最新記事

米中関係

トランプとうり二つの反中派が米経済を担う

TRUMP'S CHINA-BASHING ID

2017年1月4日(水)09時00分
アイザック・ストーン・フィッシュ

Andy Kropa/GETTY IMAGES

<トランプ政権で貿易政策を率いるピーター・ナバロは、危険なほど単純な対中国強硬策を唱える人物>(写真:ナバロの著作『中国による死』はドキュメンタリー映画にも)

 トランプ次期米大統領は、10年間で2500万人の雇用を創出するとぶち上げて当選したが、その壮大な計画の旗振り役が決定した。カリフォルニア大学アーバイン校教授でトランプ陣営の政策アドバイザーを務めたピーター・ナバロが、新設される「国家通商会議」のトップに指名されたのだ。

 政権移行チームによれば、ナバロは「貿易赤字を縮小し、成長を拡大し、雇用の国外流出を阻止する政策を進める」。つまり今後は、ナバロがアメリカ経済のカギを握ることになる。実はそれこそが、懸念材料だ。

 ナバロの最近の記事や著作やインタビューを見れば、彼がトランプと同じ戦略の持ち主であることが分かる。非現実的な経済構想に基づく大胆な約束を好み、詳細な説明は放棄。トランプ同様、ナバロは米経済の苦境の原因を超単純化して考えている。中国がアメリカの雇用を奪っているのであり、中国に対処すれば雇用を取り戻せる、と。

 ナバロの著作『中国による死』は、彼の経済観を表している。「自由貿易というトロイの木馬にまたがった『捕食者』中国が米製造業の数百万の雇用を奪ってきた」と、彼は書く。

 中国の為替操作も過剰に敵視。近年進むオートメーション化やグローバリゼーションなどのより大きな要素は無視して、アメリカ製造業衰退の原因を中国という一点に単純化している。

【参考記事】中国が笑えない強気で短気なトランプ流外交

 こうした主張のいくつかは、単なる事実誤認だ。彼は汚染された輸入中国食品を食べるのは「自殺行為だ」と書く。「中国の労働者の間では手足切断事故と癌が蔓延している」とも。

 文章をこき下ろしたくはないが、ナバロはもっとまともに書けたはずだ。各章のタイトルには、タブロイド紙から寄せ集めて交ぜ合わせたようなとっぴな言葉が並ぶ。「いかにして中国政府の『掃除機』がアンクル・サムの首つり縄を吸い込んでいるか」「見て、デススターがシカゴを狙っている」といった具合だ。筆者は中国関連の書籍をたくさん読んでいるが、内容といい書き方といい、ここまでひどいものは初めてだ。

ニュース速報

ビジネス

神戸製鋼の他工場への審査検討を認証機関に指示=経産

ビジネス

アングル:地銀、M&A仲介ようやく本腰 企業後継者

ワールド

アングル:中国が活動家に「休暇」強制、党大会中の言

ワールド

「習近平氏思想」規約に明記、中国共産党大会閉幕

MAGAZINE

特集:役に立たない? 経済学

2017-10・31号(10/24発売)

経済学者の経済予測はなぜさっぱり当たらない? エコノミストの功罪と経済学の構造的欠陥を検証する

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮危機「アメリカには安倍晋三が必要だ」

  • 2

    人はロボットともセックスしたい──報告書

  • 3

    年内にも発売されるセックスロボット、英研究者が禁止を呼びかけ

  • 4

    「休みたいから診断書をください」--現役精神科医「…

  • 5

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 6

    女の嘘はメールでバレる──これを知っていれば 研究…

  • 7

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 8

    アメリカを捨てるインド移民

  • 9

    「酒に酔うと外国語がうまくなる」:欧州の研究者ら…

  • 10

    奨学金が地獄と化しているのは昔の奨学金とは違うから

  • 1

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 2

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過激度

  • 3

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料まとめ・前編)

  • 4

    トランプ、金正恩の斬首部隊を韓国へ 北朝鮮に加え…

  • 5

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 6

    北朝鮮危機「アメリカには安倍晋三が必要だ」

  • 7

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 8

    iPhone8はなぜ売れないのか

  • 9

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 10

    NYの電車内で iPhoneの「AirDrop」を使った迷惑行為…

  • 1

    「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

  • 2

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 3

    北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

  • 4

    「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

  • 5

    トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

  • 6

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 7

    中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

  • 8

    米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

  • 9

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月