最新記事

密航船

難民の子供の水死、2カ月で90人

More Refugee Children Will Die Trying to Reach Europe This Year

密航業者の「悪天候割引」や「子供割引」にすがって危険を買う親たち

2015年11月2日(月)18時09分

なぜこんな目に トルコ沖を漂流していて漁船に助けられた1歳半の男の子 Giorgos Moutafis-Reuters

 難民の子供で3歳のアラン・クルディの死体がトルコの海岸に打ち上げられ、世界に衝撃を与えたのは9月。だが、援助関係者によると、その後も90人以上の子供たちが溺れ死んだという。しかも状況は悪化の一途で、数週間もして冬になれば、死にかけた子供たちが数珠つなぎになって漂着するようになりかねないと、彼らは警告する。

 季節の変化とともに、トルコからギリシャにエーゲ海を渡る旅は日増しに危険度を増している。国際移住機関(IOM)によると、9月2日~10月26日の間にギリシャへ渡ろうとして死んだ子供の数は69人。翌々日の水曜日には11人が溺死、翌木曜日もさらに11人が命を落とした。何とか生き残っても、発見されるまでに何時間も海を漂流していた子供や、到着時には低体温症にかかっている子供も多い。

 子供の犠牲が増えているのは、天候にも関わらず難民の数が増えているからだ。IOMの推定では、先週は1日当たり9000人以上の難民がギリシャに到着、今年最高を更新した。ヒオス島では、これまで1日平均300人だった難民数が、先週は1日2000人に達したという。

 先週水曜の事故では、少なくとも300人の乗客を乗せた船が強風で転覆。救出された242人のうち15人は10歳から生後3か月の子供で、低体温症のため直ちに病院に運ばれた。またUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)によれば、木曜にも2つの事故があり、一方では22人が死亡、24~27人が行方不明。もう一方の事故では19人が死亡。うち11人は赤ん坊3人を含む子供だった。捜索が進めば、死者数はもっと増えるだろう。

「ますますひどいことになってきそうだ」と、UNHCRの地域広報を担当するロン・レッドモンドは言う。「多くの人は無事に渡りきれると信じて海に乗り出す。密航仲介業者が大丈夫だと言うからだ。海のことをまったく知らない難民もいて、業者の言うことを信じるしかない」

 難民が無謀な船旅に出る理由はそれだけではない。密航業者は最近、従来の小さなゴムボートの代わりにもっと大きな木造船を使い始めたと、レッドモンドは言う。荒海のなかに人を送り出すためだ。数百人が乗れる木造船で、大きくて安全だから、という理由でゴムボートより高い1800~2500ユーロの運賃をとる。実際には、すし詰め状態に人が詰め込まれたこれらの船は「死への片道切符」以外の何物でもない、とレッドモンドは言う。

ニュース速報

ビジネス

アングル:邦銀のドル調達コストが急上昇、流動性低下

ビジネス

金融庁、店頭FXの決済リスクで有識者会議 証拠金倍

ワールド

ペンス米副大統領が来週中東訪問、アラブ諸国との関係

ビジネス

統合反対の創業家、出光興産株を買い増し

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする作らない製造業

2017-12・19号(12/12発売)

ものづくり神話の崩壊にうろたえる日本。新たな形の製造業が広がる世界

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 2

    ひき肉の偽装表示も99%の精度で暴く

  • 3

    歴史的急騰が続くビットコイン 仕掛人は意外にも日本の個人投資家

  • 4

    北朝鮮の消えた政権ナンバー2は処刑されたのか?

  • 5

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 6

    孤独なオタクをのみ込む極右旋風

  • 7

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 8

    ウクライナ紛争ではびこる性暴力

  • 9

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 10

    金正恩の「聖地登山」はインスタ映え狙って演出か …

  • 1

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 2

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代から生きてきた

  • 3

    北朝鮮の消えた政権ナンバー2は処刑されたのか?

  • 4

    中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に…

  • 5

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 6

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 7

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を…

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    ビットコインのために自宅を担保にするバカ、米当局…

  • 10

    習近平、「南京事件」国家哀悼日に出席――演説なしに…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 3

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 4

    米朝戦争になったら勝つのはどっち?

  • 5

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 6

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査…

  • 7

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 8

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 9

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

  • 10

    「軍事衝突は近い。国防総省は在韓米軍の家族を退避…

胎内のような、安心感のなかでイマジネーションを膨らませる。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版デザイナー募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月