最新記事

フィリピン

ドゥテルテ麻薬戦争で常用者を待つ悲劇

When Half a Million Drug Users Surrender

2016年11月10日(木)10時30分
アウロラ・アルメンドラル

 出頭者に取材したいと言うと、アバソラは渋い顔をした。麻薬使用を認めた人たちの多くは身を隠して暮らしているらしい。

 アバソラの案内でスラムの一角にある建物に向かった。そこには取り締まりが始まった直後に自首したルイシト・ボハが住んでいたという。1週間程前、覆面をした3人の男が夜中にバイクでやって来て、ボハをベッドから引きずり出し、2人の幼い子供の眼前で射殺した。「自首した時点で彼を逮捕して刑務所に入れていれば、悲劇は避けられたはずだ」と、アバソラは悔しげにつぶやいた。

 建物のそばに立っていた男に声を掛けたが、名前は明かしてくれなかった。ボハを殺した男たちがまたやって来て、今度は自分が殺されると思うと夜もおちおち眠れず、バイクの音がしただけでビクッとするという。

【参考記事】金正恩vs.ドゥテルテへ!? フィリピンに流入する北の違法薬物

 スラムの住人たちを守りたいが、できることはほとんどないと、アバソラは言う。麻薬使用者の居場所を警察に密告する連中がいて、警察の指示で自警団が動いているらしい。

 アブソラの紹介で取材に応じてくれる女性に会った。麻薬を使用していた彼女の夫は数週間前に家を出て行ったという。「自首したのが裏目に出た」と、彼女は嘆いた。自警団に狙われた夫は、妻子を巻き添えにしないよう逃亡したのだ。夫は妻の身を案じて潜伏先も教えてくれないし、連絡もほとんどない。それでも彼女の元には夫を追う男たちから脅迫メールが届く。

 ドゥテルテ大統領は最近、政府には今のところ麻薬常用者を更生させる資金はないとして、「当面は」殺すしかないと、平然と言い放った。

From GlobalPost.com特約

[2016年11月15日号掲載]

ニュース速報

ワールド

朝鮮半島情勢の緊迫化、危険な結果もたらす可能性=ロ

ワールド

独極右政党AfD、共同党首が離党表明=報道

ワールド

朝鮮半島情勢は非常に危険な段階=中国外相

ビジネス

米共和党の減税案、パススルー課税引き下げ盛り込む見

MAGAZINE

特集:中国が北朝鮮を見捨てる日

2017-10・ 3号(9/26発売)

核とミサイルを手に恫喝を繰り返す北朝鮮 「血の友情」で結ばれたはずの中国はどう出るのか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮、太平洋での水爆実験あり得るか? 専門家は「大災害」を指摘

  • 2

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 3

    北朝鮮「ロケット米全土到達」警告にトランプ反発 米朝、非難の応酬

  • 4

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、…

  • 5

    北朝鮮、米が宣戦布告と主張 領空外でも爆撃機撃墜…

  • 6

    13年ぶり凱旋、トヨタのでかいピックアップ車は売れ…

  • 7

    「核保有国」北朝鮮と世界は共存できるのか

  • 8

    北朝鮮の次はNFLを「口撃」、スポーツまで敵に回した…

  • 9

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 10

    金正恩の狂人っぷりはどこまで本物か?

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 3

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 4

    世界初の頭部移植は年明けに中国で実施予定

  • 5

    ペットショップは「新品」の犬を売ってはいけない

  • 6

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(後編)

  • 7

    北朝鮮外相「太平洋でかつてない規模の水爆実験」示唆

  • 8

    猫は固体であると同時に液体でもあり得るのか!? 

  • 9

    北朝鮮「ロケット米全土到達」警告にトランプ反発 …

  • 10

    北朝鮮、太平洋での水爆実験あり得るか? 専門家は…

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 3

    北朝鮮問題、アメリカに勝ち目はない

  • 4

    強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密…

  • 5

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 6

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 7

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 8

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 9

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 10

    【戦争シナリオ】北朝鮮はどうやって先制攻撃してく…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ザ・サークル」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月