最新記事

アメリカ社会

白人至上主義と反対派の衝突事件に陰謀説が浮上?

2017年8月14日(月)18時50分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

バージニア大学の敷地にトーチを運ぶ白人至上主義者たち Alejandro Alvarez-REUTERS

<白人至上主義への批判、トランプの毎度の失敗を伝える報道が目立つが、今はフェイクニュースの時代。1つの意見に流されることを危険視する声も>

バージニア州シャーロッツビルで8月11日夜から続いた白人至上主義者と反対派の衝突は、多数の負傷者を出し、州知事の非常事態宣言発動にまで発展するなど、アメリカに混乱を巻き起こしている。いつものようにドナルド・トランプ米大統領の対応を批判する報道が続いているが、その影で衝突事件への陰謀説まで出てきているようだ。

定番のトランプの粗相?

シャーロッツビル当局によれば、この衝突で人だかりに車が突入し1人が死亡。警戒中の州警察のヘリが墜落し警官2人も死亡した。トランプは12日に会見で、衝突について「ひどい憎悪、偏見、暴力」を非難したが、当時、現場に集まっていた白人至上主義団体「KKK(クー・ クラックス・クラン)」やオルト・ライト(オルタナ右翼)、ネオナチといった過激派の名指しは控えた。

(トランプの会見)


死亡した女性が反対派に参加していたことから、民主党はもちろん与党・共和党内部からも批判を招いた。ホワイトハウスは13日になって、トランプの声明は「白人至上主義者やKKK、ネオナチなど全ての過激派グループが当然含まれている」と釈明した。

しかし、世論の怒りは収まらない。トランプの長女イバンカ・トランプはツイッタ―でレイシズムやネオナチを非難するメッセージを発したが、市民の反応は辛辣だ。「対応が遅すぎる」、「あなたは大統領でも、ファーストレディでもない」など怒りのコメントが溢れた。

(「社会にはレイシズム、白人至上主義、ネオナチの場所はない」)


【参考記事】黒人を助け、同性愛者の入会もOK? 差別結社KKKの本当の正体
【参考記事】米国土安全保障省、ネオナチと戦う団体への補助金をカット

ニュース速報

ワールド

朝鮮半島情勢の緊迫化、危険な結果もたらす可能性=ロ

ワールド

独極右政党AfD、共同党首が離党表明=報道

ワールド

朝鮮半島情勢は非常に危険な段階=中国外相

ビジネス

米共和党の減税案、パススルー課税引き下げ盛り込む見

MAGAZINE

特集:中国が北朝鮮を見捨てる日

2017-10・ 3号(9/26発売)

核とミサイルを手に恫喝を繰り返す北朝鮮 「血の友情」で結ばれたはずの中国はどう出るのか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮、太平洋での水爆実験あり得るか? 専門家は「大災害」を指摘

  • 2

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 3

    北朝鮮「ロケット米全土到達」警告にトランプ反発 米朝、非難の応酬

  • 4

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、…

  • 5

    北朝鮮、米が宣戦布告と主張 領空外でも爆撃機撃墜…

  • 6

    13年ぶり凱旋、トヨタのでかいピックアップ車は売れ…

  • 7

    「核保有国」北朝鮮と世界は共存できるのか

  • 8

    北朝鮮の次はNFLを「口撃」、スポーツまで敵に回した…

  • 9

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 10

    金正恩の狂人っぷりはどこまで本物か?

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 3

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 4

    世界初の頭部移植は年明けに中国で実施予定

  • 5

    ペットショップは「新品」の犬を売ってはいけない

  • 6

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(後編)

  • 7

    北朝鮮外相「太平洋でかつてない規模の水爆実験」示唆

  • 8

    猫は固体であると同時に液体でもあり得るのか!? 

  • 9

    北朝鮮「ロケット米全土到達」警告にトランプ反発 …

  • 10

    北朝鮮、太平洋での水爆実験あり得るか? 専門家は…

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 3

    北朝鮮問題、アメリカに勝ち目はない

  • 4

    強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密…

  • 5

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 6

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 7

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 8

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 9

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 10

    【戦争シナリオ】北朝鮮はどうやって先制攻撃してく…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ザ・サークル」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月