最新記事

米大統領

【動画】「トランプはわたしの大統領ではない」全米各地で抗議デモ

2016年11月10日(木)17時45分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

Stephen Lam-REUTERS

<トランプ勝利の選挙結果に反発して全米各地の都市で抗議デモが起こり、数万人規模の人々が街頭で「反トランプ」を叫んだ。また大学や高校では予定していた試験を延期するなど、動揺する少数派学生への配慮を見せている>(写真:サンフランシスコの抗議デモで「わたしの大統領ではない」のサインを掲げる参加者)

 米大統領選でドナルド・トランプ候補が勝利し、次期大統領になることが決まった9日。全米の少なくとも9つの都市で選挙結果に抗議するデモが起こり、数万人規模の人々が街頭に出て「反トランプ」を叫んだ。

 USAトゥデ―などの現地報道によると、トランプ勝利に反発する抗議デモが起きたのは、シカゴ、ニューヨーク、ロサンゼルス、フィラデルフィア、ボストン、ワシントン、ポートランド(オレゴン州)、セントポール(ミネソタ州)など全米各地の都市。

 このうちシアトルでは、およそ2000人が街頭に出てデモ行進し、「Not My President(わたしの大統領ではない)」「No Racist USA(アメリカを人種差別の国にするな)」と、口々に怒りをぶちまけた。シアトル警察によると、デモの現場近くで銃の発砲があり、デモとの関連を警察で捜査している。

 またワシントンでも、人々が街頭で「Nasty Women Fight Back(イヤな女たちは反撃する)」とか「White Males for Equality for All(白人男性はすべての人々の平等を支持する)」といった掛け声と共にデモ行進した。ワシントンでは、2つのデモ隊が街の中心部にある「トランプ・インターナショナル・ホテル」の前で合流して大きな群衆となり、「Impeach Donald Trump(ドナルド・トランプを弾劾せよ)」と叫んでいた。

(ワシントンのトランプホテル前に集まった群衆)


 こうしたデモに参加した人たちは、選挙結果が覆らないことは理解しているものの、それでも今後の展開には影響を与えることができると考えているようだ。ニューヨークのデモに参加した22歳のニューヨーク大学の男子学生は、「最後には弾劾のチャンスがあると思う。これから8年、トランプに大統領をやらせることはできない」と、話していた。

(マンハッタンのユニオンスクエア周辺で行われた抗議デモ)


 また全米各地の大学や高校では、選挙結果に動揺する教員や学生に配慮して、予定していた試験の実施を延期したり少数派の学生のためのシェルターを開設したりしている。

 バーモント大学のトム・サリバン学長は大学関係者に送ったメールの中で、「今は多くの同僚や学生にとって試練の時だ。選挙結果を受けて、多くの人々が孤立を感じたり、これからの生活に不安を抱いたりしている」というメッセージを送った。

(カリフォルニア州オークランドの抗議デモでは放火騒ぎも)

ニュース速報

ワールド

焦点:保護主義打ち出したトランプ大統領、不透明感増

ビジネス

アングル:市場で冷めつつあるトランプ熱、政策実行性

ビジネス

「底辺への競争」やドル高がリスク、ダボス会議参加者

ビジネス

HSBC、全世界の投資銀行部門で約100人の削減開

MAGAZINE

特集:トランプ・ワールドの希望なき幕開け

2017-1・24号(1/17発売)

ドナルド・トランプがついに米大統領就任へ──。「異次元の政治家」にできること、できないこと

人気ランキング

  • 1

    アパホテル書籍で言及された「通州事件」の歴史事実

  • 2

    スコセッシ『沈黙』、残虐で重い映像が語る人間の精神の勝利

  • 3

    【式典スケジュール】トランプ新大統領、就任イベント始まる

  • 4

    ソロス氏「トランプ大統領で市場は低迷へ、政策は失…

  • 5

    トランプ支持者が抱える、ある深刻な分裂

  • 6

    オバマ、記者団に別れ「まだ世界の終わりではない」

  • 7

    米メディアはなぜヒトラーを止められなかったか

  • 8

    北朝鮮外交官は月給8万円、「誰も声をかけてこない…

  • 9

    ロボット化する社員が企業の倫理的問題を招く

  • 10

    中国が史上最速「エクサスケール・スパコン」に一番…

  • 1

    韓国ユン外交部長官「釜山の少女像は望ましくない」

  • 2

    「南シナ海の人工島封鎖なら、米国は戦争覚悟すべき」中国紙が警告

  • 3

    南シナ海の人工島封鎖で米中衝突が現実に?

  • 4

    ダライ・ラマ制裁に苦しむ、モンゴルが切るインドカ…

  • 5

    北朝鮮が国家ぐるみで保険金詐欺、毎年数十億円を稼ぐ

  • 6

    トランプ大統領就任式ボイコット続出、仕掛け人のジ…

  • 7

    オバマ、バイデン副大統領に最後のサプライズで勲章…

  • 8

    オバマ米大統領の退任演説は「異例」だった

  • 9

    日本はワースト4位、「経済民主主義指数」が示す格差…

  • 10

    共和党が議会を握っても、オバマケアは廃止できない?

  • 1

    オバマ米大統領の退任演説は「異例」だった

  • 2

    キャリー・フィッシャー死去、でも「2017年にまた会える」

  • 3

    「知能が遺伝する」という事実に、私たちはどう向き合うべきか?

  • 4

    トランプ当選初会見でメディアを批判 ツイッターな…

  • 5

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 6

    日本の制裁措置に韓国反発 企画財政省「スワップ協…

  • 7

    韓国ユン外交部長官「釜山の少女像は望ましくない」

  • 8

    安倍首相の真珠湾訪問を中国が非難――「南京が先だろ…

  • 9

    独身男性の「結婚相手は普通の子がいい」は大きな間…

  • 10

    トランプ、ついにトヨタを標的に 「メキシコで製造…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本の観光がこれで変わる?
リクルート
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 臨時増刊

世界がわかる国際情勢入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月