最新記事

安全保障

日本全土が射程圏内に、高度1000km超えた北朝鮮ミサイルは発射成功だった

2016年6月22日(水)17時58分

6月22日、北朝鮮が同日発射した2発目の中距離弾道ミサイルについて、日本の防衛省や専門家は成功だったとの見方を強めている。写真は北京で2月撮影(2016年 ロイター/Jason Lee)

 北朝鮮が22日に発射した2発目の中距離弾道ミサイルについて、日本の防衛省や専門家は成功だったとの見方を強めている。同ミサイルは日本全土、さらにグアムまで届く能力があるとされ、防衛省は脅威のレベルが一段上がったと受け止めている。

 北朝鮮東岸の元山付近から午前8時3分ごろに発射されたこの日2発目の弾道ミサイルは、防衛省と米軍によると、約400キロを飛んで日本海に落下した。北朝鮮と日本は約1000キロ離れており、飛行距離だけみれば日本への直接的な影響はない。

 ところが、自衛隊のレーダーが捉えた情報を防衛省が分析した結果、ミサイルは1000キロを超える高度に達していた。地球の大気圏は一般的に高度約100キロまでとされる。そのはるか上空の宇宙空間へ打ち上げていたことになる。

 中谷元防衛相は同日午後の会見で「中距離弾道ミサイルとしての一定の機能が示された」とだけ述べ、発射の成否については明言を避けた。

 しかし、防衛省関係者は「あれほど角度をつけずに打ち上げず、普通に発射していれば、われわれが見積もっている距離を飛んだ可能性がある」と話す。

 北朝鮮が発射したのは中距離弾道ミサイル「ムスダン」とみられ、防衛省は飛行距離2500キロ─4000キロと推定している。日本全土、さらに米領グアムまで射程に収まる。

 中谷防衛相は記者団に対し「日本に飛来するミサイルの種類が増える。日本の安全保障上、強く懸念する」と語った。

 北朝鮮は今年に入り、ムスダンを4回発射し、いずれも失敗してきた。22日朝に発射した1発目のミサイルもムスダンとみられ、防衛省によると、北朝鮮東岸付近に分離して落下した。

 今回、高度1000キロ超まで打ち上げた理由は明らかになっていない。北朝鮮が「衛星の打ち上げ」と称して発射する長距離ロケットは、高度500キロ程度。それに比べると、異常に高く飛んでいる。

 天体物理学が専門のハーバード大学のジョナサン・マクドウェル博士は「日本の上空を通過するのを避けたのではないか」と推測する。「通常より高く発射して飛距離を短くした。発射は成功したようにみえる」と、同博士は述べた。

 (久保信博 編集:田巻一彦)

[東京 22日 ロイター]


120x28 Reuters.gif

Copyright (C) 2016トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

ニュース速報

ワールド

北朝鮮大使、米韓軍事演習続く限り交渉しないと言明

ビジネス

焦点:中国金融機関の外資規制緩和、早期活用は厳しい

ワールド

特別リポート:サウジ「王室分裂」の裏側、汚職口実に

ビジネス

中国人民銀、穏健で中立的な金融政策を維持へ=四半期

MAGAZINE

特集:ビットコイン 可能性と危険性

2017-11・21号(11/14発売)

高騰を続け、今や1000種類以上に増えた仮想通貨 未来を変え得る新技術のリスクとメリットを真剣に考える

グローバル人材を目指す

人気ランキング

    • 1

      北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

    • 2

      北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

    • 3

      北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

    • 4

      「セックスしている子もいるけど私はしたくない」 …

    • 5

      サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は…

    • 6

      飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義

    • 7

      日中首脳会談、習近平はなぜ笑顔だったのか

    • 8

      北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

    • 9

      体臭とセックスアピールの意外な関係

    • 10

      「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

    • 1

      北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

    • 2

      北朝鮮の電磁パルス攻撃で「アメリカ国民90%死亡」――専門家が警告

    • 3

      北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

    • 4

      「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

    • 5

      人はロボットともセックスしたい──報告書

    • 6

      北朝鮮経済の「心臓」を病んだ金正恩─電力不足で節約…

    • 7

      生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過…

    • 8

      国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料ま…

    • 9

      トランプは宣戦布告もせず北朝鮮を攻撃しかねない

    • 10

      北朝鮮危機「アメリカには安倍晋三が必要だ」

    PICTURE POWER

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
    日本再発見 シーズン2
    定期購読
    期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
    メールマガジン登録
    売り切れのないDigital版はこちら

    MOOK

    ニューズウィーク日本版 特別編集

    最新版 アルツハイマー入門

    絶賛発売中!

    STORIES ARCHIVE

    • 2017年11月
    • 2017年10月
    • 2017年9月
    • 2017年8月
    • 2017年7月
    • 2017年6月