最新記事

中台関係

台湾・蔡英文氏訪日と親中・親日をめぐる闘い

台湾野党、民進党主席の蔡英文が来日で見せた巧みな戦術と、与党・国民党の落日

2015年10月9日(金)20時20分
遠藤 誉(東京福祉大学国際交流センター長)

次期総統候補 蔡は台湾独立を企んでいる、として中国は警戒 Pichi Chuang-REUTERS

 台湾の次期総統選最有力候補の野党民進党・蔡英文主席が訪日して親日姿勢を強調する一方、馬英九総統は与党国民党の次期総統候補・洪秀柱氏に辞退を勧告。大陸との統一問題に関する発言で、国民が離れていくからだ。

蔡英文氏の「今のうち」訪日

 日中国交正常化に際し、日本は「一つの中国」を交換条件として認めているので、台湾「中華民国」の総裁を日本に招聘することは、激しい中国の反発を招くため、控えてきた。

 次期総統選で最有力候補とみなされている野党民進党の蔡英文主席(58歳、女性)は、選挙前の民進党主席の身分で10月6日に訪日した。

 7日に安倍首相の実弟・岸信夫(自民党衆院議員)が付き添い山口県に行き、8日には都内のホテルで安倍首相と密談した模様。

 日本のメディア(時事通信社など)によれば、安倍首相は8日の正午過ぎから1時間10分にわたり首相官邸近くのホテルに滞在し、実弟の岸信夫自民党衆院議員、山口県の村岡嗣政知事らと会食したと伝えている。これに関し、菅官房長官は8日午後の記者会見で「そうした(会談の)予定はなかった」と説明し、蔡英文主席も取材に対し、日本の対台湾窓口である交流協会の大橋光夫会長と会食していたとして、面会を否定している。

 蔡英文氏側も安倍首相との密談を否定した。

 一方、台湾のメディアは、安倍首相の実弟の自民党衆議院議員である岸信夫氏が蔡英文主席の全行程に同行し山口県山口市と岩国市を案内したあと、8日には日本交流協会とともに東急ホテルの橘の間で安倍首相と会食したと報道している。また、このたびの訪日は、「促進日台経済文化交流青年議員会」の主席である岸信夫・衆議院議員の招聘であるとしている。

 中国(大陸)外交部の報道官は、このたびの蔡英文の訪日活動に断固反対し、日本が「一つの中国」の原則を順守し、「台湾独立(台独)」を唱えるいかなる人にも、いかなる名義をも与えず、台独言論に関するいかなる空間をも提供しないことを日本に要求する、と訪日前から日本を批難していた。

 大陸メディアは、蔡英文氏が「現状維持」という言葉で「台独」を覆い隠し、「民間交流」の衣を着て、実際は政治活動を行なっていると、非常に攻撃的だ。その証拠として、「なぜ「山口県を訪問しなければならないのか?」「山口県には下関市があり、そこで屈辱的な下関条約を結んだことを忘れたのか?」「山口県は安倍首相の出身地であることが、安倍首相との関連を象徴している」などを挙げている。新安保法案が日本の国会を通ったことに関連させて、台湾の安全保障問題を「親日」「媚日」により保障しようとしていると激しい。

馬英九総統、次期総統候補・洪秀柱に辞退を勧告

 国民党の馬英九総統が北京政府寄りという理由で支持率が低迷し、昨年末の統一地方選挙で国民党が惨敗した。それを受けて馬英九は国民党の主席辞任に追い込まれ、痛い思いをしている。

ニュース速報

ビジネス

米商務長官候補ロス氏、過去に傘下企業で2700人の

ワールド

中国の人工島武装化は「極めて問題」、フィリピン国防

ビジネス

トランプ次期米政権顧問スカラムッチ氏、ドル高のリス

ワールド

英EU離脱交渉、5年かかる見通し=オーストリア財務

MAGAZINE

特集:トランプ・ワールドの希望なき幕開け

2017-1・24号(1/17発売)

ドナルド・トランプがついに米大統領就任へ──。「異次元の政治家」にできること、できないこと

人気ランキング

  • 1

    南シナ海の人工島封鎖で米中衝突が現実に?

  • 2

    北朝鮮が国家ぐるみで保険金詐欺、毎年数十億円を稼ぐ

  • 3

    トランプ大統領就任式ボイコット続出、仕掛け人のジョン・ルイスって誰?

  • 4

    ベーシックインカム、フィンランドが試験導入。国家…

  • 5

    トルコ航空貨物機、キルギスで墜落 少なくとも20人…

  • 6

    ナイジェリアを「金で買った」中国――「一つの中国」…

  • 7

    英メイ首相、EUの単一市場と関税同盟からの撤退表明へ

  • 8

    「南シナ海の人工島封鎖なら、米国は戦争覚悟すべき…

  • 9

    サイバー対策の責任者となるジュリアーニの、お粗末…

  • 10

    ダライ・ラマ制裁に苦しむ、モンゴルが切るインドカ…

  • 1

    オバマ米大統領の退任演説は「異例」だった

  • 2

    トランプ当選初会見でメディアを批判 ツイッターなどSNS大炎上

  • 3

    韓国ユン外交部長官「釜山の少女像は望ましくない」

  • 4

    「南シナ海の人工島封鎖なら、米国は戦争覚悟すべき…

  • 5

    トランプの娘婿クシュナーが大統領上級顧問になる悪夢

  • 6

    オバマ、バイデン副大統領に最後のサプライズで勲章…

  • 7

    ロシアのサイバー攻撃をようやく認めたトランプ

  • 8

    南シナ海の人工島封鎖で米中衝突が現実に?

  • 9

    ダライ・ラマ制裁に苦しむ、モンゴルが切るインドカ…

  • 10

    iPhoneはなぜ割れるのか?<iPhone 10周年>

  • 1

    オバマ米大統領の退任演説は「異例」だった

  • 2

    キャリー・フィッシャー死去、でも「2017年にまた会える」

  • 3

    オバマが報復表明、米大統領選でトランプを有利にした露サイバー攻撃

  • 4

    「知能が遺伝する」という事実に、私たちはどう向き…

  • 5

    トルコのロシア大使が射殺される。犯人は「アレッポ…

  • 6

    トランプ当選初会見でメディアを批判 ツイッターな…

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    日本の制裁措置に韓国反発 企画財政省「スワップ協…

  • 9

    韓国ユン外交部長官「釜山の少女像は望ましくない」

  • 10

    安倍首相の真珠湾訪問を中国が非難――「南京が先だろ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本の観光がこれで変わる?
リクルート
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 臨時増刊

世界がわかる国際情勢入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月