最新記事

結婚

ついに恋愛結婚を受け入れた英王室

A Merrier Wife of a Windsor

ダイアナには許されなかった恋人付き合いを経てウィリアム王子と婚約したケイト・ミドルトンは、英王室初の現代型プリンセスになる

2010年11月17日(水)16時50分
ウィリアム・アンダーヒル(ロンドン支局長)

 彼女はカメラ映えし、過去にスキャンダルはなく、本格的な職歴もない。あの人との共通点はここまでだ。11月16日にイギリスのウィリアム王子との婚約が発表されたケイト・ミドルトンは、そのほかのほとんどすべての点において、かの若きロイヤルプリンセスとは異なっている。

 故ダイアナ元妃とチャールズ皇太子の1981年の結婚がイギリス王室の結婚の「正統」に回帰するものだとするならば、今回のケイトのケースはまさに21世紀型といえるかもしれない。

 ダイアナとケイトは、その出自と家柄からして違う。確かにケイトは上流階級の寄宿学校で学び、両親はイギリスの田舎に立派な家を所有している。だが彼女は貴族などではない。

 ダイアナ元妃は伯爵家の大邸宅で生まれ育ち、イギリス全土のほぼすべての貴族と血縁関係を持つような血統の持ち主。対するケイトの母は航空会社の元客室乗務員で、父は玩具やゲームの通信販売業で財を成した実業家だ(現在、ケイトはこの事業を手伝ってもいる)。

 大学教育を受けている点も異なる。現在28歳のケイトは、英国王室初となる、学位を持つ王妃になりそうだ。彼女が通ったのはスコットランドのセントアンドリュース大学。豊かでそれほど学業優秀ではないイギリス人に人気の学校だ。彼女はここでウィリアムと出会った(慈善ファッションショーのモデルになってセクシーなネグリジェ姿を披露した彼女に、ウィリアムが一目ぼれしたという)。

 対照的にダイアナは、女子にとって大学教育はさして重要ではない、と考える上流階級の最後の世代に属していた。自らの身分と時代の流れに従い、ダイアナはケイトよりも正統派の道を歩んだ。ロンドンに数年間滞在し、上流家庭向けの保育園で保育士として働き、それから結婚したのだ。

古い慣習と対立し続けた王族の恋愛問題

 だがケイトがダイアナと何より異なっているのは、王子と本質的な「恋人付き合い」をしていたことだろう。王位継承者に嫁いできたこれまでのすべての女性たちと同じく、ダイアナもまた過去の恋愛歴などないままに結婚した。明確な方針が語られることはなかったものの、当時の英王室はまだ、王位継承者の妻には過去に男性と付き合ったことのない処女を迎えたいと考えていた。

 そんな過去ももう歴史の遺物だ。これまでの例から考えればずっと幸運なことに、ケイト・ミドルトンはウィリアムと普通の恋愛関係をはぐくんできた。大学時代には他の友人も交え、アパートの同じ屋根の下で共同生活を経験。それ以来ケイトは、王家に嫁ぐ女性という立場からすれば十分すぎるほど、普通のカップルに近い付き合いを楽しんできた。

ニュース速報

ビジネス

米6月ケース・シラー住宅価格指数5.1%上昇、市場

ワールド

プーチン大統領、英・トルコ首脳らと会談へ G20開

ビジネス

三菱自の8車種燃費がカタログ値以下、販売一時自粛=

ビジネス

不具合の787型機エンジン、全機の部品交換には2―

MAGAZINE

特集:トランプの黒歴史

2016-9・ 6号(8/30発売)

アメリカ大統領選を揺さぶり続けるトランプ──。「不動産王」が語りたがらないビジネスの汚点とは

人気ランキング

  • 1

    中国で性奴隷にされる脱北女性

  • 2

    キルギスの中国大使館に自動車が突入し爆発、自爆テロか

  • 3

    中国、安倍首相のアフリカ訪問を警戒――日本を常任理事国入りさせてはならない!

  • 4

    インドネシアが南シナ海に巨大魚市場──対中強硬策の一環、モデルは築地市場

  • 5

    住民に催涙弾、敵前逃亡、レイプ傍観──国連の失態相次ぐ南スーダン

  • 6

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 7

    女性の半数が「夫は外、妻は家庭」と思っているのに、一億総活躍をどう実現するのか

  • 8

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 9

    アメリカの「ネトウヨ」と「新反動主義」

  • 10

    「キンドル読み放題」の隠れた(けれども大きな)メリット

  • 1

    中国で性奴隷にされる脱北女性

  • 2

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 3

    歯磨きから女性性器切除まで、世界の貧困解決のカギは「女性の自立」にある

  • 4

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 5

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 6

    オリンピック最大の敗者は開催都市

  • 7

    日本の貧困は「オシャレで携帯も持っている」から見えにくい

  • 8

    イタリア中部地震、死者少なくとも159人 多くは休暇シーズンの観光客か

  • 9

    イタリア中部地震で37人死亡、市長「生き物の気配がしない」

  • 10

    ハードウェアも電力も使わずに動く、完全にソフトな「タコ型ロボット」

  • 1

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 2

    中国衝撃、尖閣漁船衝突

  • 3

    戦死したイスラム系米兵の両親が、トランプに突きつけた「アメリカの本質」

  • 4

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 5

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 6

    【原爆投下】トルーマンの孫が語る謝罪と責任の意味(前編)

  • 7

    トランプには「吐き気がする」──オランド仏大統領

  • 8

    イチロー3000本安打がアメリカで絶賛される理由

  • 9

    中国で性奴隷にされる脱北女性

  • 10

    競泳金メダリストの強盗被害は器物損壊をごまかす狂言だった

 日本再発見 「世界で支持される日本式サービス」
 日本再発見 「世界で支持される日本式サービス」
アンケート調査
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!

コラム

パックン(パトリック・ハーラン)

芸人も真っ青? 冗談だらけのトランプ劇場

小幡 績

日銀は死んだ

STORIES ARCHIVE

  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月