最新記事
高速鉄道

高速鉄道熱に沸くアメリカ、先行する中国を追う──日本の新幹線も参入

How US High Speed Rail Plan Compares to China's

2024年5月20日(月)18時22分
ジェームズ・ビッカートン

中国では沿線の需要を読むまでもなく、高速鉄道を引けばそこに都市が生まれる(南京、4月29日) Photo by Costfoto/NurPhoto

<遅ればせながらアメリカでも、主要都市間を短時間で結ぶ高速鉄道への需要が高まっているが、政府肝入りの国有企業が一手に建設を行う中国のスピードには敵わない>

車社会だったアメリカでは今、時速200~350キロで走る高速鉄道への関心が爆発的に高まっている。都市の交通渋滞に耐えきれず、国内のいくつかの地域で超高速路線の建設計画が具体化している。だがアメリカはこの分野では多くの国、特に同じく後発の中国に大きく後れをとっている。

今年4月には、ラスベガスと南カリフォルニアを結ぶ全長350キロのアメリカ初の高速鉄道の建設が始まった。他にも、テキサス州のダラスとヒューストン、フォートワースを結ぶ高速鉄道の計画など、多くのプロジェクトが提案されている。

こうした動きによって、シカゴなど他の主要都市圏でも同様のプロジェクトを進めようという意欲が促進されている。

だが地政学的なライバルであり、他のどの国よりも長い高速鉄道路線を誇る中国に比べれば、アメリカの高速鉄道網は依然として弱小だ。

統計調査会社スタティスタによると、中国の高速鉄道網は2021年に約4万キロに達し、2019年の時点で個人旅客23億人がその路線を利用した。これは中国のすべての旅客による鉄道利用の約63%に相当する。

これに対して、アメリカには本格的な高速鉄道はないに等しい。

拡大した中国の高速鉄道網

ラスベガスと南カリフォルニアを結ぶ高速鉄道が完成するのは、ロサンゼルスでオリンピックが開催される2028年の予定だ。

この路線を建設しているのは、ブライトライン・ウエスト社。ラスベガスから南カリフォルニアのクカモンガまで、時速320キロで走ることができ、所要時間は最短で2時間10分を予定しているという。フォックス11ニュースによれば、各車両は500人の乗客を運ぶことができる。

民間企業が重要な役割を担っているアメリカとは異なり、中国ではほぼすべての鉄道網が中国国鉄路集団(旧中国鉄路集団公司)によって管理されている。2021年、この国有企業は48億元(約6億7700万ドル)の純利益を記録したが、コロナウイルス以前のレベルまで戻ってはいない。

中国の高速鉄道建設のスピードは驚異的だ。CNNが2022年2月に報じたところによると、過去5年間で鉄道網の約半分が完成したという。鉄道網は2035年までに再び倍増し、全長約7万2500キロに達すると予測されている。すでに多くの路線で、最高時速350キロに達する列車が走っている。

CNNの取材に応じたロンドン大学東洋アフリカ研究学院中国研究所のオリビア・チャン研究員は、この鉄道網はすでに存在している集落をつなぐだけでなく、新たな集落を作り出しているという。

「習近平国家主席の計画は壮大だ。単に既存の町をつなぐだけでなく、既存の町とゼロから建設される新しいメガタウンをつなぐというだから」。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

バイデン氏、不法移民救済 市民権取得に道 米大統領

ビジネス

米5月小売売上高、予想下回る0.1%増 高金利で裁

ワールド

今後1年で金準備増やす中銀増える見通し=WGC調査

ビジネス

FRB「忍耐必要」、インフレなお高水準=ボストン連
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...ウクライナがドローン「少なくとも70機」で集中攻撃【衛星画像】

  • 4

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 5

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 6

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 7

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 8

    中国「浮かぶ原子炉」が南シナ海で波紋を呼ぶ...中国…

  • 9

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 10

    中国不動産投資は「さらに落ち込む」...前年比10.1%…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 6

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 10

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 9

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 10

    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中