最新記事

インドネシア

ジャカルタで圧力鍋使用の自爆テロ  不安と衝撃の中で断食月近づく

2017年5月25日(木)19時30分
大塚智彦(PanAsiaNews)

自爆テロがあったバス停付近の現場を確保する警察官(5月24日、ジャカルタ東部カンプン・マラユ地区) Sigid Kurniawan/REUTERS

<キリスト教祭日の前夜に、男2人が自爆テロ。2日後のイスラム教の断食(プアサ)へ向けて緊迫した捜査が続く>

インドネシアの首都ジャカルタ東部で24日夜、2度の爆発があり警察官3人が死亡、市民ら10人が重軽傷を負う事件が起きた。国家警察は目撃者の情報や現場の状況から、2人の男性がそれぞれ自爆した自爆テロ事件と断定、実行犯の身元と背後関係を鋭意捜査している。

自爆テロがあったのは、ジャカルタ東部カンプン・マラユ地区の公共バス停車場付近、24日午後9時から9時5分にかけて、停車場のトイレ付近と隣接するバイクの駐車場で相次いで爆発音が鳴り響き、煙が上がった。

現場では27日から始まると見込まれるイスラム教の断食(プアサ)を前にイスラム教徒らによる祭りの行進が行われており、その沿道警備にあたっていた警察官3人が巻き添えで死亡、警察官5人とバイクタクシー運転手、露天商など5人の一般市民が負傷して近くの病院で手当てを受けている。

中部ジャカルタのスラカルタに滞在していたジョコ・ウィドド大統領は25日夜にはジャカルタに戻り、犠牲者の家族や入院中の負傷者と面会する。

ジョコ大統領は自爆テロの発生を受けて「深い悲しみと憤りを覚える。特に職務遂行中に殉じた警察官には敬意と弔意を表する」とのコメントを発表した。

【参考記事】インドネシアのイスラム教徒数万人がデモ ジャカルタ知事の辞任を要求

爆弾は圧力釜使用か

国家警察と対テロ捜査隊によると、2人の自爆犯の遺体はバラバラになったものの頭部が残されており「身元特定は可能」としている。また一人の男性の衣服のポケットから圧力釜を購入したレシートが発見されたという。

レシートには5月22日にジャカルタ西部のパダララングにあるコンビニエンスストア「ミニマーケット」で圧力釜を購入した記録が残っている。このため2人は圧力釜を利用した手製爆弾を爆発させて自爆したとの見方を強めている。

警察関係者によると「圧力釜爆弾」は2017年2月27日に西ジャワ州の州都バンドンにある政府関係庁舎で起きた爆弾事件で使用されており、この時の犯人との関連性を捜査しているという。

バンドンでの爆弾テロでは庁舎内の中庭に置かれた爆弾が爆発したもので犠牲者は出なかったが、実行犯が警備中の警察官に撃たれて負傷、逮捕されている。

この時の実行犯は警察の対テロ部隊に逮捕された仲間の解放要求が動機とされ、2016年1月に起きたジャカルタ中心部でのテロ事件(実行犯4人、市民4人が死亡)に繋がるイスラム教テログループとの関連が指摘されていた。

このため今回の自爆テロ実行犯も同じグループに結びつく可能性があり、捜査当局は慎重に捜査を進めている。これまでのところ今回の自爆テロ事件の犯行声明は出されていない。

ニュース速報

ビジネス

金融庁、監査報告の長文化を検討へ 投資家への情報提

ビジネス

タカタが民事再生法申請、負債総額1.7兆円 会長は

ビジネス

日本マクドナルド、都内33店舗で「UberEATS

ワールド

北アイルランドのDUP党首、閣外協力で首相と26日

MAGAZINE

特集:インテリジェンス戦争 中国の標的

2017-6・27号(6/20発売)

CIAの情報提供者を処刑し、日本人12人を容赦なく拘束──。スパイ戦を強化する中国インテリジェンスの最終目標

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍とおぼしき機影

  • 2

    中国シェア自転車「悪名高きマナー問題」が消えた理由

  • 3

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 4

    ロンドン高層住宅の火災、火元は米ワールプールの冷…

  • 5

    イギリス高層住宅の外壁に可燃性素材 イングランド…

  • 6

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 7

    【動画】ISIS発祥の地ヌーリ・モスク最後の日

  • 8

    【動画】銃撃の中、イラク人少女を助けた米援助活動…

  • 9

    ブレグジット大惨事の回避策

  • 10

    中国の自転車シェアリング大手、世界へ拡大 7月には…

  • 1

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 2

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 3

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

  • 4

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍と…

  • 5

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 6

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 7

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 8

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 9

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 10

    シリアで米軍機を撃墜すると脅すロシアの本気度

  • 1

    国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由

  • 2

    人相激変のタイガー・ウッズが釈明 いったい何があったのか

  • 3

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 4

    大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出 

  • 5

    佐藤琢磨選手のインディ500優勝は大変な快挙

  • 6

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 7

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 8

    アイシャを覚えていますか? 金正男暗殺実行犯のイン…

  • 9

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 10

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ファウンダー」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月