最新記事

トルコ

イスタンブールの自爆テロ10人死亡、首相はISIS犯行を主張

旧市街のスルタンアフメット広場で爆発、少なくとも10人が死亡、15人が負傷

2016年1月13日(水)03時47分

1月12日、トルコの最大都市イスタンブールの中心部にある観光地区で、大規模な爆発が発生、少なくとも10人が死亡、15人が負傷した。写真は現場で規制線を張る警官。(2016年 ロイター/Osman Orsal)

 トルコの最大都市、イスタンブールの中心部にある観光地区で12日、自爆攻撃があり、少なくとも10人が死亡した。

 現時点で犯行声明は出ていないが、ダウトオール首相は、過激派組織「イスラム国」の犯行と主張した。

 クトゥルムシュ副首相は、自爆攻撃を行った者は最近、シリアから入国したとの見方を示した。ただ、要注意人物リストには含まれていなかったという。

 首相は、死亡者は全て外国人と説明した。幹部当局者によると、9人がドイツ人。ペルー外務省は、同国人1人も死亡したとしている。

 ダウトオール首相は、ドイツのメルケル首相に電話で弔意を伝えたことを明らかにした。その上で、イスラム国との戦いを有志連合と続けるほか、自爆攻撃の関係者を捕らえて処罰すると誓った。

 爆発があったのは旧市街のスルタンアフメット広場。現場では救急車が負傷者らを搬送したり、警察が規制線を張る様子が見られた。

 現場近くでは1年余り前にも女が自爆攻撃を行い、警察官1人が死亡している。

 

[イスタンブール 12日 ロイター]


120x28 Reuters.gif

Copyright (C) 2015トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

ニュース速報

ビジネス

三菱自、完成検査報告に指紋認証導入 タブレット端末

ビジネス

中国、人民元の国際化を促進へ=人民銀報告書

ビジネス

三菱自、中計の最優先課題「燃費不正で傷ついた信頼の

ワールド

中国共産党大会が開幕、習氏「新時代の社会主義国築く

MAGAZINE

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017-10・24号(10/17発売)

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 2

    トランプ、金正恩の斬首部隊を韓国へ 北朝鮮に加え中国にも圧力か?

  • 3

    NYの電車内で iPhoneの「AirDrop」を使った迷惑行為が危ない流行?

  • 4

    石平「中国『崩壊』とは言ってない。予言したことも…

  • 5

    北朝鮮危機、ニクソン訪中に匹敵する米中合意の可能性

  • 6

    北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させ…

  • 7

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 8

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 9

    金正恩、中国共産党大会に祝賀メッセージ

  • 10

    北朝鮮「国連加盟国、米の軍事行動に参加しない限り…

  • 1

    イージス艦事故の黒幕は北朝鮮か? 最強の軍艦の思わぬ弱点

  • 2

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 3

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 4

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 5

    石平「中国『崩壊』とは言ってない。予言したことも…

  • 6

    通勤時間というムダをなくせば、ニッポンの生産性は…

  • 7

    北朝鮮の金正恩が愛する実妹ヨジョン 党中枢部入り…

  • 8

    北朝鮮がフィッシング攻撃、米電力会社が標的に

  • 9

    トランプ、金正恩の斬首部隊を韓国へ 北朝鮮に加え…

  • 10

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

  • 3

    北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

  • 4

    「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

  • 5

    トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

  • 6

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

  • 9

    米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

  • 10

    カンボジアで飼育されている巨大変異ブタ、安全なの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月