最新記事

テロ

自爆少女たちは爆弾と知らずに吹き飛ばされていた

Boko Haram's Suicide Girls Not to Blame for Deaths: U.N. Official

少女に爆弾ベルトを巻いて遠隔操作で起爆するボコ・ハラムの非道

2015年12月17日(木)17時15分
コナー・ギャフィー

いたちごっこ 6人が死んだ自爆テロの現場に駆け付けた政府軍の兵士たち(ナイジェリア北部の都市カノ) Stringer-REUTERS

 いたいけな少女に自爆テロをさせるのはナイジェリアのイスラム過激派ボコ・ハラムの常套手段だ。多くの場合、子供は何も知らずに利用されていると、国連スタッフが15日に記者会見で訴えた。

 ボコ・ハラムはナイジェリア北東部から近隣のチャド、カメルーン、ニジェールに攻撃範囲を広げ、村々を襲撃して誘拐した子供をテロ要員に仕立てている。先月18日にナイジェリア北部の主要都市カノで起きた女2人による自爆テロでは、確認されただけで14人が死亡。女の1人は11歳くらいの少女とみられている。今月5日にはチャド湖の島で女3人が自爆し、少なくとも30人の死者が出た。ボコ・ハラムは7歳の少女に自爆テロをさせたこともある。

解放された人質200人の大半が老人と子供

 レイラ・ゼルーギ国連事務総長特別代表(児童と武力紛争担当)は、子供たちが強制的に自爆攻撃に駆り出されている現状を記者会見で訴えた。子供たちの多くは「自分の体が吹き飛ぶことになるとは知らずに」、爆弾ベルトを巻かれ、人込みに立たされる。治安当局によると、ボコ・ハラムの自爆テロは遠隔操作で起爆するケースが多く、「本人の意志による爆発ではないことは明らか」と、ゼルーギは指摘する。

 ナイジェリアのムハンマド・ブハリ大統領は年末までにボコ・ハラムの支配地域をすべて奪還すると公約しているが、09年から武装闘争を展開するボコ・ハラムの攻撃はいっこうに止まる気配がない。

 AFPによると、ボコ・ハラムは先週末、ナイジェリア北東部の3つの村を襲撃し、30人の住民を殺害した。ナイジェリア政府軍が攻勢を強めたことへの報復だと村人たちはみている。政府軍が北部で実施した人質救出作戦では、ボコ・ハラムに拉致されていた人質210人(大半は高齢者と子供)が解放され、ボコ・ハラムの戦闘員はボルノ州のサンビサ森林地帯の拠点に撤退した。それでもナイジェリアの首都アブジャをはじめ、テロは頻発し続けている。

 6年に及ぶボコ・ハラムの攻撃による死者は1万7000人以上。国内避難民は200万人を超える。ブハリ大統領は今月10日、年明けから避難民の帰還に「全力で」取り組むと宣言した。

ニュース速報

ワールド

トランプ米大統領、対米黒字と軍事費に関しドイツを批

ワールド

韓国大統領、THAAD発射台追加搬入で調査指示 事

ビジネス

訂正:ギリシャ、「追加融資受け入れ見送り検討」報道

ワールド

2017年のスペイン経済成長率、2.7%以上に=ラ

MAGAZINE

特集:得する中国、損する日米

2017-6・ 6号(5/30発売)

北朝鮮問題で習近平を「忖度」するトランプ。世界はますます中国のペースに?

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    なぜか再びアメリカで銀行がつぶれ始めた

  • 2

    駐米中国大使とも密通していたクシュナー氏

  • 3

    フィリピンが東南アジアにおけるISISの拠点になる?

  • 4

    内向型人間が自覚すべき、ストレスを感じる10のポイ…

  • 5

    トランプ政権がルクセンブルク首相のゲイ・ハズバン…

  • 6

    アルツハイマー病による死亡率がアメリカで急増

  • 7

    トランプがドゥテルテに明かした、北朝鮮核ミサイル…

  • 8

    ネガティブになりがちな内向型人間にも、10の強みが…

  • 9

    人相激変のタイガー・ウッズが釈明 いったい何があ…

  • 10

    北朝鮮問題で安倍首相「対話の試みは時間稼ぎに利用…

  • 1

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 2

    メラニア夫人が手つなぎ「拒否」、トランプは弱っている?

  • 3

    「パスワードは定期的に変更してはいけない」--米政府

  • 4

    アリアナコンサートで容疑者拘束、死者22人で不明者…

  • 5

    なぜか再びアメリカで銀行がつぶれ始めた

  • 6

    北朝鮮危機が招いた米中接近、「台湾化」する日本の…

  • 7

    最凶な露フーリガン対策でロシアが用意した切り札と…

  • 8

    1人の時間が必要な内向型、人と会って元気になる外向型

  • 9

    ドイツが独自の「EU軍」を作り始めた チェコやルー…

  • 10

    駐米中国大使とも密通していたクシュナー氏

  • 1

    ディズニーランド「ファストパス」で待ち時間は短くならない

  • 2

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 3

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 4

    北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させ…

  • 5

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 6

    性科学は1886年に誕生したが、今でもセックスは謎だ…

  • 7

    ニクソンより深刻な罪を犯したトランプは辞任する

  • 8

    「男と女のどちらを好きになるか」は育つ環境で決ま…

  • 9

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 10

    習近平の顔に泥!--北朝鮮ミサイル、どの国への挑戦…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
ニューズウィーク試写会「しあわせな人生の選択」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月