最新記事

外交

あの習近平もかすんだローマ法王訪米の政治力

Pope Francis Goes to Washington

アメリカでの影響力に危機感を抱くカトリックと共和党大統領を阻止したいオバマの追い風に

2015年10月2日(金)17時20分
河東哲夫(本誌コラムニスト)

救世主? 法王フランシスコをホワイトハウスに迎えるオバマ大統領 Win McNamee/Getty Images

 ローマ法王(教皇)フランシスコが、今月19~27日にキューバとアメリカを歴訪した。法王というとお飾りのアイドルのように思う人もいるが、法王の率いるローマ・カトリック教会は中世西欧を束ねた往時の力こそないものの、今でも全世界に12億人の信者を抱え、180カ国と外交関係を有し、106カ国に大使を常駐させている。

 今年、アメリカとキューバは54年ぶりに外交関係を復活させたが、その過程でカトリック教会は自分の「外交力」を使って仲介の労を取った。

 米キューバの国交正常化とともに、法王の訪米もまた大きな意味を持つ。米大統領選が始まっているからだ。アメリカでは、これまでプロテスタントが主流で、カトリックは傍流に甘んじてきた。19世紀後半にアイルランド人、イタリア人などのカトリック教徒が大量に流入して以来、比較的貧困な層の宗派と見なされ、現在は中南米からのヒスパニック系移民の宗派ともなっている。

 昨年、カトリックはアメリカで成年人口の20.8%を有し、単一宗派としてはプロテスタントの福音派の25.4%に次ぐ。

 近年カトリックはヒスパニック系移民の大量流入にもかかわらず、米総人口の中での比重を下げた。しかもヒスパニック系の間でさえ若年層を中心に福音派教会に宗派替えする例が増え、信者の老齢化を招いている。最近では聖職者による性犯罪の例も明るみに出た。カトリック教会にしてみれば、ここらでアメリカの教会にテコ入れをしておきたかったことだろう。

 カトリック信者の間では、民主、共和両党の支持者の比率が拮抗している。民主党のオバマ米大統領としては、ローマ法王を自らの民主党の側に引き付けておく意味は大きい。自分の後の大統領が共和党になると、国民皆保険を目指した医療保険制度改革(オバマケア)などの業績をずたずたにされ、歴史から名を消されてしまうからだ。

大統領選を左右する移民

 法王はアルゼンチン出身でスペイン語を話す。アメリカのヒスパニック系の好感を得ることもできるだろう。ヒスパニック系は12年の大統領選挙では有権者の10%を占め、民主党支持者が共和党支持者を44ポイントも上回っていた。ヒスパニック系はアメリカのカトリック人口の約35%を占める。

 その中で、キューバは面白い要素だ。キューバ系移民は約200万人で、多くはフロリダ州に住む。フロリダ州の人口の6%がキューバ系移民だ。気候が温暖なフロリダ州は全国から年金生活者が多数移住してくるため人口が多く、大統領選挙人の数も多い(16年大統領選では全国538人のうち29人)。

ニュース速報

ビジネス

金融庁、監査報告の長文化を検討へ 投資家への情報提

ビジネス

タカタが民事再生法申請、負債総額1.7兆円 会長は

ビジネス

日本マクドナルド、都内33店舗で「UberEATS

ワールド

北アイルランドのDUP党首、閣外協力で首相と26日

MAGAZINE

特集:インテリジェンス戦争 中国の標的

2017-6・27号(6/20発売)

CIAの情報提供者を処刑し、日本人12人を容赦なく拘束──。スパイ戦を強化する中国インテリジェンスの最終目標

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍とおぼしき機影

  • 2

    中国シェア自転車「悪名高きマナー問題」が消えた理由

  • 3

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 4

    ロンドン高層住宅の火災、火元は米ワールプールの冷…

  • 5

    イギリス高層住宅の外壁に可燃性素材 イングランド…

  • 6

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 7

    【動画】ISIS発祥の地ヌーリ・モスク最後の日

  • 8

    【動画】銃撃の中、イラク人少女を助けた米援助活動…

  • 9

    ブレグジット大惨事の回避策

  • 10

    中国の自転車シェアリング大手、世界へ拡大 7月には…

  • 1

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 2

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 3

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

  • 4

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍と…

  • 5

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 6

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 7

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 8

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 9

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 10

    シリアで米軍機を撃墜すると脅すロシアの本気度

  • 1

    国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由

  • 2

    人相激変のタイガー・ウッズが釈明 いったい何があったのか

  • 3

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 4

    大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出 

  • 5

    佐藤琢磨選手のインディ500優勝は大変な快挙

  • 6

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 7

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 8

    アイシャを覚えていますか? 金正男暗殺実行犯のイン…

  • 9

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 10

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ファウンダー」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月