最新記事

交通

公共交通の切り札は自転車

The Best Bike-Sharing Program

2013年3月1日(金)15時41分
トム・バンダービルト(ジャーナリスト)

車に積んで自転車を移動

 だがビクシーの場合、駐輪場は組み立て式で容易に設置できる上、必要な電気は太陽光発電で賄っていた。クラインは周辺地域を巻き込んだ自転車シェアリング事業の立ち上げに向け、就任して間もないワシントンのエイドリアン・フェンティ市長をはじめ、各方面との話し合いを始めた。

 そして10年、新たな自転車シェアリング事業「キャピタル・バイクシェア」がスタートした。ワシントンとバージニア州にまたがるエリアをカバー。現在では約1700台の自転車と駐輪場200カ所近くを擁し、1日の延べ利用者数は8000人に達する。

 ワシントンの自転車シェアリング事業が規模の点でも利用者数でも全米一になったのにはいくつか理由がある。まず自転車を日常的に使っている人が比較的多く、自転車の利用拡大を訴える人々の活動も活発だったこと。若い世代の住民や観光客が多かったことも大きい。

 クラインに言わせれば、ワシントンが特別区で、州からとやかく言われることがないのも幸いした(彼によれば、横やりは主に連邦政府から入る)。

 では肝心の使い勝手はどうなのか。12月のある朝、私は実際にキャピタル・バイクシェアを利用してみた。ワシントンのユニオン駅で電車を降り、スマートフォンの専用アプリで検索したところ、駅から1ブロック離れた駐輪場に十分な数の自転車があると確認できた。駅前に駐輪場があればもっとよかったが、大した距離ではなかったし、支払いの手続きも簡単で、ものの数分で私は駐輪場にたどり着き、自転車に乗ることができた。

 皮肉なことに、自転車シェアリング事業で最も重要な役割を果たしているのは自動車の運転手だ。「車の運転を担当する従業員が一番多い」と、キャピタル・バイクシェアのゼネラルマネジャー、エリック・ギリランドは語る。

 というのも個々の利用者の移動に任せていては効率的に自転車を配置できないため、キャピタル・バイクシェアではトラックに積んでこまめに自転車を移動させる。朝には通勤客の乗ってきた自転車を受け入れるため、ワシントン中心部の駐輪場を空にする。自転車はその後、いったん郊外へと戻されるが、午後には帰宅ラッシュに備えて中心部に再び運ばれる。

ニュース速報

ワールド

焦点:北朝鮮、ICBM実戦化には新たな核実験必要か

ワールド

アングル:「トランプおろし」はあるか、大統領失職の

ワールド

焦点:トランプ氏の「口撃」、弾劾審議で孤立無援招く

ワールド

米国務長官が人種差別非難、「傷の修復必要」

MAGAZINE

特集:2050 日本の未来予想図

2017-8・15号(8/ 8発売)

国民の40%が65歳以上の高齢者になる2050年のニッポン。迫り来る「人口大減少」はこの国の姿をどう変える?

※次号8/29号は8/22(火)発売となります。

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 2

    北朝鮮軍「処刑幹部」連行の生々しい場面

  • 3

    韓国・文大統領「日韓の障害は日本政府の変化。日本側の勇気ある姿勢必要」

  • 4

    セウォル号、接待禁止に台風直撃 韓国社会の問題が…

  • 5

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 6

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショ…

  • 7

    バルセロナで車暴走テロ、はねられて「宙に舞う」観…

  • 8

    雇用が回復しても賃金が上がらない理由

  • 9

    朴大統領の人事介入から口裂け女まで 検閲だらけの…

  • 10

    反日による日本人欠場でゲーム大会中止に

  • 1

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショック死

  • 2

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 3

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コントロール法

  • 4

    米朝舌戦の結末に対して、中国がカードを握ってしま…

  • 5

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 6

    軍入隊希望が殺到? 金正恩「核の脅し」の過剰演出…

  • 7

    バルセロナで車暴走テロ、はねられて「宙に舞う」観…

  • 8

    北の譲歩は中国の中朝軍事同盟に関する威嚇が原因

  • 9

    英グラビアモデルを誘拐した闇の犯罪集団「ブラック…

  • 10

    北朝鮮軍「処刑幹部」連行の生々しい場面

  • 1

    マライア・キャリー、激太り120キロでも気にしない!?

  • 2

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、米でヒーローに

  • 3

    日本の先進国陥落は間近、人口減少を前に成功体験を捨てよ

  • 4

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショ…

  • 5

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 6

    北朝鮮、グアム攻撃計画8月中旬までに策定 島根・広…

  • 7

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 8

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 9

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コ…

  • 10

    米朝舌戦の結末に対して、中国がカードを握ってしま…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月