最新記事

テクノロジー

シリア革命の武器はiPhone新アプリ

アサド政権による激しい弾圧の中で、反体制派はネットを駆使して世界に情報発信を続ける

2012年1月27日(金)15時27分
ババク・デガンピシェ(ベイルート支局長)

iPhoneアプリで独裁体制を追い詰める エジプト・カイロのアラブ連盟本部前に掲げられた反アサドの横断幕、11月12日 Asmaa Waguih-Reuters

 先週、政府軍を離反した部隊が軍施設を攻撃し、与党バース党のビルにまでロケット弾が撃ち込まれたシリア。ただ革命はオンラインでも展開されている。

 この8カ月、インターネットは「シリアの春」で重要な役割を果たしてきた。外国人ジャーナリストが締め出されると、反体制派はデモの映像や反政府スローガンをウェブ上で発信。その中には治安部隊が市民に向けて発砲したり殴打したりする様子を捉えた映像もあった。

 そして先週、反体制派はまた新たなツールを革命に持ち込んだ。反体制派の声やニュースを伝えるiPhoneやiPad向けアプリ。その名も「シリアこそすべて」だ。

 3月のデモ開始以降、市民側の犠牲者は3500人を超えていると推定されるが、政府から厳しい弾圧を受けても抗議運動は収まる様子を見せない。

 それどころか、最近手痛いダメージを受けているのは政権側のほうだろう。アラブ連盟は今月中旬、シリアの加盟国としての資格停止を決めた。シリア政府は抗議したが効果なく、ヨルダンのアブドラ国王もアサド大統領の退陣を求めた。

 こうした外交的手段に追い打ちをかけるように、政府軍から離反した兵士らが結成した武装反体制グループ「自由シリア軍(FSA)」は先週、首都ダマスカス周辺にある政府の主要施設への攻撃を開始した。

 標的の1つとなったのが、ダマスカス郊外にあるシリア空軍の情報機関本部だ。この攻撃はFSAが夏に活動を開始して以来、最も注目を集め、最も複雑な作戦だった。

 FSAによる攻撃は新アプリ「シリアこそすべて」を通じてその日のうちに大々的に発信された。そこには攻撃を受けたとされる空軍施設の航空写真にリンクが張られ、3方向からの攻撃を示す矢印が示されていた。

アサドを皮肉るジョーク集も

 制作者はアプリ制作の意図を、反政府活動に関する政府の偏った報道に対抗するためだと語る。「情勢が激しく変化するなかで事実をゆがめようと企てる者たちがいる。われわれはシリア国内から発せられる最も重要なニュースを集めて編集し、世界に発信できるようにしている」

 アプリ制作チームは、反体制派グループの名前をいくつか挙げて謝意を表している。このアプリには、ニュースやビデオ、そして反政府派の活動場所の地図へのリンクなどが掲載されている。

 さらに秀逸なのはジョーク集だ。ちょっと場違いに見えるかもしれないが、これは厳しい暴力を前にしても反政府側はユーモア精神を忘れないとのメッセージだ。最も有名な反体制の歌はアサドやその一族、取り巻きたちを皮肉たっぷりにこき下ろしているが、アプリ内のジョークも同じように辛辣なユーモアで政権を揶揄している。

 例えば、羊飼いの服を着てロバの横に立つアサドの写真には「変装してテヘランの山中をさまようアサド」の見出しが付いている。アサド政権と盟友関係にあるイランへの皮肉だ。

 今後数カ月の間に政権と反体制派の戦いは本格的な内戦に発展しそうな勢いだ。これから反体制派の支持者は「シリアこそすべて」のようなアプリを通じて現地の情報を得ていくだろう。これに対抗して政権側も独自のアプリを開発してくるかもしれない。誰も利用しないだろうが。

[2011年11月30日号掲載]

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

24年の中国成長率見通し下方修正 ゴールドマンなど

ワールド

「ようやく実感」、トランプ氏が銃撃振り返る 団結の

ワールド

焦点:鳥インフルの牛への感染広がる米ミシガン州、農

ワールド

北朝鮮の金氏、都市開発計画巡り高官ら処分 「無責任
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 3
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然大きく揺れる機体を立て直す操縦士の映像が話題
  • 4
    シャーロット王女の的確なアドバイス...「ボスの風格…
  • 5
    タンポンに有害物質が含まれている...鉛やヒ素を研究…
  • 6
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 7
    トランプ氏「右耳上部を貫通」と投稿、演説中に銃撃.…
  • 8
    女優スキ・ウォーターハウス、出産後4カ月の紐ビキニ…
  • 9
    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…
  • 10
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 3
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 4
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレス…
  • 5
    ベルリンの上空に「ミステリーサークル」が現われた…
  • 6
    テネリフェ島で発見された70万年前のトカゲ化石、驚…
  • 7
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 8
    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…
  • 9
    ドネツク州でロシア戦闘車列への大規模攻撃...対戦車…
  • 10
    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 6
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中