最新記事

ロシア政治

ロシアにおける「ロシア・ゲート」疑惑──戦略的思考か?疑惑の矮小化か?

2017年7月14日(金)17時00分
溝口修平(中京大学国際教養学部准教授)

疑惑を矮小化したいロシア

もちろん、米国大統領選挙への「介入」をロシア政府が否定しているので、このような反応はある意味当然だ。しかし、それに加えて、ロシアではこの疑惑が米国の国内政治問題であるという考えが強いことも影響している。

プーチン政権に近い政治学者であるフョードル・ルキヤノフ氏は、この騒動が「ワシントンの政治闘争の道具」であることをプーチンは心に留めておくべきだという助言を会談前にしていた

カーネギー・モスクワセンター所長で国際政治学者のドミトリー・トレーニン氏も、現在の米国の政治危機は南北戦争以来のものであり、この状況は2018年の中間選挙か2020年の大統領選挙までは続くと予想される、そして、ロシア政府はそのことを踏まえて対処すべきであると述べている。さらにトレーニン氏は、米ロ関係の危機を克服する上では、米国大統領の力を制限するような二重権力状態、そして、国内エリートのアンチ・ロシア・コンセンサスという2つの米国国内の事情を考慮する必要性があることも指摘している

プーチン自身も、このような考えを共有している。最近、映画監督のオリバー・ストーンがプーチンに密着したドキュメンタリーを撮影したが、ストーンの質問に対して、プーチンは、ロシアによる米国大統領選挙への介入は「嘘」であり、そのような嘘が広まっているのは、トランプ大統領の正統性を損なったり、米ロ関係の正常化の可能性を悪化させたりするためであると述べている。そして、ルキヤノフと同様、プーチンも、現在の米ロ関係は米国内の政治闘争のための単なる道具に過ぎないということを認めている

「ロシア・ゲート」疑惑が米国の国内政治問題であるという考え方は、この疑惑を二次的なものに矮小化したいというロシアの考え方を表しているとも言える。だからこそ、大局的・戦略的観点からの米ロ関係の展望に関するコメントが目立つのだ。

シリア問題やウクライナ問題に関する今回の合意は、これらの問題の根本的解決からは程遠いものであるが、米ロ関係の改善という意味では、その「成果」は肯定的に捉えられている。反対に、米国では、「ロシア・ゲート」疑惑の追求と払拭が主要な論点となっており、米ロ関係の現状を戦略的に理解しようとする視点は背後に退いてしまっている。

ニュース速報

ビジネス

焦点:米ゴールドマン決算、取引収益悪化は業界の縮図

ワールド

アングル:トランプ政権半年、8人に1人が「今なら投

ワールド

スパイサー米大統領報道官が辞任、スカラムチ氏が新広

ワールド

トランプ氏長男と弁護士の面会、特別検察官が記録保全

MAGAZINE

特集:劉暁波死去 中国民主化の墓標

2017-7・25号(7/19発売)

ノーベル平和賞受賞者・劉暁波の「非業の死」は中国民主化の終わりか、新たな始まりか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、米でヒーローに

  • 2

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあの2人

  • 3

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 4

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」…

  • 5

    北の最高指導者が暗殺されない理由

  • 6

    中国人の収入は日本人より多い? 月給だけでは見え…

  • 7

    宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

  • 8

    英女王「死去」の符牒は「ロンドン橋が落ちた」

  • 9

    ウィリアム王子が公務をさぼって美女と大はしゃぎ、…

  • 10

    アメックスから見た、日本人がクレジットカードを使…

  • 1

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、米でヒーローに

  • 2

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 3

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあの2人

  • 4

    軍事でも外交でもない、北朝鮮問題「第3の解決策」

  • 5

    宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

  • 6

    アメックスから見た、日本人がクレジットカードを使…

  • 7

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」…

  • 8

    北の最高指導者が暗殺されない理由

  • 9

    「休みたいから診断書をください」--現役精神科医「…

  • 10

    アメリカの部活動は、なぜ「ブラック化」しないのか

  • 1

    中国「三峡ダム」危機--最悪の場合、上海の都市機能が麻痺する

  • 2

    アメックスから見た、日本人がクレジットカードを使わない理由

  • 3

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」の証言

  • 4

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、…

  • 5

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 6

    「地球の気温は250度まで上昇し硫酸の雨が降る」ホー…

  • 7

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 8

    資本主義はついにここまで来た。「自分」を売り出すV…

  • 9

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍と…

  • 10

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月