬首部隊を韓国へ 北朝鮮に加え…

  • 5

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 6

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 7

    iPhone8はなぜ売れないのか

  • 8

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 9

    NYの電車内で iPhoneの「AirDrop」を使った迷惑行為…

  • 10

    北朝鮮危機「アメリカには安倍晋三が必要だ」

  • 1

    「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

  • 2

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 3

    北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

  • 4

    「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

  • 5

    トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

  • 6

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 7

    中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

  • 8

    米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

  • 9

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月