最新記事

東欧

ポーランドの「プーチン化」に怯えるEU

Poland's Right Turn Worries Brussels

まるで旧ソ連時代に戻るかのような強権化に、EUは初の「法治国家度」審査を開始した

2016年2月26日(金)20時34分
アシシュ・クマール・セン(アトランティック・カウンシル)

要注意 ポーランドに「革命的変化」をもたらすという「法と正義」のシドゥウォ首相 Laszlo Balogh-REUTERS

 ポーランドは冷戦後長いこと、旧東欧における民主主義のお手本として広く認められてきた。しかし、右派野党の「法と正義(PiS)」が昨年10月の議会選挙で政権を奪取して以降、それが大きく変わろうとしている。

【参考記事】ベルリンの壁崩壊20年、中欧の失望

 カチンスキ元首相率いるPiSは政権の座に就くや、行政、司法、メディアに対する締め付けを強化。全土に大規模な抗議デモが広がっただけでなく、欧州連合(EU)への警鐘にもなっている。だが、経済的にも大きくNATO(北大西洋条約機構)の同盟国である国に対し、欧州委員会が制裁措置を科す可能性はほとんどない。

 国際情勢を専門とするシンクタンク、アトランティック・カウンシル主催の年次カンファレンスのポーランド理事長を務めるミカル・コボスコによると、PiSは「秩序」を重視している。そして彼らによれば、ポーランドの歴代政権、とくに2007~2015年まで政権を担ったドナルド・トゥスク前首相の「市民プラットフォーム」はひど過ぎたという。

 PiS政権は「革命的変化」の構想を持っていると、コボスコは言う。

 その構想に、欧州委員会は危機感を募らせている。なかでも衝撃的だったのは、国営テレビおよびラジオの経営トップと憲法裁判所の判事を政府が任命できるようにするという強権的な法案を、ドゥダ大統領が承認したこと。欧州委員会は1月13日、「法による統治」という民主主義の原則に反する可能性があるとして、EU加盟国に対して初めてとなる審査を開始した。

【参考記事】ヨーロッパに忍び寄るネオ排外主義

試されるEU

 欧州委員会はポーランドに対する制裁として、全加盟国の首相・大統領で構成する最高意思決定機関、欧州理事会におけるポーランドの議決権を停止することもできる。だが、実際にはそううまくはいかないだろう。

 EUによる制裁発動は、全会一致でなければならないが、既にハンガリーが、ポーランドを対象とするあらゆる制裁に拒否権を行使すると表明している。ポーランドのシドゥウォ首相は1月14日、EUは制裁措置を発動しないだろうと述べた。ポーランドが法治国家か否かについての最終的な判断は、EUの意思を試す大きな試金石になる。

 いくらEUが圧力をかけても、ポーランド政府が進路を変える見込みはない。欧州委員会の審査には協力するだろうが、賛否を巻き起こしている法案を取り下げる可能性は低い。

ニュース速報

ビジネス

フロリダ州の死亡事故、タカタ製エアバッグが原因の公

ビジネス

ドル上昇、米経済指標受け持ち直し=NY市場

ビジネス

ダウ最高値更新、S&P・ナスダック反落 ハイテクや

ビジネス

米、国境税導入見送りを決定=共和党指導部

MAGAZINE

特集:「イスラム国」の子供たち

2017-8・ 1号(7/25発売)

過激なイデオロギーに感化された子供たちや帰還兵によってより潜在化するテロ組織ISISの恐怖

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ジャスティン・ビーバー 外国で激怒された6つの御乱行

  • 2

    「ジハードって楽しそうだ」ISIS崩壊後、洗脳された子供たちは...

  • 3

    トランプ大統領、トランスジェンダーの米軍入隊を禁止へ 訴訟の恐れも

  • 4

    モスル奪還作戦、写真で見るISISとの戦いの恐怖

  • 5

    シングルペアレント世帯の貧困率が世界一高い日本

  • 6

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と…

  • 7

    スーツはおしゃれの道具じゃない、「細身」では信用…

  • 8

    セッションズ司法長官をクビ!にトランプ支持層が激…

  • 9

    日本製武器の世界での競争力は

  • 10

    アメックスから見た、日本人がクレジットカードを使…

  • 1

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、米でヒーローに

  • 2

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあの2人

  • 3

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 4

    中国人の収入は日本人より多い? 月給だけでは見え…

  • 5

    北の最高指導者が暗殺されない理由

  • 6

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 7

    シャーロット王女は「公務のプロ」 監視カメラが捉…

  • 8

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」…

  • 9

    アメックスから見た、日本人がクレジットカードを使…

  • 10

    宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

  • 1

    中国「三峡ダム」危機--最悪の場合、上海の都市機能が麻痺する

  • 2

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、米でヒーローに

  • 3

    アメックスから見た、日本人がクレジットカードを使わない理由

  • 4

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」…

  • 5

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 6

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 7

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 8

    「地球の気温は250度まで上昇し硫酸の雨が降る」ホー…

  • 9

    中国人の収入は日本人より多い? 月給だけでは見え…

  • 10

    北の最高指導者が暗殺されない理由

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月